FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
61位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2 Chainz「B.O.A.T.S. II: Me Time」
2-Chainz-boats-II-My-time-Album-Download.jpg

Playaz CircleのTity Boiとしてデビューし、どこぞの芸人みたく改名後に人気が出るという偉業を成し遂げた、2 Chainzの通算ニ作目となる『B.O.A.T.S. II: Me Time』を御紹介。長身で長いドレッドヘアが印象的だったTity Boiも、二重に鎖をぶら下げてから一気に知名度を拡大。前作に引き続きジャケットデザインはKanye Westのデザイン会社DONDAが手掛けているみたいですね、本作の方が綺麗に鎖二本が見えて好きですね、ゴールドも綺麗に映えております。Billboardで堂々No.1を獲得した前作(デビュー作)からたったの一年ぐらいのブランクで2nd、Nicki Minaj曰く“とても真面目な働き者”なのだとか。
それではザックリと内容に触れておきますと・・・・・・まずは超売れっ子となったMike Will Made-Itが制作を担当した「Fork」でどろーっと重たくスタート、ゾワゾワするような濃霧系のダークシンセが蠢くトラックに、2 Chainzのモッサリとしたパサついたラップがのしかかる。Tommy Brownが制作を担当した「36」は一分半程とかなり短く、その中で独特の節回しでのっそりとうろつく2 Chainzのフロウがグルグル脳内に回り出します。そして絶好調なPharrell Williamsが制作&客演で参加した「Feds Watching」は正にP印な一曲で、ポカスカと叩く乾燥気味のパーカッションに時折とろーっとかかるソース状の電子音の煌めきが美味い、2 Chainzのピッチ遅めでパフパフしたラップもトラックとの相性抜群で中々のもの。Cap.1が客演で参加した「Where U Been?」はMike Will Made-Itが制作を担当、重たく歪んで電撃を走らす鉄塊シンセに、キンコンキンコンと甲高いチャイム音が挟まるのが味噌。D Rich制作でOtis Redding「Respect」を下敷きにした「I Do It」は、DrakeとLil Wayneが客演参加するも全く面白くない(凍)。僕的に胸熱なのはあのMannie Freshが制作した「Used 2」、いかにもMannie Freshらしい泥臭くてぬかるんだ散弾ビートに、獰猛ジャングルチックな変調が混ざった奇天烈な一曲で、どちらかというとモッタリと扁平な2 Chainzのラップを引き立てています。Da Honorable C.N.O.T.E.が制作(Co制作にはDiplo)した「Netflix」ではFergieが参加、ピコポコと電子音が浮き上がるミステリアスなトラックにFergieのラップが喰ってしまっている惜しい一曲。Wonder Arilloが制作した「Extra」では期待の新人Rich Homie Quanが客演参加、腐敗臭さながらに冷たく突き刺さるドロドロな不穏チューン。「U Da Realest」は久々のChristopher "Dramma Boy" Gholsonが制作を担当、ドカドカと蹴り込む重低音ビートに乗せて進撃する2 Chainzのラップに乗っかるのみ。再びDa Honorable C.N.O.T.E.が制作した「Beautiful Pain」ではLloydとMa$eという、なんだかちょっぴり豪華で特殊な組み合わせが実現。ただこの曲では滑らかで流麗なストリングスを駆使し、その中を金色のシンセが絡み付きながら彩るというラグジュアリでドリーミーなナイス味付け。少しうわずるような2 Chainzのラップも良いし、Lloydの甘美でナヨった歌声も良いし、Ma$eの相変わらずネッチリしたラップもカッコ良い。T-Painが客演参加した「So We Can Live」は二部構成になっており、前半をDJ Montayが制作(Co制作にMr. Jonz)し、後半をJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作というオシャレ演出。ひらひらと舞い散る夜桜みたいな凛としたメロディにドカドカとキックするビート、そして夜風のようにひんやりと吹き抜けるT-Painのミント味なヴォーカルが最高にホットな一曲。後半部分では驚く程にスクラッチを多用し王道でハードなHip Hop曲を展開、短いながらもここでの2 Chainzが最もカッコイイ気がします。「Mainstream Ratchet」はBig Koreyが制作(Co制作をDJ Montay)を担当、キラキラと繊細に鳴るピアノ旋律をグーーーンと歪んだ真っ黒シンセが絞め上げるトラックは、Kanye West的な実験的な一曲でクールだと思います。Sunni Pattersonのポエトリーディングでスタートする「Black Unicorn」は久々のDJ Toompが制作、この曲ではHeaven Epps「I Love My Family」(この曲を制作したのはMannie Fresh)をサンプリングしておりまして、ハードなドラムスがスロウモーションで舞い散るような勇壮で流麗な感触のミッド。しかもここではChrisette Micheleが客演参加していて、華やかながらもどこか気だるく、粘度の高いフローラル声を披露していてグッド。「Outroduction」はあのStreetrunnerが制作を担当したソウルフルで鮮やかなメロウで、春風に野花が揺れるような柔らかさと甘い香りのするナイスな一曲。最後はボーナス曲としてWiz Khalifaと組んだ「We Own It (Fast & Furious)」も収録されていて、これはThe Futuristics制作のガチガチにハードで荒削りなダイアモンドビートに、二人の男臭いラップが火炎放射を吹くカッコ良いタフチューン。

なんだか悪口ばっかりになっている気がするけれど(苦笑)、英語分からない僕には2 Chainzの魅力がイマイチ掴めない模様。それでも前作よりは“おっ?”とか思った気がして、前作も聴き返したんですが、冷静に聴くとやはり1stの方がカッコ良い気がします(笑)。きっと、1stで2 Chainzに慣れたから、今作が聴き易く感じたんでしょうね。どうなんだろう、僕にはまだちょっと分からない気が。でも後半に配された「So We Can Live」「Mainstream Ratchet」「Black Unicorn」「Outroduction」は良くて、結構お気に入りだったりします(困惑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment