RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamar Braxton「Love And War」
Tamar-Braxton-Love-and-War-2013-1200x1200-1024x1024.png

あのToni Braxtonの妹で、以前は三姉妹でThe Braxtonsとしても活動していた、Tamar Braxtonの通算ニ作目となる『Love And War』を御紹介。そうなんです、彼女にとって本作は二作目でデビュー盤はその名も『Tamar』。この『Tamar』はセールスこそ揮わなかったものの、Tim & BobやJermaine Dupri、C. "Tricky" Stewart等も参加したなかなか粒揃いな曲が収録されておりました(昔の記事なので今より雑ですが、『Tamar』に関してはこちら)。そんなデビュー盤からまさかの13年の時を経て、最新作が届くという驚き。シンガーとしてだけ認識していた僕にとっては驚きだったのですが、彼女らBraxton姉妹は本国ではリアリティ番組をしているらしく、復活の兆し(基盤)は整っていたんでしょうね。にしてもまず、このジャケットが素晴らしい仕上がりですよねー、これだけでジャケット年間Top5には入るかと思います。
それでは相変わらずザックリしてますが感想を書いちゃうと・・・・・・まずはThe Notorious B.I.G.「Juicy」(というよりはMtume「Juicy Fruit」と書く方が正解なのか)をギュッと絞って濃縮サンプリングしちゃった、反則技丸出しな「The One」で幕開け。K.E. On Track制作になっているものの、これはもうそのままな気がするんですが良いんです(笑)、しかしこの甘酸っぱく清涼なトラックに乗っかるTamar Braxtonの果汁たっぷりジューシーな歌声が気持ち良い。「Top Toe」はDa Internzが制作を担当したベチャベチャと飛び散るカラフルな飛沫ビートが痛快、南国っぽいトロピカルさも香る、隙間も空けながら液体を踏みつけるような感触の電子音のスプラッシュ感がグッド。C. "Tricky" StewartとReverseが共同制作した鮮麗でしっとり潤ったピアノバラード「Stay And Fight」はとにかく麗しい、まるで根雪のように深々と降る鍵盤音に、白い吐息みたいにすっと透き通って清廉なTamar Braxtonの歌声が滲むドラマチックなスロウ。表題曲となる「Love And War」はDJ Camperが制作を担当、じわーーーーと朧げに光を洩らすように零れる甘美なシンセに、オーロラみたく揺れてヒラヒラさせて、Tamar Braxtonの眩くて鮮烈で力強い凛とした歌声が射す光芒ミッドにウットリ。「All The Way Home」はThe Underdogsが制作(Co制作にMichael Daley)したポロポロ爪弾く弦音が柔らかでドリーミーなミッド、ふわっと花弁が風に舞い上がる様な細やかな躍動感もちらりと綺麗。バインバインバインバインとゴム玉みたいなシンセが跳ね回す「One On One Fun」も面白い、音数を極限に削ぎ落としてバウンス度を研いだこのエッヂーなアッパーはDiploとAngela Hunteが共同制作。Kyle "K2" Stewart IIが制作を担当した「Hot Suger」も中近東っぽいノリのスパイシー曲で、なかなか癖があってよろしいですね。ロマンチックで繊細なピアノ旋律がキラキラと流れゆく極上スロウ「Pieces」は、Bryan-Michael CoxにSCMG、Kendrick Deanが共同制作(ソングライトにAmber "Sevyn" Streeterも関与)しており、きめ細やかで壮麗で艶やかなTamar Braxtonの歌声を存分に堪能出来る名バラード(溺)。そのBryan-Michael CoxとSCMGに加え、Patrick "J. Que" Smithが共同制作した(ソングライトにはKenny "Babyface" Edmondsも!)「Where It Hurts」は、雪の結晶みたいに整然として清らかで透き通った美白チューンで、白い吐息みたいに甘くそっと溶けるTamar Braxtonの優美な歌声にただただウットリな美曲(骨抜)。Troy OliverとTiyon "TC" Mackが共同制作した「Prettiest Girl」も純真無垢でクリアな美スロウで、どこまでも透明なトラック&歌声はもはや後光が射していて眩いばかりです(天臨)。「Sound Of Love」はRico Beatsが制作、雲上の空を優雅に駆け抜けるような奔放で開放的なスロウジャムでこれまた透明感たっぷり。アコースティックギターを爪弾くフォーキーなスロウ「White Candle」はEric Mobleyが制作、青空の下で木漏れ日なんかを浴びながらゆったり聴いていたい純朴で温かな一曲で素敵。最後を締め括る「Thank You Lord」はTramaine "Young Fyre" Winfreyが制作を担当、これもオーガニックなアコースティックミッドで野風を思わせる柔らかさ、すーっと吹き抜け頬を撫でる春風みたいなTamar Braxtonの清廉な歌声に洗われます。

うん、良かったですね、当然のごとく高水準に楽曲がズラリ。元々Tamar Braxtonは歌えるんだから、こうなるのは当然の結果ですよね。ただ三分に満たないのが二曲、二分に満たないのが二曲あるっていうのはちょっと気になりますが(強欲)。全米でもNo.2を獲得しているみたいですし、見事な完全復活(というかリベンジ成功)といったところでしょうか。ただハッキリ言っておきたい、僕はやっぱりToni Braxtonの低めのアルトヴォイスが大好きです(無関係)。Tamar Braxtonの復活も素直に嬉しいけれど、Toni BraxtonがBabyfaceとデュエット盤を出すという話の方が待ち遠しかったりします(笑)。しかしかなり良く出来たアルバム、いつまでも聴き続けるのはこういう一枚だったりしますよね。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment