RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「Blurred Lines」
Robin-Thicke-Blurred-Lines-Album-Cover.jpg

青い目のソウル貴公子として名高いシンガーソングライター、Robin Thickeの通算六作目となる『Blurred Lines』を御紹介。その二枚目な甘いルックスと違わぬ、ホイップクリームファルセットで世の女性(とR&B好きの男性)を虜にち続けているRobin Thicke。デビュー盤『A Beautiful World』もなかなかの秀作だったけれど、セールス的にはちょっと満足いかなかったハズのRobin Thicke。しかし、The Neptunes主宰のレーベル“Star Trak”と契約してからは人気もうなぎ上り、今や安定してコンスタントに作品をドロップし続けていますね。
それでは前置きはこのぐらいにして内容をちょっと・・・・・・まずはやはり先行シングルとして世界規模な特大ヒットを記録した「Blurred Lines」ですね、これはThe NeptunesのPharrell Williamsが制作を担当。そのPharrellに加えT.I.までが客演に参加し、二枚目軍団がフェロモン剥き出しにしていなたく黄昏れるソウルチューン。Marvin Gayeとの曲の酷似も騒がれましたが、素直にPharrellらしいスカスカ感とピーヒャラ感とポカスカ感が混ざり合ったグルーヴィな一曲で面白い。ただ無類のPharrell好きの僕はそこまでお気に入りでもなく、まあ普通な感じでここまで大ヒットに至ったのが不思議なほど(阿呆)。続く「Take It Easy On Me」はTimbalandが制作を担当(Co制作にJerome "Jroc" Harmon)したエレクトリカルウェーブがギラギラ波立つアッパー、このメタリックなサウンドがシュンシュンと鼓膜を通過する感触は最高にクールで、時折四つ打ちしつつもそれをも切り捨てるエッヂーな電子音が良い。「Ooo La La」はRobin Thickeの盟友であるPro Jayが共同制作のEW&F風のフルーティなソウルアッパーで、Robin Thickeの繊細で柔らかなホイップクリーム声がファルセット多めでコーティングして甘いのなんの(満腹)。ただこれはメロディ展開から何から70年代な復元ソウルで、それをさらりと乗りこなす彼らがやはり壮絶に格好良過ぎる(失神)。続く「Ain't No Hat 4 That」もPro Jayとの共同制作、ながらこの潮風と陽光を感じさせるからりとした清涼アップ(基本ポコスカと乾いたパーカッションが小気味良く)はThe Neptunesっぽいタッチ、この窓全開に風を浴びながらドライブする感じは気持ち良いです。ホーンが華やかに飛び散る艶美にして壮麗なディスコダンスチューン「Get In My Way」もPro Jayとの共同制作、こういういなたく燻し銀なグルーヴをやらせたらRobin Thickeの右に出る者はいないって程ハマる、痛快なステップを踏んでフロアを独り占めしたくなる躍動ソウル。Dr. LukeとCirkutのコンビが共同制作した電撃ビートが走る「Give It 2 U」はどこかPrince趣味、エレクトロを全体に張り巡らすもRobin Thickeの生身なねっとり甘美なファルセットが垂れる、この奇天烈なコンビネーションがPrinceのエロスに通ずるというか。しかもこの曲では今や無敵なKendrick Lamarが客演参加し、𡧃光速よりも速い宇宙人声ラップで盛り上げます。「Feel Good」はあのwill.i.amが制作を担当、これがまたドスドスビートや光ファイバーな電子音を明滅させるも、キッチリとピアノ旋律を敷く事でどこかヴェルヴェットな柔らかさを演出している器用さ。Pro Jayと共同制作した「4 The Rest Of My Life」はRobin Thickeの初期作品に通ずる静かで甘いミルフィーユソウル(これもやはりPrince趣味爆発)、潤いたっぷりでスウィートなRobin Thickeの白銀のファルセットが優雅に綻ぶ絶品スロウで御座います(十八番)。Pro Jayと共同制作した「Top Of The World」でのリラックスしながらもファンクを効かせた感じ、ネットリと溶けるホーンの混ざりも素晴らしくオールディーズなHip Hopを感じる一曲。最後を飾るのもやはりPro Jayと共同制作したゴスペル風味なピアノ曲「The Good Life」、こういうトラディショナルな楽曲が本当によく似合うし紳士的でカッコ良いんです(溜息)。

先行シングル「Blurred Lines」にそんな惹かれず、しかもきっとこんなのばっかな内容かなと邪推して通常盤を買いましたが、Pro Jayがやっぱり良い仕事していて豪華盤買えば良かったと後悔しております(涙)。きっちりバラエティ性もあるし、Pro Jay以外もProducerも勿論イイ仕事しているんですが、やはりPro Jayだけで良いんじゃないかと思ってしまう(意固地)。とか文句言っているようになっていますが、とってもカッコ良いアルバム、そこはRobin Thickeだから当然で御座います。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment