RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
35位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jason Derulo「Tattoos」
jason-derulo-tattoos-cover-e1375947801938.jpg

歌って踊れる若きシンガー、Jason Deruloの通算三作目となる『Tattoos』を御紹介。最近こそ落ち目な気もするけれど、当時は売れっ子ProducerだったJonathan "J.R." Rotemが設立したレーベル“Beluga Heights”と契約し、いきなり「Watcha Say」を大ヒットさせその地位を築いたJason Derulo(ちなみにこのデビュー盤『Jason Derulo』は僕のお気に入りで、その年の年間Top10にランクインさせた程)。その後も二作目を出し、実力派シンガーのJordin Sparksと順調に交際して、存在感は消さずに活動。一時期はリハーサル時に首に大怪我を負いキャリアが終わるかとも心配されましたが、恋人Jordin Sparksの献身的な介護もあり無事に戻って参りました。まだBeluga Heightsに所属しているみたいですね、J.R. Rotemは最近なにをしているのか(行方不明)。
それでは内容にざくっと触れておきますね・・・・・・まずは先行シングルとしてヒットを記録したAmmoとMartin Johnsonが共同制作した「The Other Side」でスタート、これがもう四つ打ち丸出しなEDMサウンドでJason Deruloが“水を得た魚”状態で御座います(笑)。光を蹴飛ばしながら光速を超えて激走する光線トラックと、Jason Deruloの蒼くて尖ったハイトーンヴォイスが炸裂するスパークチューン。続いては人気者の2 Chainzが客演参加したRicky Reed制作の「Talk Dirty」、サンプリングにはBalkan Beat Box「Hermetico」を使用だそう。これはもうインド民謡的なユラユラ揺れるスパイシーなミッドで、ブオーンと唸るホーンに乗せて蜃気楼に近いJason Deruloと2 Chainzの歌声が混じり合うヘンテコな一曲。Jonas Jebergが制作を担当した真摯で温かなバラード「Marry Me」はかなりの名曲だと僕は思っていて、ピアノ鍵盤音がキラキラと降り注ぐその感触は、まるでステンドグラス越しに見る洩光のような鮮やかがハートに弾ける(鼓動)。その中でふわっと浮き上がるJason Deruloのファルセットは絶品で、時に優しく時に猛々しく駆け抜け圧倒的な眩さに包み込まれるヴォーカル。表題曲ともいえる「Tattoos」はDJ Frank EとTODAYが共同制作、これもどこか雄大で躍動感のあるオーガニックさ漂う電子チューンで、Jason Deruloの朝陽のように昇りゆく希望に溢れたヴォーカルが鼓膜に刺さります(閃光)。Jon Bellion制作の「Trumpets」はその名の通り、ホーン音をキュートに散りばめたバブルテイストなパチパチポップ曲で面白い。Jared Lee制作の繊細なピアノバラード「Vertigo」は恋人であるJordin Sparksとの濃密デュエット、ここで注目すべきはJordin Sparksと歌声で完全互角でJason Deruloが張り合えている点(つまり歌唱力もあるんだという事)。優しくも脆くて淡い二人の歌声の溶け合い、まるで二人が抱き合いながらゆっくりと沈んでゆくような、劇的で幻想的な美しさがほころぶ流麗な一曲。DJ BuddhaとDJ Noodlesが共同制作した「Fire」ではPitbullが客演参加、なんだかPitbullが入った途端に一辺倒に感じる僕は天の邪鬼なんでしょうか。Ricky Reed制作であのThe Gameが客演参加した「Side FX」は、弦音にも似たフラメンコ調のシンセと弾ける手拍子がザクザクと交錯する異次元アッパーで、ここにThe Gameが登場しサグいラップで血腥さを残すというのがなんとも面白くて刺激的という(笑)。「Stupid Love」はあのRedOneが制作を担当し、ヒューマンビートボックスをちょっぴり使い、これまたカルメン調なメロディラインと旋回する中毒フックを配した一曲。「With The Lights On」はThe Cataracsが制作したピコポコな電撃アッパーで、Chris Brown「Look At Me Now」を水で薄めたような感じでちょっと惜しい気もする。最後を締め括るのはRami YacoubとCarl Falkが共同制作した「Rest Of Our Life」で、これもまたビヨンビヨンとちょっぴりオモチャっぽい電子音が跳ねるのをアクセントにしつつ、Jason Deruloの鮮烈なハイトーンヴォイスが伸びて包み込む清涼なミッドで心地良いです。

ハッキリ言って、Chris Brownがあれだけもてはやされるならば、このJason Deruloだってもうちょっと評価されてもいい、埋もれた逸材だと僕は思います。アップテンポでは激しくて実験性の高いダンスを毎度と披露しているし、スロウテンポでは癖のあるファルセットで柔らかく引っ張る事もできる実力者。そのうえプライベートでは彼女を優しく真面目に愛している好青年、スタイルもかなり良いですしね。米国ではどうやらEPという形でデジタル販売のみされたみたい、どう評価されているのか気になるところ。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment