RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A$AP Ferg「Trap Lord」
asap-ferg-trap-lord.jpg

現在のHip Hopシーンを代表する若手クルーの一角、A$AP Mobの一員のA$AP Fergのデビューアルバム『Trap Lord』を御紹介。A$AP Mobといえばやはり代表格はA$AP Rocky、その高いファッション性も相俟って抜群の人気を誇るMCですよね。その彼を筆頭にA$AP Nast、A$AP Ty、A$AP Twelvyy、A$AP Yamsなど全員がA$AP姓(といっていいのだろうか)を名乗るという結束力(?)。そんな数多い(であろう)A$AP Mobから二番目に繰り出されたのは、このルックスも厳ついA$AP Fergと相成りました。それこそA$AP Rockyのメジャーデビューアルバムでも、クルーから唯一の客演参加だったのがこのA$AP Ferg。という訳で、実質A$AP Mobの二番手と解釈してよろしいのでしょうか。
それではザックリ適当過ぎる感想を感覚でつらつら・・・・・・まずはドバドバと吹き出すアジアン風味な太鼓ビートとおどろおどろしい電子音が病み付き度高めな「Let It Go」、制作はHighdefrazjahなる人物が担当。ゴーストホラー仕様な底辺這うトラックに、A$AP Fergのちょっと抜けた上擦ったフロウがジワジワ漂うスロウな一曲。本作からのシングル曲である「Shabba」ではA$AP Rockyが客演参加、Snugsworthが制作したこの曲は、そのままタイトル通りにあのShubba Ranksへの讃歌となっております。これもまた重油チックにドロドロと垂れ流しなオイルシンセがギラギラと輝くホラーコア風な一曲で、これに乗せて“しゃ、しゃばーらんくす♪”とひたすら連呼するフックが嫌が応にも耳に残ってしまいます(笑)。Crystal Cainesが制作を担当した「Lord」では、まさかのBone Thugs-N-Harmonyが揃って参加という超ホットな一曲。視界が霞むほどの濃霧シンセが蠢くヒンヤリと冷たいトラックに乗せて、BTNHとA$AP Fergがメロディアスにザクザクと斬り進むこのスピード感(トラックの朦朧感と反比例なだけに)がたまらなくツボ。「Hood Pope」はVeryrvreが制作を担当、鉱石チックな硬い輝きを放つクリスタルでアイシーな浮遊チューンに乗せて、A$AP Fergの屈強ながらも柔らかく甘ったるいメロディを含んだフロウが鼓膜をコーティングする蜜毒チューン。Versa Beatzが制作を担当した「Fergivicious」も不思議な感触で、ちょっと聴きではタフで掘削機みたいな破壊力のある声質のA$AP Fergが、真夜中に虫が蠢き鳴いているような神秘的で青々した鮮麗なトラックを背景にして、メロディを含ませながら時に針のような繊細な鋭さでトラックを縫合する感覚が面白い。暗闇の中でゆっくり静かに忍び寄ってくるような、惨たらしく鮮烈な電子音みどろな不気味チョップチューン「4:02」はInterlude的な一曲かな。しかし女性の喘ぎ声を挿入して、歪んだエフェクトで潜在意識に溶け込んできそうな呻き寸前のA$AP Fergのフロウがやはり中毒を起こさせる。P On The Boardsが制作を担当した「Dump Dump」は、終盤でのなんとも男臭く猛々しいバウンス感が心地良かったりしますね。Chinza制作の「Work (Remix)」ではA$AP RockyにFrench Montana、Trinidad James、Scoolboy Qと次世代を担う実力派が揃い踏みでガツンガツンとぶつかり合います。「Didn't Wanna Do That」はFrankie Pが制作を担当、これは喧騒を背景にしたインソムニア的な退廃ドリーミーな一曲で、A$AP Fergのサラウンドフロウが意識を左右にぐらつかせる酩酊具合が心地良い。Jim JonsinとRico Loveが共同制作した「Murda Something」では、優しき野獣Waka Flocka Flameが客演参加でもはや灼熱状態。怪しい弦音を燻らせながら、互いにガブガブ噛み付き合いながら地響きを鳴らすモンスターチューンで、聴き手の意識をザッピングさせるようなカットが激しくカッコイイ(失神)。再びFrankie Pが制作を担当した「Make A Scene」もA$AP Fergのスウィートな掘削機フロウが炸裂、ゴリゴリしながらもゆるやかにカーブを描きどこか優雅にさえ感じるという。同じくFrankie P制作の「Fuck Out My Face」ではB-RealとOnyxの往年のスターに、A$AP MobよりAston Matthewsも含めての大所帯マイクリレー。とにかく厳つい、厳つい、厳つい。最後を締め括るのはHigh Class Filth制作で、完全にBone Thugs-N-Harmony仕様な「Cocaine Castle」。これがまたちょっぴりシャアがかったシナモンチックな電子音が瞬く美しくも毒々しいスロウで、この中でA$AP Fergのハイでイルなフロウがスロウモーションで蠢くのが快感だったりします(病気)。

ドガガガガガと突き進む掘削機みたいな屈強な声質ながら、ゆるやかに柔らかくカーブを描いたりする運転技術もあるちょっと特殊な印象のA$AP Ferg。という事で一言で表せば面白い、トラックもズブズブと音を立てそうな濁色系のトラックながら、どこかじわじわメロディを沁み出させるA$AP Fergのラップが暗澹さを寸前で止めていて。それこそ客演にBone Thugs-N-Harmonyが参加していましたが、A$AP Fergのメロディアスなラップは確実に彼らの影響を受けている気がします。本作と言えば対で、Earl Sweatshirtのデビューアルバムも同日発売で“次世代クルーの二番手同士のガチンコ”として話題もあり、結局はセールス的にも評価的にもEarl Sweatshirtの方が高い様ですが、僕個人としてはA$AP Ferg『Trap Lord』の方が好きで聴いていたりします。貴方は果たしてどちらですか、なんにしろHip Hopは日進月歩で御座います。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment