RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jaheim「Appreciation Day」
Jaheim.jpg

極上ソウルフルなバリトンの歌声で根っからのソウルファンをも唸らせる、Jaheimの通算六作目となる『Appreciation Day』を御紹介。名作揃いの“Ghetto”シリーズを離れてからも、コンスタントに作品を発表しているJaheim。前作『Another Round』からもわずか三年ほどしかスパンは空いていない訳ですが、それでも好きなシンガーなので待たされた感は大アリ。僕はTwitterもやっているのですが、今年にも何度か“あとはJaheimの新作がそろそろ出れば......”なんて呟きをしていたんですが、そうしたら突然とJaheimが新作を発表したんだから発狂しそうでした(笑)。後光が射すJaheimの朗らかな笑顔のこのジャケット、清々しいですなー。
それでは早速内容がどのようになっているかをひ弱な直感で・・・・・・まず本作ではJaheimが全曲の制作にクレジットされており、外部Producerとガッチリ共同制作している模様。あとはJaheim作品では常連のBalewa Muhammadが全曲で、ソングライトに関与しているみたいですね。まずはThe Isley Brothers「Groove With Me」をネタ使いした、男性版Aaliyahみたいな一曲「Age Ain't A Factor」。これはSheldon "Coz" Ellerby、Blaqsmurphとの共同制作曲で、柔らかな木漏れ日みたいなキラキラ燦々な美メロディに乗せて、Jaheimの温かくて優しい歌声が爽やかに響き渡る颯爽チューン。「He Don't Exist」はSheldon "Coz" EllerbyとTobby Davisとで共同制作したピアノバラード、この野太くもフカフカした感触のJaheimの熊バリトンが張り裂けそうな繊細さで響く悲しきバラード(胸打)。ヒラヒラと枯れて花弁が落ちるように鳴るピアノ鍵盤にそっと寄り添う、Jaheimのどこまでも深くてもがき苦しむようなハイトーンヴォーカルにハートがズキズキ疼いてしまいます(涙)。The Sirley Murdock「As We lay」を早回しサンプリングした晴れやかなソウルチューン「Morning」はSheldon "Coz" Ellerbyとの共同制作、フック途中で挿む甘酸っぱい柑橘系の高音ヴォーカルがナイスアクセントになっていて神々しさ増すし、この45回転なトラックは一時期流行っていた手法でそこも微笑ましい。Sheldon "Coz" EllerbyとBlaqsmurphと共同制作した澄み切ったスピリチュアルソウル曲「What She Really Means」もどこまでも慈しみ深い、Jaheimの強靭でいて柔らかな包容力のあるバリトンヴォーカルにガッツリ癒されるばかりです(天召)。「P**** Appreciation Day」ではなんとあのAnthony Bellと共同制作、これがまた古き良きソウルマナーをバッチリ踏襲した滑らかヴェルヴェットな耳触りのミッドで、Jaheimの熱くシャウトしつつも甘美なビターチョコレート声が炸裂しまくりで胸キュン(射抜)。Sheldon "Coz" EllerbyとTobby Davisとの共同制作曲「Baby X3」も、深く清くふくよか豊満なJaheimのソウルフルな燻し銀ヴォイスがじわじわと五臓六腑に染み渡る、澄んだアダルトスロウで骨抜き確実ですね。キラキラと水滴みたいに潤いと光を含んで滴り落ちる音色がスウィートでラグジュアリな「Shower Scene」は、Sheldon "Coz" EllerbyとCharles Pettawayとの共同制作曲で、まったりゆっくりと穏やかな曲線メロディの上をふわふわ舞う、(見た目に寄らず)フェザータッチな濃厚声のJaheimの歌技にノックアウトされちゃいます。なんだか御馴染みなあの声ネタ“ゆーがっとめいる♪”を随所に散りばめた「Sexting」、ゾクゾク来るようなベース弦のエッヂが底辺で唸るカッティーな一曲で、Jaheimの後見人ことKayGeeとの共同制作でじっくりと腰を据えて聴ける安定感。本作中でも最もメインストリームR&Bに接近しているのが、DJ Pain Oneと共同制作したサイバーねっとりグルーヴチューン「I Found You」。メロディ軸自体はしっかりと純白系統のバラード風味ながら、ファルセットをコラージュし結晶化した流麗なフックと、ゾワーっと広がるミストのような電子音の浸透でひんやりスムージー感も味わえる秀逸曲。「Florida」はDarren LightyとBalewa Muhammadとの共同制作、哀愁も含みつつ雨音みたいにしっとりと湿って切ないメロディが芳醇な味わいを醸す、燻し銀過ぎて鳥肌モノのソウルチューン。またもや後見人のKayGeeが制作に関与した「Sticks N Stones」の繰り出す、どっぷりと溜めの効いた気だるいビートが格好良くて痺れてしまいます(痙攣)。BastanyとBalewa Muhammadと共同制作した「First Time」は、Ne-Yoなんかが得意にしそうなシティライトに似た電子音が涼しく駆け巡るキラメキ夜会チューン。疾走感溢れる流線形のお洒落なトラックに、Jaheimのマスタングみたいなエンジンとツヤを搭載したヴォーカルが駆け抜けます。Frank Sinatra「It Was Very Good Year」を渋くサンプリングした「Blame Me」はJay Fenixとの共同制作曲、夜霧の中を走り抜けるようなどこか緊迫した重厚な演奏がジワジワ効いてくるダークミッド。BastianyとBalewa Muhammadと共同制作したエンディング曲「Chase Forever」は純白系の透き通ったミネラルバラード、それこそ一時期のUK産R&Bを彷彿とさせる淡さが光っていて、まるで白と青を基調とした印象派の絵画を見ているような気になるパステルソウルでグッド(喝采)。

Jaheim最高!の一言で締めたい、R&B好きにはたまらない格好良くも渋い一枚に毎度のごとく大満足。Jaheimはいつも引き合いにTeddy Pendergrassが出されるのですが、僕なんかはJaheimを聴く度にLuther Vandrossを思い出さずにいられないんですが。とにかく心の奥底でじっと待ち焦がれていただけあって、充分過ぎるほど楽しめてしまっている本作。今年の作品の中でも結構イイ線いっていると思うのは僕だけでしょうか、あまりにも話題になってなさ過ぎて僕はポカーンです(唖然)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment