RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
35位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Goodie Mob「Age Against The Machine」
GoodieAgeAgainstMachine.jpg

Atlantaを基盤にOutkastと共に初期の南部Hip Hopを牽引したグループ、Goodie Mobの通算五作目となる『Age Against The Machine』を御紹介。Big Gipp、Khujo、T-Mo、そしてCee-Loで構成されるこのGoodie Mob。デビューから瞬く間に人気を博した彼らですが、その途中でCee-Loが方向性の違いから脱退。その後はメンバーのKhujoが交通事故で右足を失い、古巣のArista Recordsを離れ自主レーベルより『One Monkey Don't Stop No Show』をリリースするもセールス的にはあまり揮わず(このタイトルはCee-Loを揶揄しているのでは、と当時は完全なる亀裂が囁かれていたっけ)。その後、Cee-Loはソロ作を立て続けにヒットさせ、大人気オーディション番組の審査員にも抜擢されたりと、正反対と思える成功を収めておりました。なのでGoodie Mobが再び集結する事などない・・・・・・と思っていた矢先、どういう経緯かこのオリジナルメンバーがまた作品を創り上げました(驚愕)。ただこれだけで嬉しい、なんていう古株リスナーも多いのではないでしょうか。
とまあ、四方山話はこのへんで打ち切りまして・・・・・・まずはBig Rudeのラップで幕を開ける「U Don't Know What You Got (Intro)」、制作はZeferiah GonzalezでサンプリングにはJerry Bulter「You Don't Know What You Got Until You Lose It」を使用。Cee Lo Green制作でサンプリングにCaravelli「Metamorphose Dementielle」を使用した「State Of The Art」は、大袈裟なぐらいにキリキリ舞うストリングスを引き裂くように多用した短い一曲で単純混沌。The Grey Area制作の「Power」では、The Moody Blues「Question」をベッタリと濃厚ループ。これはもうドカチャカとすべてを蹴散らす泥臭い弦音やクワイヤコーラスを後ろ盾に、Cee-Loがとにかくいつもの怪鳥声でケーッケーッと嘶き飛び回る五月蝿い一曲。一時期のDallas Austinを思わせるマーチングバンド風の打音とホーンをぶっとく芯に据えた「I'm Set」、The Grey Areaが制作したこのノシノシ踏み潰す爆音突進チューンはDavid Shire「Taking Pelham 1,2,3」をサンプリング。怪鳥Cee-Loが上空を飛び交い放射能光線のごときソウルヴォーカルを吐き出す中、地上でKhujoやT-MoやBig Gippが暴れまくるという構図はまるで怪獣大戦争みたい(痛快)。大蛇みたいにウネウネと絡み付く電磁波みたいなシンセサイザーが真空トラックを形作りすべてを飲み込む「Valleujah」はJack Splash制作曲、Goodie Mobのマイクリレーが綺麗に行われていてソニックブームみたいに聴き手の鼓膜を切り裂く鋭さがグッド。Mr. G「War War」「8Ball Riddim」をサンプリングした、重低音ボトムスの効いたいかにも南部産の泥臭さが光る「Pinstripes」では、同郷ATL出身のT.I.が客演参加。重戦車みたくヘヴィーに邁進するGoodie Mobに、どちらかといえばバチバチ弾く機関銃みたいな軽妙さで打ち込むT.I.のラップが綺麗に交錯します。YoungFyreが制作を担当した「Special Education」ではエレクトリック淑女Janelle Monaeが客演参加、ここでもギザギザに尖った電磁波シンセが一帯を放電刺激するアッパーで、そんな中でJanelle Monaeのトローリと柔らかな光電子ヴォーカルが艶っぽく光るという造り。昔のGoodie Mobを彷彿とさせるゴスペルチックな威風堂々な展開が凄まじい「Ghost Of Gloria Goodchild」はGet CoolとThe Grey Areaが共同制作、 Goodie Mobが竜巻と化してすべてを巻き上げ破壊し侵攻する嵐のようなけたたましいアッパー。MalayとKPが共同制作した「Kolors」が僕的に昔のGoodie Mobっぽい、部族的な打楽器音のこだまの中で、精霊のようにユラユラと暈けて浮遊するシンセが怪しくも繊細。それを繋ぐホーンのネットリした糊付けもグッドですし、なによりGoodie Mobの面々の移ろいがまるでお伽話のようにメロウで素敵。「Come As You Are」は再びZeferiah Gonzalezが制作を担当、ストリングスを絢爛に振りまくヘンテコメルヘンな一曲でちょっとクレイジーで混乱しますね(笑)。David Richmond「Confunktion」をベッタリと下敷きにしたドス黒いヘビメタチューン「Nexperience」はCee-Lo単独曲、Cee-Loのパワー溢れる咆哮シャウトヴォーカルが炸裂する爆発チューン。これぞGoodie Mobなヅタヅタ叩くビートがファンキーな土臭いアッパー「Amy」はThe Grey Area制作、ソングライトにBruno Marsが関与しているだけあってキャッチーでレトロでスウィンギンなトラックは軽快そのもの。そんな中で疾走し華やぐCee-Loの歌声もさることながら、客演参加のVも存在感あって頼もしい限り。しかし、そんなV(V Bosemanと書いた方が親切か)の艶美なヴォーカルが芳しく漂い、ひときわ存在感を放っているのが続く「Understanding」。Floyd the Locsmifが制作したブラックでリキッドタイプなトラックはどことなく銀河系で、その静寂の中で瞬く衛星シンセの鳴りといい、昔のOutKastを思わせる涼しげで美しいミッドでグッド。最後を締め括るのはKannon "Caviar" CrossとCorey "OZ" Simmonが共同制作した「Father Time」、どことなくカントリーテイストが滲む乾燥した荒涼チューン。

うーーーん、思ったよりは物足りなさが噴出した一枚で残念かも(困惑)。四人はそれぞれキャラも濃くて立っているままなんだけど、どうも一体感がなく感じたというか、継ぎ接ぎっぽく感じたなー。Goodie Mobがというより、サウンド面にOrganized Noiseが付かないとこうなってしまうんじゃないかなー(推測)。これだけ個性の強い面々だけど、それ以上に濃密でギットリなOrganized Noiseのサウンドが、あの頃のGoodie Mobをコーティングして固めていた気がします(戯言)。そういう意味でも、俄然、客演していたVへの興味がガンガン高まってしまいました(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment