RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

TGT「Three Kings」
tgt3kingscovvv.jpg

まさかこんな日が訪れようとは......Tyrese、Ginuwine、Tankの三人で結成されたドリームチーム、TGTのデビューアルバム『Three Kings』を御紹介。この構想はいつ頃から聞いていただろうか、もう五年ぐらい前から噂は持ち上がっていたけれど、Tank以外はそれこそ作品を出す事も少なくなり音沙汰無し状態。それが2011年にTank『Now Or Never』Ginuwine『Elgin』Tyrese『Open Invitation』とそれぞれが素敵な作品をリリース。それで僕も“これはもしや、TGT話も動き出すかもしれない”とソワソワしていたんですが、まさか本当にこの三人で創ってしまうとは(狂喜乱舞)。このR&B三銃士が揃って頭文字取ったグループを結成するのは、Gerald LevertとKeith SweatとJohnny Gillで結成されたLSGが前例にありますね。こうやってタキシードでセクシーにキメた三人が揃ったジャケットを見るだけで、鼻血が出そうですね(卒倒)。
それでは気になって仕方ない内容に懲りずに触れちゃいますと・・・・・・まずはHarvey Mason Mediaに所属するTrina Browmanが制作を担当した「Take It Wrong」でスタート、 ここではTyreseがラッパー名義のBlack-Tyとして客演参加。ボワンボワンと粘膜じみたシャボンシンセが艶かしく響く妖艶ミッドで、こうして聴くと全く味わいの違う三人がすぐさまぶつかります(賛辞)。続くB.A.M.制作の「No Fun」ではProblemが客演参加、Snoop Doggのジューシーな名曲「Ain't No Fun」の甘酸っぱい電子音使いを、ちょこっとピッチいじって艶かしいネットリしたスロウに仕立てたナイスな一曲。TGTの濃厚でいながらもスルリとスマートな掛け合いも絶妙だけど、援護射撃のProblemの脱力系のふわっとしたラップも良い。同じくB.A.M.が制作(Co制作にはTyrese)した、まさにTGT節な「Sex Never Felt Better」も最高にホット。ぐっしょりウェットな湿潤スロウはしなやかな曲線美、愛撫するみたく焦らして燃え上がるTGTのタフなヴォーカルの溶け合いはもはやポルノ(賛辞)。「I Need」はB.A.M.とThe Underdogsの共同制作曲で、純真なピアノ鍵盤音がポロポロと零れる真珠スロウはTankの諸作に通じる透明度。Tankが全編を筋肉質かつ流麗に歌い上げ、Tyreseが擦れたハスキー声で繊細に締め上げ、最後にGinuwineがキュートで破廉恥な歌声でピュアに抱擁するという、究極の乱れ打ち悶絶スロウ。「Next Time Around」はTankが制作を担当、という事でかなりTankの骨太で生温かなコーラスワークが光る一曲になっておりますね。オートチューンとまではいかないけれど、どこか針金チックなカッチリした金属性のエフェクトが三者に施された「Hurry」もオシャレ。制作はTim & Bobのベテランコンビで、先鋭的な電子音を散りばめつつもアコースティックな主軸メロディが活きたストリングス映えする流麗ミッド。ポロロロロンと爪弾き倒すアコースティックギターの音色に、スペイシーなサイバーシンセがスンスンと波線を作り押し寄せる「Weekend Love」はThe Underdogs制作曲。こういう冷たくヒンヤリしたメタリックトラックだと、どうしてもTyreseやTankは浮いてしまうように感じるんですが、そこはGinuwineの真鍮ヴォーカルが綺麗に溶接してしまっているから凄い。Dominique LoganとDarius Loganが共同制作した「Lessons In Love」は、宇宙空間にも匹敵する広大な空間と静寂を伴ったミッドナイトチューンで、TGTのアダルトで官能的なヴォーカルが溶け合うしっとりとした湿潤スロウ。「Explode」はまたもやB.A.M.が制作を担当、水滴ピチョンピチョン系のシンセが響き渡る水源系スロウ。「FYH」もB.A.M.が制作を担当しており、ここでのTankの翻るファルセットが極上過ぎて悶絶死は必至かと(笑)。ゆっくりじっくりと男女がカラダと鼓動を重ねるような、くぐもったビートが静かに迫る感触は、闇夜にそっと射し込む月光のよう。「OMG」はMarcus Hodgeなる人物が制作を担当、ここではオートチューンを駆使することで、蒸せ返るような熱気が立ちこめる情事みたいな酩酊感を絶妙に表現しております(酔痴)。B.A.M.が制作の「Running Back」もダークで妖艶な揺らめきがどこかオリエンテッドで、媚薬的な香りを漂わせる一曲。あのIvan "Orthodox" BariasとCalvin Hagginsが共同制作した「Burn Out」は突き抜ける光のようなフックが、すっと一筋で鼓膜を奪う神々しい一曲でグッド。「Tearing It Down」はTankが単独で制作、ゆるゆると水滴が垂れ落ちるような潤いたっぷりのメロディが鼓膜に浸透。最後を飾るのはThe Underdogsが制作の「Our House」、やんわりと柔らかなシンセがオーロラみたいで、洩光のひだがゆらゆらと色彩を移ろう様が素敵ですね。あと追加して書くならば、Vocal ProduceやMixなどあちこちでHarvey Mason, Jr.が関与していることも、本作の大きな魅力のひとつでしょうね(満足)。

いやはや、これだけの面子が揃ってずっこけるって事もそう無いのでしょうが、それでもしっかり聴かせてくれる良質な一枚で御座います。全員キャラが立っているんだけれど、なぜかTankだけが際立って聴こえてくるのは何故だろうか(不思議)。やっぱりソングライトが出来るだけに、どこかTankの風味が滲んでくるのだろうか。R&B愛好家で、この一枚に興奮しない人っているのかなー。勿論なんでも合体すればいいという訳ではないけれど、やっぱりこの御三家が揃い踏みってのは興奮を禁じ得ません(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment