RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bilal「A Love Surreal」
la-la-et-0225-bilal.jpeg

ネオソウル(この呼称はもう古臭いのかもしれないが、僕は敢えて使いたい)の王座に最も近い鬼才シンガー、Bilalの通算三作目となる『A Love Surreal』を御紹介。N.Y.の大学“New School for Jazz and Contemporary Music”などに通うなどして(そこで盟友Robert Glasperとも出会っている)、Jazzにも精通したソウルやファンクなどのマーブル加減が絶妙な持ち味のBilal。その後も濃い芸術家が集う音楽集団“Soulquarians”の周辺で活躍しつつ、Dr. Dreと通じていたり、名立たるアーティストの客演に参加するなど、才能を遺憾なく発揮し続けています(敬礼)。そんなBilalが放つ新作『A Love Surreal』は、Purpose Music Group(E1との共同配給)からのリリースという事で新天地。しかしこのアルバムジャケット、裸婦の下半身が絡み合い花を象っている構図、どことなく僕の大好きなSalvador Daliを思わせる作風なんだよなー(不思議)。と思ったら、本作はDaliの提唱したシュールレアリスムにインスパイアされているのだそう(驚)。ダリが好きで三冊だけ画集を持っていたりするから、なんとなしに気付いた自分がいて嬉しかったりして。
それではなるべく丁寧に感じたままに・・・・・・まずはBilal自身が制作したインスト「Intro」で幕開け、空間の歪みからじんわりと洩れ出る虹彩のような電子音の綻びがなんとも美しい(溜息)。Sa-RaのShafiq Husaynが制作を担当した「West Side Girl」のビンビンと振動ししなやかに跳ねるベーシーな音が肝、背後から忍び寄るような絶妙な距離感を感じる密閉されたサウンド&ヴォーカル、どこか機械的に音程(というか稼動域みたい)を操るBilalのPrince趣味な歌声のねじれに身が悶えるばかり。飴玉みたいにカワイイ鍵盤音で幕を開ける「Back To Love」はBilalが制作(Co制作にSteve Mckie)した先行シングル曲、睡蓮が咲いて波紋が広がるようなBilalのファルセットのコーラスがとっても素晴らしい。どこかサイケデリックな電子音の瞬きと硬質なゴチゴチビートの掛け合わせが絶妙で、ふんわり甘いんだけれどほろ苦い後味を残すカフェインたっぷりなミッドチューン(焙煎)。ベースとドラムスのシンプルど渋いループで進行する「Winning Hand」はBilal制作(Co制作にはSteve Mckie)、ダートでタフな骨太トラックに乗せて、Bilalの吸血鬼さながらな鋭く翳ったヴォーカルが聴き手を切り裂く一曲。Bilalの盟友ともいえるSteve Mckieが制作を担当した(Co制作にCorey Bernhard)「Climbing」は、体温が表皮から蒸発して咽せるほどの熱気を上げているかのような、そんな生温かくネットリしたトラックの熱に反応して、Bilalの飴細工みたいに変幻自在で艶やかなヴォーカルが縺れる感触がなんとも悩ましいんです(欲情)。「Longing And Waiting」もBilalが制作を担当(Co制作にSteve MckieとConley "Tone" Whitfield、Mike Severson、Corey Bernhard)、トロトロと糸を引きながらネットリ絡むメロディがなんとも官能的で、Bilalの悶えるような喘ぐヴォーカルも耳元に息をかけるような繊細なヴォーカルもすべてがエロチズム全開でたまりません(昇天)。BilalとParis Strotherが共同制作した静寂を纏った壮麗なバラード「Right At The Core」(Back Vocalには女性トリオのKing!)の清らかさたるや素晴らしく、ふわふわとした感触のメロディに、夜明けにも似た冷たさと温かさが混じったBilalの透き通ったヴォーカルが淡く滲むのも美しい(溜息)。Bilalが制作を担当(Co制作にSteve MckieとConley "Tone" Whitfield、Mike Severson、Corey Bernhard)したブルージーな一曲「Slipping Away」はロック寄り、暗澹冥濛なトラックはまるで鉛空から冷たい雨が降りしきる様、すがって大きな音を立てへし折れるようなBilalの激情的なヴォーカルが胸にえぐく突き刺さります失恋曲。Steve Mckie制作(Co制作にBen O'Neil)のアコースティックギター爪弾く優美なフォークメロウ「Lost For Now」も素晴らしい、遠くにスッキリと浮かぶ地平線にも似た壮大さと清冽さが眩い一曲で、Bilalの清く流れるようなヴォーカルは小川のせせらぎのように澄んで美しい。Princeが完全に憑依したかのような「Astray」はBilalが制作で、このクラクラと目暈のしそうな紫煙のごときトラックの熱感が肝で、Bilalのつやつやと金色に耀くヴォーカルが曲線を描きながら鬱々と彷徨う感触がたまらない(鳥肌)。とっても埃っぽいソウルフルな極上スロウ「Never Be The Same」はConley "Tone" Whitfieldが制作を担当、往年ソウル曲を復刻しつつもどこかサイケで歪曲したエフェクトが組み込まれているのがちょっぴり異質な響き、Bilalの飴細工みたいな甘美で繊細なヴォーカルも優しく香っていて綺麗です。「Butterfly」は皆様お待ちかね、盟友Robert Glasperとの共演&共作、ほぼRobert Glasperのピアノ鍵盤のみのトラックは、凪の海のような眩さと静閑さで、空が静かに慈しむような奥行きがとってもドリーミー(幻覚)。Bilal制作の湿潤ファンクチューン「The Flow」も恰好良い、打ち込みビートといいHip Hop要素の強い一曲でスペイシーでソリッドな印象。そのまま時空間の歪みをすり抜けてトリップして戻るインスト「Outro」で幕を閉じる、もはや完璧なトリックアート(喝采)。最後に国内盤にはボーナス曲として、これまたPrinceみたいな変態ファルセットがトロトロと溢れ返る「Catch What I'm Throwing」が収録されているんですが、正直これも凄く良い(発狂)。Bilalの焦らすようにいやらしい、樹液みたいなオーガニックで甘いヴォーカルが艶っぽく溶けるナイスミッド。

本物の天才、聴いてただただ圧倒されるばかり(鳥肌)。僕がBilalを聴いてすぐと惚れ込んだ根底には、やはり僕の崇拝するPrinceに通ずる部分が有るからだと、本作を聴いてまた再認識しました。その(良い意味で)生々しくグロテスクな(あくまでも美術的意味で使っている)ソウルの感触は神の領域、現存するアーティストで最もPrinceに肉薄しているのはBilalだと思います(Andre 3000もいるけれど、彼は長らく作品を出せていない)。別にPrinceに肉薄しているから凄いという訳でなく、それだけの稀有な才能だと賞賛しているのです(礼賛)。Bilalはこの作品をして愛を紡ぎ、独自に“シュルレアリスムソウル”という音楽を確立してしまっています(唖然)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment