RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly「M.O. [Deluxe Edition]」
8ee10bdd0eca.jpg

Hip Hop史において中西部を一躍メジャーにした男、Nellyの通算七作目となる『M.O.』を御紹介。一時期はもはや的無し状態でヒットを連発していたNellyですが、最近の変遷激しいHip Hop界ではそう簡単にはいかない(苦悶)。前々作にあたる『Brass Knuckles』辺りからどうも雲行きが怪しくなり(それでもセールスでは最高全米三位を記録)、その後はNelly人気もほどよく沈静化しております。前作『5.0』(これは僕のお気に入り)から約三年ぶりとなる本作、一時期は負債を抱えている(筋肉増強剤の使い過ぎと揶揄されていたっけ)なんて噂もあったけれど、作品リリースの障壁になったりしていたのかな(憶測飛交)。
という訳で感想をザクザクと適度に書きます・・・・・・まずはPharrellが制作し、Nicki Minajと共に客演した先行シングル「Get Like Me」で幕開け。これがまあ、いかにも(良い意味で)The Neptunes焼き直し(いや、Pharrell単独制作だが)な(もっと言えばSnoop Dogg「Drop Like It's Hot」的)なポコスカ空気抜けるスカッスカなトラックが拍子抜けでカッコ良いという(笑)。そのポカホンタスなビートに任せて全員でシェイクして痙攣して囁いてフロウを滑らす、Nicki Minajも久々にナイス客演でケバさが際立っているし。Detailが制作したトロトロした光がまろやかに溶けるロマンチックメロウ「Give U Dat」は、完全にNellyの真骨頂で僕の大好物(垂涎)。光の屈折が織りなす虹彩シンセがクネクネと鼓膜に絡み、Nellyの甘酸っぱい強炭酸なフロウが射し込むんです。しかもここでは歌を得意とするFutureを客演の相方に起用、いつもの水素を含ませたヘロヘロなフロウで妖しく光っています。なんだか仲良しなT.I.とクールにはしゃぐ「Rick James」はPharrellが再び制作、それこそRick James丸だしな浮き立つベースとスペイシーでやらしい電子音の瞬きが煌めく痛快ファンクチューン、ここら辺のビート捌きはPharrell×Daft Punkにも通じるタッチ(?)。喘ぐような高音でシャウトするNellyが迸ってて熱いし、それを冷ます様にクールで尖ったT.I.のザクザクしたラップとの対比もカッコ良い(痺)。Outer LimitsとDetailが共同制作した「Heaven」では、英国出身の実力ある自白人ソウルシンガーDaleyが客演で参加。これまた清涼感たっぷりな澄んだメロディが、まるで無地の白シャツみたいなサラサラした感触でひらめく素敵な壮麗ミッドで、Nellyの幾重にも織った自演ハーモニーも最高に綺麗だし、Daleyの繊細で麗しい歌フックもグッド。またもやPharrellが制作した「Maryland, Massachusetts」はグラインドするNellyのフロウがエッヂー、土煙上げて走る感じが良い。Detail制作の「100K」では2 Chainzが客演参加、これはいかにもな仰々しいオペラ調のメロディに泥臭いバウンスを混ぜた南部製。久々にJ.U.S.T.I.C.E. LeagueとTwice as Niceが共同制作した「All Around The World」ではTrey Songzが客演参加、しかしJ.U.S.T.I.C.E. League関与の割にはソウルさは微塵もなく、驚く程に爽快なポップチューンでこれは拍子抜け。「IDGAF」は再びPharrell制作で。PharrellとT.I.が再登場客演した一曲。これはもうツッタツッタと叩く硬質な鼓笛隊ビートが弾けるマシンガンチューンで斬れ味抜群、意外性は皆無ながら全員の相性が良過ぎるってだけで突き進んでる感じ(笑)。The Co-CaptainsとRock Cityが共同制作した「U Know U Want To」は完璧Drake風味、キラキラと冷淡に透明度をグーンと上げて結晶化されたクリスタルシンセチューンで、Nellyがふんわりと冷気に近いやんわりフロウを浮遊させる感触もなかなか乙です。Rico LoveとDiego Aveが共同制作した「Walk Away」では、Florida Georgia Lineを客演に迎えたNellyお得意のカントリー勢との絡み曲。爽快で晴れ渡った青空にも似たまろやかで澄んだトラックも心地良いし、Nellyの紙飛行機みたいに軽やかでスーッと飛ぶフロウもナイスです。Soul UniqueとTricktheflowが共同制作した「Headphones」では、同じ名前を持つNelly Furtadoが客演参加。優雅で壮大なストリングスがスルスルと旋律を奏でる煌びやかなトラックは、清流ともいうべき透明度でミネラルたっぷりな有機栽培トラックで心地良い。こういうナチュラルで瑞々しい壮麗チューンはNellyが得意ですし、そこにNelly Furtadoが絡む事でより一層と自然味溢れるオーガニック曲に昇華されております(雄大)。とここまでが本編の内容で、ここからは豪華盤のみの追加収録となっておりまして。まずは、まさかの本作からの先行シングル「Hey Porsche」がボーナス扱いで驚き。DJ Frank Eが制作した晴天ポップチューンは爽快で単純に心も踊り楽しくなってしまうアッパーで、常夏に海沿いをドライブしながら大音量で流したい陽気な一曲、これをなんもためらいもなく(そして違和感もなく)Nellyのメロディセンスにはやっぱり脱帽。0John"$K" McGeeが制作を担当した「My Chick Better」ではFabolousとWiz Khalifaが揃って客演、夜風みたいにヒンヤリ冷たい電子音が霧のように浸食するクールミッドで、全員の息もバッチリ合っていてナイス。NellyとSAGが共同制作した「Ciroc & Simply」ではYo Gottiが客演、この組み合わせは(キラキラと気泡を立てるシャンパンみたいな黄金色の電子トラックも含め)かなりレア、ライトでポップなNellyと対比して、重たく沈むYo Gottiのドロっとしたラップが面白い。Pharrellがまたまた制作を担当した「Shake Whateva」はいかにもな浮遊感ある銀河シンセ、その中を自由にふわふわ遊泳するNellyの無重力なラップが気持ち良い。KmacとJared "face 49" Johnsonが共同制作した「Mos Focused」は、エフェクトを使ってユラユラ幻影を起こしながら蔓延するNellyの紫煙ラップがクール。

やっぱり僕はNellyの歌う様なフロウが大好物、みんながたとえ“もう古い”とそっぽを向いても、僕はNellyにハマってしまうんですよね(新鮮)。巷では“Drakeっぽい事するなよ”なんて落胆の声も聞きましたが(何処でだ)、僕から言わせればガッツリ歌っちゃってるのはNelly先行だし、それでもどんなトラックの乗っかってもNelly味になっているのが良いんじゃないか(贔屓)。ただ前作『5.0』には劣るかなー、同じようにメロディセンスを爆発させるなら、前回ぐらいに完全にメロメロメロウに歌い上げて欲しかった(欲求不満)。でもなんだかんだで好きなNelly、もっと重宝されても良さそうなのになー。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment