RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ace Hood「Trials & Tribulations [Deluxe Edition]
ace-hood-trial-tribulations.jpg

いつぞはDef Jam Recordingの隠れ人気キャラとまでいわれた(個人的見解)、Ace Hoodの通算四作目となる『Trials & Tribulations』を御紹介。元々はあの謎の人物DJ Khaledにフックアップされてシーンに登場したAce Hood、徐々にその人気を拡大していき、前作『Blood Sweat & Tears』は全米八位を獲得しました。なのでこのままDef Jamで頑張るかなと思っていたんですが、まさかのCash Moneyへ電撃移籍。まあ、長いドレッドヘアといい、どこかLil Wayneっぽい風貌ではあるんでしっくりくるのかな(かえってややこしい)。ただ水面下でしれーっと作品は定期的にリリースしているので(水面下もなにも、どれも売れているが)、やはり本国での人気はとっても高いのでしょうね。
ではザックリとですが内容に触れておきますね・・・・・・まずは表題曲となる「Trials & Tribulations」がThe Renegades制作曲、スリリングで金属製の響きで迫るハードコアなトラックに、唾飛ばしながら前傾姿勢でラップを衝突させるAce Hoodの気迫。Cardiakが制作を担当した「Another Statistic」はバスバスと空気を含ませ蹴り込む無骨なビートがキレキレでカッコ良く、Ace Hoodの落ち着き払った殺伐ラップも堂に入っていてまたカッコ良い。客演にMeek Millを招いた「Before The Rollie」はちょっと失速気味に感じるSonny Digitalが制作を担当、しかしSonny Digitalらしい水面模様の電子音がキラキラと光り、その背景で大聖堂的大袈裟メロディが巡る一曲。ただこういうシリアスギャングチックなギラギラチューンでは、Meek Millが活き活きしていて分が悪い気も。LEE ON THE BEATSが制作した「We Outchea」ではレーベルメイトとなったLil Wayneが客演参加、軋むように響く冷たくささくれ立った電子音と連続投下される爆弾ビートがアグレッシヴでクール。Ace HoodとLil Wayneの相性も抜群で、特にLil Wayneが登場した途端に静寂が訪れ、どこか被膜したメロウが漂う演出は巧い。「We Them Niggas」はBoi-1daが制作を担当、小雪の降る様な鍵盤音をバックに敷きながら、バウンバウンと大きく跳ねる太いビートを先頭にし、Ace Hoodが空間を作りながら拡張するラップがキュービックでナイス。Arthur McArthurが制作を担当した「The Come Up」ではまさかのAnthony Hamiltonが客演参加、儚くも鮮麗で煌びやかなピアノ鍵盤のループに、淡々とラップするAce Hoodとソウルフル且つ華麗に舞うAnthony Hamiltonのヴォーカルが素晴らしいコントラスト。B. Yewahなる人物が制作の「Rider」ではChris Brownが客演参加、光を屈折させて色めく氷結シンセで構築されたクリスタルメロウなトラックも素敵ですし、早口スピットしそれを幾重にもエフェクトして残像を魅せるAce Hoodのラップもクールで最高。そしてこういう零下で聴かせる霜テイストなChris Brownのヴォーカルの美しさ、これはもう文句つけられない(悔)。再びLEE ON THE BEATSが制作を担当した「Hope」は、昔のソウル曲の破片を薄く削ってそれを散らす様なメロディ感が美しく、それを時に幻想的に燻らせながらボツンボツンと重ためのビートで釘打つ感触もナイス。「Pray For Me」はまたもやSonny Digitalが制作を担当、相変わらずの殺伐冷血な厳ついシンセが突き刺さるスリラーな一曲。そして本作からの大ヒットとなったシングル曲が、Mike Will Made-Itが制作した「Bugatti」。Mike Will Made-Itらしい怪奇ホラー的なシンセが蠢くトラックに、Rick RossとFutureが参加というだけで鉄板ながら、ただ僕はそんなにハマらなかったという(苦笑)。「How I'm Raised」はBen Billion$ & Schifeが制作を担当、もはや現代Hip Hopの象徴である(意味不明)猛毒ガス蔓延系のトラックは窒息しそうなぐらいに聴き手を圧迫、その中でAce Hoodがユラユラと怪しく気体化エフェクトしたラップを忍ばせる感じがグッド。Gladys McFadden & The Loving Sisters「Bread Alone」を45回転早回しでサンプリングした、Streetrunnerが制作した「My Bible」は限りなくツボ。ドカッドカッと重たくキックするファンキーな咆哮アッパーは激渋で恰好良いし、こういうトラックでも無骨にハードにラップで鼓膜を砕いてくるAce Hoodはなかなかの強者かと。あの大御所Betty Wrightを客演に招き、エレガントソウルを極めてしまったじっとりメロウ「Mama」は、Ace Hoodの後見人であるDJ Khaledが制作を担当(!)。もともとこういうメロディの立ったセンチメンタルなトラックは巧いAce Hood、Barry Manilow「Sweet Life Mama Can You Hear Me」ネタ使いのトラックに、Betty Wrightのふくよかでディープな艶美ヴォーカルが舞うのもたまらないです(芳醇)。とここまでが本編の内容で、豪華盤には加えてボーナス曲が3曲収録。まずは大ヒット曲を更に強化補填した「Bugatti Remix」、Wiz KhalifaにT.I.にFrench Montanaに2 ChainzにBirdmanとかーなーり濃いめの客演陣(そして脂のノッている)が鉄壁のマイクリレーを披露。Young Chopが制作した「Fuck Da World」も、辻斬りばりのAce Hoodの早口スピッとが活きている一曲でクール。最後を締め括るのはCardiak制作の「Have Mercy」、まあこういった曲が続いてしまって飽き飽き感はちょっとアリかも。

Ace Hoodって僕の周りではあまり話題にならないんですが、なかなか良い味出している苦労人で応援はしております。ただ、前作に続いて本作もそうだけどちょっと硬派な部分が強調され過ぎている気がするんです。僕的には1st『Gutta』と2nd『Ruthless』ぐらいのメロウ配分多めなAce Hoodが好みだったりするので、次回はそういう曲を増やしてくれたらなー(願望)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment