RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Yo Gotti「I Am」
1385333671-yo-gotti-i-am-cover.jpg

MemphisはTennesseeの出身で幾つものMixTapeをドロップしている猛者、Yo Gottiのメジャー二作目となる『I Am』を御紹介。インディ界ではかなりの人気を博していたYo Gotti、それこそ客演を多くこなしながら着実に地盤を固めていた感はありましたね。前作『Live From The Kitchen』はセールスこそ伸びなかったらしいですが、それこそHip Hop愛好家の中では、なかなか愛された一枚となりましたっけ。それからYo Gottiは自身のレーベル“Cocaine Muzik(略してCMG)”が大手であるEpic Recordsとパートナー契約を結んだそう。その契約金額も数百万ドルなどと報じられていたから、やっぱりかなりの人気者なんでしょうね。
それでは無知なりにざっくりと気持ちだけで感想つらつら・・・・・・まずはCool & Dreが制作を担当し、Bunny Sigler「My Other Love」を激渋に濃厚サンプリングしたソウルフルな「I Am」で幕開け。ザラザラした砂塵テイストな加工を施した焦げ臭いメロウに、Yo Gottiの硝煙みたいにスモーキーなラップが燻し銀に光ります。Infamous制作の「Don't Come Around」では女性シンガーKendall Morganが客演参加、鈍色の輝きでおどろおどろしくも艶かしく蠢くシンセサイザーがクール。Yo Gottiの煙焔のようなラップがじわじわと鼓膜を焼き火傷を負うこと必至、だけれどKendall Morganの氷雨のように冷たいヴォーカルがそれをアイシングする感触。注目株であるRich Homie Quanが制作&客演で参加した「I Know」は、Club Nouveau「Why You Treat Me So Bad」をサンプリング。ダークで不穏なシンセがピチョンピチョンと滴り落ちるような響きで、その中でじっとりとした念仏フックを聴かせつつ、ゆっくりと絞め上げるようなYo Gottiの爬虫類チックなネッチリラップが耳にガッツリ残ります(中毒)。「Sorry」はGreedy Moneyが制作を担当、南部産らしいトラッピーなトラックに乗っかり紫煙のような怪しいラップを燻らすYo Gotti(幻覚)。再びInfamous制作でMillie Jackson「Phuck You Symphony」をサンプリングした「F-U」、声ネタをベトベトと貼付けつつもチープなループでテカテカしたセロハンシンセを重ねたトラックが中毒性高い(危険)。Yo Gottiの抑えめで焦げ臭いラップをオートチューンエフェクト掛けてヘロヘロさせるのも美味いし、客演でMeek Millが登場して厳つく攻撃的な機関銃ラップを聴かせるのもナイスアクセント。本作でもかーなーりーのお気に入りになっているのが、Masterpiece「Love Is What You Make It」をサンプリングしたThe Youngstars制作の「Pride To The Side」。色鮮やかに煌めき舞う鱗粉のようなメロディに乗せて、Yo Gottiのバッチリ濡れたサグいラップが鼓膜をしとやかに包み込むドラマチックな一曲で美しくたまりません(溺愛)。J. ColeとCanei Finchが揃って参加した「Cold Blood」は、そのCanei Finchが24-Carat Black「Poverty's Paradise」をこれまた渋くサンプリングして制作。しとしと降る雨のようにウェットなメロディが煙るように漂う感触がノスタルジックさを増幅させて格好良いし、この手のセピア色チューンにJ. Coleを配した時点で僕は即死状態でした(一撃)。しかしこういうストリングスが吹き荒ぶ燻し銀トラックで聴く、Yo Gottiの硝煙ラップが焦げ臭くも芳しくてエレガントで素晴らしい(惚)。この題名だけで興奮してしまうのは間違いない「Lebron James」は、最近よく名前を見かけるLee On The Beatsが制作を担当しております(脂乗)。これがヒンヤリ冷たいシンセが蔓延する感触と、怪物がガブガブと噛み砕くようなビートのつんざめきが病み付きにさせるホラーコアな一曲で、こういう暗澹としたドロドロトラックで聴くYo Gottiも恐ろしくカッコ良い(痺)。Da Honerable C.N.O.T.E.が制作を担当した「Die A Real Nigga」は、ヘロヘロと硫黄ガスみたく歪んで浸食する毒々しいエフェクトを施した一曲。Arthur McArthurが制作した「King Sh*t」では、一時期は最もキングに近かったT.I.が客演で参加(最近は客演多いし、それこそ客演の時の方が活き活きしている)。ピコピコポカポカと腑抜けたビートとは裏腹に、ザクザクズタズタに微塵切りよろしく切り刻む二人のラップが最高にホット、こういう鉄筋ビートのみで荒々しく突き進む感じはツボ(発狂)。Phatboizが制作した流麗メロウな「Respect That You Earn」では、Ne-YoとWaleというこれまた鉄板な客演が実現。なんというか雨で煙るような湿り気たっぷりな曲線メロウで切なくて綺麗、この三者の相性も意外と良くてすんなり聴けてしまうソフトパッケージ曲。Metro Boominが制作した「ION Want In」のグドグド感はやはり毒性強くてなかなか抜けない、こういうサウス丸出しも最近じゃあまり無い感じ(盛者必衰)。最後を飾るのはJeezyとYGという強力にして濃密なサグ人選が光る「Act Right」、P-Lo制作の野郎臭い掛け声と不穏な毒ガスシンセが蔓延するポツポツビートが限りなくイルですし、それを背景にこれまた三者三様の八つ裂きラップが深々と繰り広げられるというクールさ(凄惨)。

昨今のシーンにおいて、“いやいやもうRick Rossはいいから、Young Jeezy戻ってこないかなー”なんてぼやいているのは、きっと僕だけではないハズ(笑)。そういう僕みたいなリスナーの心にポカンと空いた穴を、バッチリ埋めてくれるのがこのYo Gottiですね(大抜擢)。ただ、なんなんだろう、完全なサウス仕様なのにどこか東海岸な空気感を醸し出している気がして、だからこそドハマりしている自分がいる気がします。トラックのピッチはさほど速くないので僕の苦手分野の筈なんですが、それを退屈と感じさせないYo Gottiの鉱物的な硬派ラップにヤラレっ放しな一枚で御座います(撃沈)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment