RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Raheem DeVaughn「A Place Called Love Land」
81Nh8zIX7aL_SL1500_.jpg

父親にJazz奏者であるAbdul Wadudを持つネオソウル寄りのシンガー、Raheem DeVaughnの通算四作目となる『A Place Called Love Land』を御紹介。アフリカ系アメリカンでムスリムだというRaheem DeVaughn、出す作品すべてに“Love”を織り交ぜ、その全作品が高評価されておりますね。2〜3年の間隔で作品をリリースしているし、客演も結構こなしていたりするので不在感もそれほどないんですよね。なんというか、このジャケットっチープすれすれな気もするんだけれど、ネオンな感じがイイ感じですよね。
それではすらりと感想だけ書かせて頂いて・・・・・・ピンクのモヤモヤと同時に出現して一気に誘惑し上げる「Interlude - Album Intro」はChristopher BarnesとIvan Bariasが共同制作、もうここで一気に官能的な気分が昂ります(笑)。Ivan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" HagginsのKarma Productionsが制作した「Love Connection」はサイバーでひんやりしたダークなトラックに、星雲みたくぼんやりと光を灯す電子音が点滅する感触がなんともスムージー、そしてRaheem DeVaughnの甘くも刺激的なヴォーカルがキュッと鼓膜を締めつける感じもナイス。ばきゅんばきゅんと撃ち込むヒューマンビートボックスがオールドスクールな雰囲気を醸し出す「Wrong Forever」もIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsが共同制作、埃っぽいビートをまき散らしながらも流線形のネオンシンセが妖しく揺らめく幻想チューンで、サーモグラフィみたいな色彩で暈けたコントラストを洩らすRaheem DeVaughnのヴォーカルはグッド。DeAndre "Dre King" Shaiferが制作の「Interlude - Don't Go」ではRaheem DeVaughnのカラメルで出来た細い線みたいな、甘く柔らかなファルセットがぶあっと洩れ出るセクシーな一曲。「Complicated」もIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsが共同制作、柔らかく繊細なギター弦をポロポロと爪弾き零す流麗なトラックに、まったりと溶けるRaheem DeVaughnのビターで甘美なヴォーカルがじんわりと鼓膜で溶けます(美味)。Jay Fenixが制作を担当した「In The Meantime」は古き良きソウルを再現したグルーヴィメロウな一曲で、シャウト気味に歌うソウルフルなRaheem DeVaughnもまたよろしい(惚直)。DeAndre "Dre King" Shaifer制作の「Interlude - Rebirth」はまるで一人EW&F状態で鮮烈、自身の歌声を幾重にも織り重ねて柔と剛を駆使する流星のようなハーモニーに思わずウットリ。Boogie Wizzardが制作を担当(ソングライトはあのNe-Yo)した「Ridiculous」は甘酸っぱくも切ない繊細メロウで正にCompoundサウンド、これが合わないかなと思いきやバッチリRaheem DeVaughnは乗りこなしていて、バキバキとトランスフォームするような鉄骨ビートに、カラフルな風船シンセがゆわゆわと浮かぶような反比例さがナイス。心なしかReheem DeVaughnの歌い口もNe-Yoっぽくなっている気がしますね、どこまでも舞い昇ってゆくような靄がかったこの魅惑のヴォーカル。モロにPrince主義なサイケデリックでいて気品溢れるソウルが滴っている「Pink Crush Velvet」は、まさかのMario Winansが制作を担当(Ryan Tobyがソングライトに関与)。この無重力空間でネットリと絡み合う男女の蜜愛みたいな滑らかさと悩ましさ、その蜜の合間を縫って熱を放出するエレキギターのグラインド、Raheem DeVaughnの仰け反って絶頂を迎える官能的ファルセットとすべてが神懸かりな美しさ(悶絶)。Dru HillのJazzが参加した「Interlude - Dear Love Queen」は、まさかのインタルード扱いでなんだか勿体無さ過ぎて辛い(大泣)。しかしそのままAdd VocalでJazzが参加している「Greatest Love」へと繋がるので許します、制作はMaurice "Mo Digga" Randolphが担当。ゆっくりトロトロと溶けてゆくメロディ展開といい、ヴォーカルアレンジといい、これは完璧に90年代R&Bを彷彿とさせるアダルトスムーズな一曲で耳馴染みが抜群で大好き。Adonisが制作した「Cry Baby」が醸し出す、雨で煙るようなブルージーなしっとり感も抜群にセクシーで、シーツの中でじっとりと滑らか甘美に絡み合う男女さながらの、Raheem DeVaughnとメロディの密着感と生温かな感触がたまりません(溺)。バウンバウンと微振動を起こしながらシンクロするシンセが綺麗な「Make A Baby」はRC WilliamsとJah Bornが共同制作、スクリューを効かせながらドロドロとした愛液を垂らすMiguelチックな影がちらつく「Make Em Like You」はDeAndre "Dre King" Shaiferが制作を担当。同じくDeAndre "Dre King" Shaiferが制作を担当したネオソウル感丸出しの小春日和ミッド「Interlude - Happy」からそのまま、エンディングを飾る「Maker Of Love」はもはや完璧なシームレス。Boney Jamesが制作&客演(Saxophone)したこの曲は勿論モロにJazzチューン、芳醇でほろ苦いワインレッドなトラックに溶け合うRaheem DeVaughnのヴォーカルで鼓膜がヒリヒリ灼けますね、シルキーでドレッシーでエレガントなスムースミッドで夜にピッタリなムーディー曲(溺愛)。

いやーーーーーーーー良いッ!なんというか、甘い密味、これぞ愛の醍醐味。なんといえばいいのか、まるで宇宙に浮かぶ遊園地みたいな、そんなサイバーでメルヘンな甘さが詰まった素敵な一枚で御座います(意味不明)。ネオソウルっぽさがあるように感じるんだけど、どこかPrinceっぽくも感じたりしたんだけどなー(執拗)。過小評価されているような気のする秀逸盤、意外と今年はこれを聴き込んだんですよねー。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment