RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pusha T「My Name Is My Name」
pusha-t-my-name-is-my-name.jpg

人気兄弟ラップデュオ、The Clipseの片割れであるPusha Tの記念すべきデビューアルバム『My Name Is My Name』を御紹介。The ClipseといえばThe Neptunesの後押しを受けデビューし、デビューアルバム『Lord Willin'』は特大ヒット。その後も通なファンには出す作品すべて高評価を得ているThe Clipse。とりわけこのPusha Tに関しては、グループを離れソロでの客演を多くこなしていて、“そのうちソロで活動しそうだなー”と心配していたら、案の定Kanye West率いるG.O.O.D. Muscと契約(まさかのStarTrak離脱)。Kanye West作品で悉く活躍しながらも、なかなか出なかったソロ作品はようやくリリースされましたね。このバーコードのみをあしらったジャケットがなんともインパクト大、この数字の羅列にはなにか意味があるのだろうか(勘繰)。
もうみんな持っているでしょうし今更ですが感想を・・・・・・まずはKanye WestとSebastian Sartorが共同制作した「King Push」でスタート、ヅタヅタと激しく切り裂くようなドラムスビートに悪魔的にこだまするエコーヴォーカル、その中で暗躍するPusha Tの怪しくも鋭いラップにゾクゾクしますね。Don CannonとKanye Westが共同制作(Add制作で88-Keys)し、サンプリングにBunny Sigler「Shake Your Booty」やLuke Vibert「Pots And Pans」をあしらった蠢きポコスカチューン「Numbers On The Board」は、中でもやはりJay-Z「Intro: A Million and One Questions / Rhyme No More」からの声ネタ引っぱりがどうしてもインパクト強烈で困る。ただこの単調で無機質な造りながらも、得体の知れない怪物が蠢きながらも迫り来るようなトラックのヒリヒリ感と、Pusha Tの淡々とラップを繰り出す感じが上手ーくリンクしていてやはり中毒性は高い。Swizz Beatzが制作(Add制作にKanye West)し、Chris Brownが客演参加した「Sweet Serenade」もビタビタと打ち付ける単調な怪奇現象ビートが濃霧のようにじわじわ広がる暗澹チューンで、Chris Brownの冷気みたいにスーッと響くフックも面白い。Kanye WestとHudson Mohawkが共同制作した「Hold On」は、オートチューンを使って霊魂みたくヘロヘロ漂うヴォーカルも面白いし、Duralcha「Ghet-To-Funk」を早回しっぽく下敷きにしたレトロと疾走感が入り混じるトラックもお気に入り。ただ僕はそこまでRick Ross客演には盛り上がれないという(苦笑)、Pusha T単独だったらもっと好きになったかもしれません。後見人であるPharrell Williamsが制作を担当した「Suicide」では、盟友Ab-Liva(The Clipseも所属するRe-Up Gangの一員)が客演参加という事でなんだかホッと落ち着く(笑)。ゴムが擦れるようなキュイキュイ音の連続に、ちょっとスカッと抜いたような二人のラップがプカプカと浮かぶ感触はいつものアレ。The-Dreamが客演した「40 Acres」は、そのTerius "The-Dream" NashとRico Beatsが共同で制作。静寂という膜の中で鼓動を打つようにミステリアスなエコービートが巡る退廃ドリーミーなトラックで、ゆらゆら幻影のようなPusha Tのラップもさることながら、やはりThe-Dreamの下手っぴキュート(褒言葉)なヴォーカルがかなり効いている一曲でグッド。JeezyとKevin Cossomというナイス過ぎる客演陣が華を添える「No Regrets」はHudson Mahawkが制作(Co制作にBobby "Beewirks" Yewah)が担当。暗闇で弾け飛ぶ火花のような鮮烈で尖った電子音&ビートの炸裂感は抜群に格好良く、Jeezy登場時にはダートで歪んだ曲線シンセに切り替える辺りも巧い演出、Kevin Cossomのダークでソリッドな歌声も怪しさ満点で恰好良い。The Robotboys「Audition」をサンプリングした「Let Me Love You」はPharrell手製だろうと思いきや、まさかのThe-Dream制作でちょっと意外。まるでThe Clipse仕事を念頭に置いたかのような電子鍵盤のチープな数珠繋ぎ感がいなたい、客演にKelly Rowlandを迎えるもちょっと勿体無い使い方の気がしますが(困惑)。Kanye WestがKwes「LGOYH」をサンプリングした地獄の煮沸ビートが彼らしいグロテスクさを呈している「Who I Am」では、2 ChainzとBig Seanというちょっと頼りない(個人的意見)が脇を固めております。Kanye WestとNottzが共同制作した「Nosetalgia」では、Bobby Bland「(If Loving You Is Wrong) I Don't Want To Be Right」をサンプリングしたモノクロチックな激渋ザクザクチューンを繰り出しており、これはかなりNottzの趣味が強いと僕は感じます。しかも客演には無敵状態のKendrick Lamarが参加、この曲の錆ついた感触といいザラザラしたトラックでかなり鉄板な出来映え。Kanye West制作(Co制作にNo I.D.、Additional InstrumentsにはJeff Bhasker)の「Pain」は、Kishmore Kumar「My Name Is Anthony Gonsalves」が使われている模様。いかにもKanye趣味な絢爛で大袈裟で大聖堂チックなトラックは敬遠したいけれど、ヘロヘロガス使いのFutureが客演フックしているんでなんだか聴いてしまうという(中毒)。最後を締め括るのはPharrell Williams制作の「S.N.I.T.C.H.」で、Pharrellのオートチューン使った嘗め上げるようなヴォーカルも味わいあって良いし、この殺伐として飄々とした感じにこそPusha Tの悪魔的なラップは映えると僕は思います。

勿論、The Clipse好きなのでPusha Tのソロも大好きですが、だからこそそんな本作には嵌らない僕がいまして。なんだか物足らないというか、そんなKnaye West経由のサウンドと相性良いと思わないんですが(堅物)。やっぱり好きな分だけ期待が異常に高かったというのもあるのでしょうが、やっぱりPusha Tはピコピコした電解質なビートに乗ってこそな気がします(阿呆)。とは言っても音楽系の年間ランキングでは軒並み上位にランクインしていますし、きっと僕が時代遅れなだけなんでしょうが、感性的にはあまり惹かれなかった気がします(鈍感)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment