RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
58位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

J. Cole「Born Sinner [Deluxe Edition]」
j-cole-born-sinner-deluxe-700x700.jpg

Jay Zに認められた若き猛者、J. Coleの通算二作目となる『Born Sinner』を御紹介。こんな年の暮れに書いているのもお恥ずかしい限りですが、勿論発売当時には速攻で買っております。たしか本作は、あの傑作と名高いKanye West『Yeezus』と同日発売された事でも話題になりましたっけ。本作の題名である“Born Sinner”は“生まれついての罪人”という意味であり、かのThe Notorious B.I.G.が名曲「Juicy」で使っていた単語を拝借しております。
まあ前置きはこれぐらいでいいでしょう・・・・・・まず本作は(Interludeを除いて)全曲の制作をJ. Coleが担当しており、そのラップスキルだけでなくトラックメイカーとしての才能もフルに発揮しております(鳥肌)。まずはそのBiggie「Juicy」からそのままパンチラインを拝借した「Villuminati」で幕開け、他にもこの曲ではR. Kelly「I Wish (Remix)」も使っているみたいですね。亡霊のようにすーっと揺らめくストリングスを敷きつつ、灼熱のボコボコ煮沸ビートをぶつけるトラックで聴き手の血は滾ります。そんな剣林弾雨なトラックの中で、辻斬りよろしくキレキレな神業ラップを繰り広げるJ. Coleはかなりの手練。「Land Of The Snakes」はOutKast「Da Art Of Storytellin', Pt. 1」をサンプリングしており、乾いた打ビートとふわふわに柔らかいシンセが明滅する感触が甘くドリーミーですんなり鼓膜に沁み込みます。J. Coleのアンストッパブルなラップも魅力たっぷりで、途中のTimbaland顔負けなボコボコ泥濘ジャングルビートへの転調も素晴らしく、最後までめまぐるしく変幻するトラックに心奪われます。Miguelを客演に招いた「Power Trip」ではHubert Laws「No More」をサンプリングし、曇ったオルガンっぽい鍵盤音が湿り気を帯びながら響き渡る感触がどこか悪魔的。冷たく凍てついたJ. Coleのラップが寒々したトラックの中でチクチク鼓膜に突き刺さる、どこか吹雪の中に放り込まれたような感覚、Miguelのグニャグニャと歪曲寸前な錯覚ヴォーカルも手伝って不思議な魅力が爆発しています。「Mo Money (Interlude)」はインタールードながらもJake Oneが制作していて要注目、アラビアチックな笛音っぽいシンセが煙たく燻るメロディは最高にイル。「Trouble」ではクワイアのコーラスが荘厳な雰囲気をぐっと強めていて、ゾワゾワと迫り来る濃霧のようなトラックにJ. Coleの鋭く真っ直ぐなラップが恐ろしく格好良い。「Runaway」は軸のビートパターンとトリップ感あるシンセの煌めきが美しく、艶美なトラックの上を華麗に滑り抜けるJ. Coleの柔らかなフロウが壮絶クール。「She Knows」ではAmber Coffmanが客演参加、ズバズバと突き刺さる乱数ビートの応酬の中で、Amber Coffmanのコケティッシュでフェアリーチックな歌声が遠くで響く事で均整がとれていますね。冒頭からの美しいハープの音色で一気に心を奪われる「Rich Niggaz」はTelepopmusik「Into Everything」をネタ使い、なんというか密林の奥深くに流れる清流のようなせせらぎメロディに、蛙の鳴き声みたいな音も響く辺りが、Aaliyahを手掛けた頃のTimbalandを彷彿とさせる滑らかマッドな美曲。マブダチでもあるKendrick Lamarを客演に招いた「Forbidden Fruit」では、Ronnie Foster「Mystic Brew」(というかこれはやはりATCQ「Electric Relaxation」を思い出さずにいられない訳で)を下敷きにしたジャジーでメロウでグルーヴィな一曲。このふわふわトロトロでありながらチクチクした棘のあるグルーヴは刺激的、Q-Tipに負けない湿潤滑らかなJ. Coleのラップのスナップもばっちり効いているし、Kendrick Lamarをフックで歌う程度にしか使わない事にもJ. Coleの意地を感じますね(対峙)。Just Blazeなんかがやりそうな90年代アプローチな「Chaining Day」は、Sly, Slick & Wicked「Sho' Nuff」を華やか朗らかにサンプリング。こういうトラックで柔らかな躍動感でマッタリとキメる事も出来るJ. Coleはやはりかなりの曲者、曲の終盤で急激にピッチを落としてゴシックなスクリュー仕立てにする辺りはJustin Timberlakeに倣ったかな(憶測)。機関銃ビートに感電シンセがビリビリと通電する高速チューン「Ain't That Some Shit (Interlude)」はSyienceが制作を担当、という訳でインタルードと言えども侮れない楽曲ばかりなのです。Co制作にEliteを配した「Crooked Smile」はなんとTLCが客演参加、電子鍵盤音がカラフルに飛び散るメルヘンでドラマチックなトラックはとってもキュート(Kanye Westの1stを思わせるクールなポップさ)、TLCっぽくないフックも当然素敵ですし、なんだかんだでビートを変幻自在にトランスフォームさせる出世魚サウンドで聴いていて飽きないのです(斬新)。本作の最重要曲と目されるのがやはりNasへの謝罪曲「Let Nas Down」、Fela Kuti「Gentleman」をサンプリングした円熟した滑らかホーンがトローリ溶け合う金色チューンは最高にド渋く、このトラック自体もNas好みしそうなものなので、そういうトラックメイクセンスも含めて最高水準のものを(つまりNasの期待に応えたい一心で)ぶつけたんでしょうね。最後を飾るのは@Fauntleroyが客演で参加した「Born Sinner」、ここでも艶っぽい曲線美で纏わりつくドレッシーな生音ホーントラックが最高にオシャレで、そこに滑らかシルキーな@Fauntleroyのヴォーカルが流れてより流麗に仕上がっております(上品)。まるで花弁がほろほろと散り落ちるような可憐なピアノ鍵盤は珈琲に溶けるミルクのように甘美で柔らか、繊細でドラマチックなJ. Coleのラップも抜群にスマートで潤いたっぷりにすべてを包み込む壮麗な一曲です(圧巻)。
とここまでが本編の内容で御座いまして、豪華盤にはもう一枚のボーナスディスクまで付いております(発狂)。まずはRue Royale「Flightline」をサンプリングした殺伐としてモノクロ調な「Miss America」、ザクザクとしたエッヂの効いた荒削りなトラックに乗っかるJ. Coleのタフでハードなラップが活き活き。「New York Times」ではまさかの50 Centが参加、加えてBasも参加していますがここは50 Centが格好良過ぎる。路地裏の喧騒と乾きを思わせる煙たくて冷たいトラックは最高にクールでビリビリ来る、そのうえ“New York”を掲げた曲で50 Centの虚ろに暈けたフックが不穏に響く感触は鳥肌モノで、最後に登場するBasも含めて本当に鉄壁で抜かりのない一曲に仕上がっております(一撃必殺)。The Whispers「Chocolate Girl」をサンプリングした「Is She Gon Pop」はキラキラと鳴り響く鱗粉のような電子音のひらめきが美しく、硬質なビートと共にシンクロして共鳴するJ. Coleのラップも最高。本当に最後を締め括るのは、The Chambers Brothers「So Tired」をサンプリングした(冒頭&端々でBiggie「Notorious Thugs」の一節を引用)「Niggaz Know」。感電させるぐらいの高圧ボルトでバチバチ明滅しながら、鮮麗クールなトラックの上を滑走するJ. Coleは神懸かりな格好良さで御座います(失神)。

Kanye West『Yeezus』にぶつけるだけあって、かなりの充実作で御座います(拍手)。本当にKanye Westとぶつけたり、その後に彼のボスであるJay Zが『MCHG』がすぐとリリースしてきたり(これは不可解だった)、なんて事が無ければもっと売れていたんじゃないかと勘繰ってしまう程の力作ですね。一部では過大評価されているとまで言われた本作、僕はかえって正当な高評価を受けるべき一枚だと叫びたいと思います。本年度のベストアルバムにも全然出てこない本作、全くもって僕には謎、J. Coleはもっと賞賛されていいと思いますが。良い意味ですんなり纏まった派手さのない一枚(だからこそ最近のリスナーにはつまらないと捉えられがち、特にKnaye Westを崇めるリスナーなんかには)、そういう意味では彼のボスであるJay Zよりも、Nasを愛するリスナーの方がJ. Coleを愛するだろうと思います。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

かなり前の記事にコメントして申し訳ないです、たまたま見つけて僕もどうしてもコメントしたくなりまして
この作品に関しては個人的に年間1位で本当に大好きな作品で、あまりにも話題になっていないので僕も不思議でした
Amazonさんのレビューなんかでは中々の高評価なんですがね…
jay-zやkanyeに比べれば知名度もないので評価が低くなるのは仕方ないのかなとは思います、しかしHIPHOP好きや90年代HIPHOP好きには受けが良いのではないかと思っております
他の作品を否定するつもりはないのですが、2013年のメジャー作品で一番HIPHOPらしかった素晴らしい作品だと思います。
戦闘民族岸和田人さん、コメント有り難う御座います!
そして、こんな遅く返してすみません。
このお返事を読んで頂けていたらいいのですが......

J. Cole、むしろHip Hop愛好家の中でも“Nas関連で少し株を上げ過ぎでは?”といった揶揄も聞かれて、結局はどこの年間ランキングでもそんな目立っていなかったですね。

Kendrick Lamarの出現もあって、ちょっとタイミングが悪かった気もしますが(毎度、Jay Zの采配が不味い気もしますが)、それでも僕の中でも堂々の結果で御座いました!

本当に王道な感触がたまりません!また、ご意見を交換できたら嬉しいです!

Leave a Comment