RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

K-Ci & JoJo「My Brother's Keeper」
yWLOT.jpg

伝説的R&Bグループ“Jodeci”のメンバーであり、実の兄弟でもあるベテランデュオ、K-Ci & JoJoの通算五作目となる『My Brother's Keeper』を御紹介。まあ、90年代R&Bを愛する人ならば知らない人はいない彼ら、しかしかなり長い間シーンでは活躍していませんでしたね(涙)。それこそ、K-Ciのソロ作『My Book』を挿みつつも(これがやはり秀作)ずっと音沙汰無しだった彼ら、まさかの約九年ぶりとなる新作がこの『My Brother's Keeper』で御座います。ジャケットに写るK-Ci & JoJoは、ルックスはあまり変わりがないようでなにより(安堵)。
それではザックリとですが感想を書き書きしておきます・・・・・・まずはK-Ciのあの熱いシャウトでじわじわとスタートする「Back Again (Interlude)」、制作はEarl R. Johnson Jr.が制作しております。怪物チックな声フックが印象的な爽やかクリアな軽やかミッド「Knock It Off」は、High Octayneが制作を担当。これがハンドクラップと流麗軽快なピアノ旋律の舞いに、二人の濃厚なヴォーカルが乗っかる事でなんともいえない重厚さが生まれたナイスミッドになっています。同じくHigh Octayneが制作を担当したピアノ鍵盤を軸にした煌びやかな軽量ミッド「Middle Of The Night」もオシャレで、シャンパンの気泡みたいに黄金色できめ細やかなメロディが柔らかく響き、二人のアルコール度数高めのフルーティなヴォーカルがほんのり酔わせてくれます。「My Brother's Keeper」はTrevin "Big Trev" Clark & David "MD" Alfordが共同制作、表題曲となるこの曲ではちょっぴり重たくシリアスなメロディで、濃密でドラマチックなヴォーカルの掛け合いを披露。PL Sweets & Roger "Mista Raja" Greene, Jr.が共同制作した「Say Hello To Goodbye」はアコースティックギターの切なく寂しげなメロディが胸を締めつける木枯らしバラードで、こういうモノクロ調の静かなトラックでも抑えてまろやかに歌い上げてしまう二人の力量にただただ感動。Eric "Vekz Madison" Fernandezが制作した「Somebody Please」はレトロ調な王道ソウルチューンでK-Ciの独壇場と化しています、ゆったりと穏やかに流れるポンワカポンワカしたメロディが色彩豊かに移りゆく感触がたまらなく雅。なんだか90年代的なスウィングが朧げにちらつく「What Goes Around」はAyinde "Cylla" Thomasが制作を担当しており、そういった感触を覚えるのは背景で鳴る硬質で無骨なドラムパターンでしょうかね(憶測)。それこそ昔のMary J. Bligeが歌いそうな艶っぽさと荒々しさが混在した不思議なアップで、K-Ci & JoJoの綺麗なんだけど咆哮に近いコーラスにバッチリはまっています(賛辞)。メランコリックなアコースティックギターの弦律が印象的な「Show & Proove」はRoger "Mista Raja" Greene, Jr.が制作を担当、少し遅れ気味に追いかけるフックが魅惑たっぷりで、哀愁漂うメロディが鼓膜にチクチク刺さりますね。キンコンカンと甲高く鳴るキラキラ音が美しくしとしと降る「Don't Ask, Don't Tell」はHigh Octayneが制作、ちょっぴりオーロラのようにグニャグニャと光彩を洩らし変形するような電子音のメロディが儚げで、二人の煌々と燃えるヴォーカルがじわじわと夜空を灼き尽くすような感触がたまらない。Christopher "C-Ray" Robertsが制作を担当した「Happily Ever After」は、堂々と展開する豪放なメロディがなんともK-Ci & JoJo節な気がしますね。しかし従来のK-Ci & JoJo節を最も色濃く踏襲していると思うのが、High Octayneが制作したスロウバラード「Lay You Down」ですね。キラキラと粉雪のように煌めく柔らかく甘いメロディが美しく、ディープでまろやかな二人の掛け合いがハートに沁みます。

この逞しくも麗しい兄弟愛、これが僕のR&B愛を再燃してくれました。懐かしいなあ、愛する90年代R&Bをグググッと思い出させてくれる一枚。特にこれといったキラーチューンも無いし、これまでの作品みたく威風堂々たる王道ラヴバラードがあったりもしないんですが(失礼)、小手先変化ぐらいの楽曲でも二人のヴォーカルが聴けるだけで満足は出来ます。Jodeciの再結成話も浮上してますし(沈没もしているけれど)、ここはJodeciの新作を待ちながら聴きたいと思っております。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment