RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Musiq Soulchild & Syleena Johnson「9ine」
DscD.jpg

R&B界でももはやベテランの域に達している手練、Musiq SoulchildとSyleena Johnsonが夢のタッグを組んで制作された『9ine』を御紹介。Musiq SoulchildもSyleena Johnsonも、それこそR&B愛好家の間では長ーく愛されている実力派シンガー、どういう縁でかこの二人が揃ってデュエットアルバムを創るという事で、R&Bフリークは色めき立った訳です。しかし、蓋を開けてみれば、ジャケットの背景にあしらわれたラスタカラーを見て分かるように、まさかのレゲエアルバムとなっていてガッカリで御座います(不意)。なので、レゲエを全く聴かない僕としてはあまり触手が動かなかったんですが、しかしそれでもこの二人が組んだんだから買わない訳にもいかず(笑)。
まあてな訳で守備範囲外ではありますが感想を・・・・・・本作ではレゲエ界では有名なジャマイカ系アメリカ人Producer、Kemar McGregorが全曲を制作しておりますね、ハイ存じ上げません。まずはカラフルで陽気な楽器音にポカポカ温かいメロディがまったりと流れゆく「Alright」でスタート、Musiq Soulchildは元より温暖化ヴォーカルだからこういうメロディに合うと分かるけれど、Syleena Johnsonのなかなかドスの効いた声はどうかと心配もしましたが、これが結構上手く混ざり合ってて驚き。ただMusiq Soulchildの歌声のマッチング具合の方が凄まじく、あっという間に常夏気分に突入してしまいます。「Feel The Fire」はゆらゆらと情熱的で官能的なメロディ上で、Syleena JohnsonとMusiq Soulchildのヴォーカルが微熱混じりに絡み合う熱帯夜チューンで最高グッド。Syleena Johnson単独曲となる「The Hunger」はちょっぴり熱を潜めてクールに転調させた、氷の入ったカクテルグラスの表面の結露に似たメロディが美しく、いつぞやのLauryn Hillを彷彿とさせるSyleena Johnsonの深みのあるビターなヴォーカルが素敵。これでもかってぐらいに明るく眩く突き抜けたピーカン(死語)チューン「Slow Love」はMusiq Soulchild単独曲、どこまでも伸び伸びと優しく歌っているMusiq Soulchildの虹架けるようなヴォーカルが燦々と美しいですね。Syleena Johnson単独曲の「So Big」のほんのり影がちらついて、トロトロと果実たっぷりなジュースみたいな円熟ヴォーカルが絡まるのもいと美し。ヴォーカルアレンジやらどこかエッヂが聴いて都会派なレゲエR&B曲に仕上がっている「Never Had」はMusiq Soulchild単独曲、Musiq Soulchildの悠々として飄々としているヴォーカルが南風のように心地良く吹き抜ける感触が、クールさと甘美の中間地点を創っていて聴き易く心地良いんです。ヤシの木越しに見つけるサンセットみたいな鮮やかなメロディが鮮烈な「Pieces Of You」、Musiq Soulchildの陽光みたいに温かなファルセットが心地良く響くトロピカルスロウ「Bring Me Down」と双方が単独でしっかり聴かせてくれます。最後を飾る「Promise」なんかもそうですが、やはり二人がソウルシンガーだという出自が隠しきれないR&B寄りな常夏レゲエチューンが満載で、最後のガッツリとレゲエに振り切った「Feel The Fire (Dancehall Stylee)」を聴けばそれは歴然としてしまいますね。

結果としては、思っていた以上になかなか聴き易くて、晴れた日にのんびり運転している時には(午前中限定)、けっこう車の中で垂れ流しで聴いていた面白い一枚で御座いました。結局はMusiq SoulchildとSyleena Johnsonの二人の歌声に愛着があるから、ちょっぴりR&Bっぽい気持ちで聴けた感もあるというのが本音。考えてみたら、小さい頃は母親が久保田利伸の『KUBOJAH』をずっと延々リピートでかけていて、その頃に味わった感触を思い出しつつ楽しんでいる僕がいました。まあ余談ではありますが、Snoop Lionのレゲエ盤よりはかなり良いと僕は思います(毒舌)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment