RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jhene Aiko「Sail Out」
jhene-aiko-sali-out-500x500.jpg

母親が日系アフリカ系アメリカ人という事で親近感の湧くシンガー、Jhene Aikoの記念すべきデビューEP『Sail Out』を御紹介。Jhene AikoはあのMila Jの妹という事でも知られていますが、そもそもMila Jって誰?状態の人も多いと思います。僕もMila Jと言われて思い出すのは、Omarion「Take It Off」で客演していたなという程度です(笑)。Jhene AikoはそのOmarionの実弟であるO'ryanとの間に娘を授かっておりますね、婚姻関係はちょっと不明ですが。Jhene Aikoが発表したミックステープ『sailing soul(s)』が好評を博し、その結果Def JamのNo I.D.に引っ張られ、彼のレーベルArtium Recordingsとの契約を勝ち取りました。デビューが待たれている中、先立ってEPをドロップしましたね。まずハッキリ言うと、僕はEP的なCDは買わない主義なんですが、ジャケットのJhene Aikoのプリケツに惹かれて購入しました(阿呆)。
てな訳でサクサクと適当な感想をつらつら・・・・・・まず本作の全曲を制作しているのはFisticuffs、No I.D.が全くノータッチなのはちょいと残念ではありますが。プクプクと暗く淀んだ深海に沈んでゆくような幻想を抱いてしまう「The Vapors」でスタート、客演にはVince Staplesが参加。この冷たくて影のある透明度を保ったミステリアスなメロディに、Jhene Aikoの細雪のように儚く弱いヴォーカルがひっそりしんしんとハートに降ります。アコースティックギターをぽろぽろと爪弾きながら、Kanye West的なワウワウ音をこだまさせる「Bed Peace」はChildish Gambinoが客演参加。キラキラ輝く水面のように煌めきを変化させて揺らめくメロディが心地良く、Jhene Aikoの水流にまかせて漂う花弁のような歌声がカワイイ。ぼんやりと光を洩らすような鉱石シンセが幻想的で美しいトロトロミッド「Stay Ready (What A Life)」の色香は半端なく、吐息混じりにフェロモンを放出するJhene Aikoのパフュームチックなフローラルヴォーカルが最高にエロい。しかも客演には無敵な利口者のKendrick Lamarが参加しており、あの宇宙人チックな静かに交信するような電気信号的正確なフロウを妖しく吹きかけます(酩酊)。ポタポタと滴り落ちる雫ビートがエコーと共に寄せて返す、潤いたっぷりなウェットミッド「WTH」ではAb-Soulが客演参加。Jhene Aikoのヴォーカルがあまりに無味無臭な天然水仕様なので、深層水みたく澄んで透明な流水メロディに完全に同化、そこにAb-Soulの斬れ味抜群なラップが入る事で急な鋭利さが生まれていて面白かったり。ピアノ鍵盤の切なく眩い音色は暗闇の中でフワフワと明滅するドリーミーな「The Worst」、蒼く冷たい清流に飲み込まれるような感触、途中で挿入されるJhene Aikoの無機質でクリアなラップヴォーカルなんかは女性版Drakeさながら。最後を飾るのはドカドカと打つビートがギトギトとした感触の「3:16 AM」、真夜中に襲う夢魔と戯れるようなポー的暗澹さが魅惑たっぷりでクール。最後にボーナス扱いで「Comfort Inn Ending (Freestyle)」が収録されていますね、これなんかもう本当にDrakeって感じだなー。

女性版Drakeといった趣は、『sailing soul(s)』の頃と変わりませんね。もっとハッキリ言うと、お金出して『Sail Out』を買うぐらいなら、無料で『sailing soul(s)』を聴いた方が良いと思います(暴露)。ザックリと言ってしまえば、どことなくAaliyah的な雰囲気のヴォーカルかなーといった感じ。ハッキリ言って好みがかなり分かれそうな気がしますね、特に深層心理としてR&B好きかSoul好きかってので分かれてしまう、心地良いと思うか物足りないと思うか。僕は......後者かな(笑)、たしかに綺麗だけど、もっと濁流に飲まれたいと欲する自分がいます(困惑)。でも日本人の血を引いているし、セクシーだし応援しております(結局)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment