RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay Sean「Neon」
71nbua7mdwl-_sl1500_.jpg

英国はロンドン出身でインド系移民の親を持つR&Bシンガー、Jay Seanの通算四作目となる『Neon』を御紹介。Jay Seanは同じくインド系英国人ProducerのRishi Richと活動を共にし、自身のレーベルJayded Recordsを設立した経緯も持つビジネスマン。UK圏内でアルバム二作をヒットさせそのまま米国へ進出、その時に契約したのがLil Wayne率いるCash Money Recordsだった訳です。足掛かりとしては大成功、Lil Wayneを招いたシングル「Down」も大ヒットしました。それこそ、このまま破竹の勢いでJay Seanもヒットを連発するかと思いきや、Cash Money自体が停滞気味でjay Seanも足踏み状態になっておりました。と言いつつも、前作『All Or Nothing』から約三年というスパンで届けられました。
でまあザックリした感想を懲りずに書くと・・・・・・まず、ほぼ全曲の制作を手掛けているのは、前作でもほぼ全曲を担当していたJ RemyとiLLevenの二人で御座います。という事でその二人が制作した楽曲から触れますね、スタートは妖しく艶めくネオンというより、青く晴れ上がった空のようにスッキリしたテイストの「Neon」。スッキリとしたクリアテイストで爽やかに歌い上げるJay Sean、これは夏空の下で聴きたいな。続く「Luckiest Man」はUKロックっぽいオーシャンビューな潤いたっぷりな味付けで、どこかColdplayっぽい絢爛華やかな透き通ったメロディの旋回が美しく、Jay Seanの淀みの無いヴォーカルにとってもお似合い。最近でいうBruno Mursっぽいピアノ鍵盤が跳ねる優しく胸キュンなミッド「Words」もキュートでロマンチック、ひらひらと翻るJay Seanの柔らかく眩いヴォーカルがキラキラ煌めいて綺麗、それこそちょっと以前のNe-Yo全盛期にも感じたキラメキを味わえます。どことなーくカリブな空気感も漂う爽やかが爆発するポカポカ陽気のミッド「Where You Are」、Jay Seanにとってはこういう炭酸味のトラックがツボなんでしょうね。と思わせておいて、Chiris Brownなんかが好んで遊泳しそうな彗星シンセがトロトロと瞬く極上スロウ「Mars」みたいな鉄板曲も周到に準備、ふわふわと漂うメロディの中で繊細かつ華麗に煌めくJay Seanのエロいファルセットがナイス、しかも客演にはこういうシルキーで柔らかなお上品トラックを得意とするRick Rossが援護射撃という鉄壁さ。風がふき吹き抜けるようなライトで滑らかなトラック運びが心地良い「Miss Popular」、現行のEDMをバッチリ取り入れて明滅シンセと共に光線のように滑降する「Close To You」と、Jay Seanがそつなくこなす楽曲が安定して続きます。バツンバツンと打つ硬質ビートが交錯するエレクトリカルな「Deep End」、切なげなピアノ鍵盤がキラキラと舞うNe-Yo憑依の淡いミッド「Worth I All」、オーケストラを配してボワボワとメロディが膨張しドリーミーな異空間へと誘う「Passenger Side」と、やはり小気味良く安定したセンスを披露。Ace Hoodを客演に招いたビコビコ光線がギラギラ輝くサイケなアッパー「All On Your Body」、はたまたBusta Rhymesを客演に招いた歪曲シンセがうねうねと鼓膜に絡んで離れないダーティサイケな「Break Of Dawn」と、きちんとアクセントも忘れてない辺りは流石かなと。最後を飾る「Sucka For You」なんかではまさかのレゲエでレイドバックという飛び道具、歌声に癖が無いからどれでもまあすんなりいくという強み。

なんというか懐かしい、それこそNe-YoとStarGateが猛威を揮った2005年代を彷彿とさせる甘酸っぱいサウンドの連続。R&Bかと言われたらそうでもなく、ポップって感じのノリでさらっと聴けます。顔の濃さとは反比例した清涼感のある歌声で、やはり女性ウケは良いのかもしれませんね(勘)。ただあまりにサラサラなもんですから、一度聴いてからここで記事を書くまで、ほとんど聴いていませんでした(笑)。毒にも薬にもならない、といったら失礼か(苦笑)。最近はYMCMB自体が衰退してきている気もするし、ちょっと雲行き怪しいかな。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment