RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Candice Glover「Music Speaks」
Candice-Glover-Music-Speaks-2014-1200x1200.jpg

大人気番組“American Idol”の第12シーズン優勝者である、Candice Gloverの記念すべきデビューアルバム『Music Speaks』を御紹介。まあ、大人気のオーディション番組で数多いる挑戦者の中から、たった一人の優勝者を決めデビューを勝ち取る、という図式だけ考えるシンデレラストーリーな気もします。しかし、このCandice Gloverは三度目の挑戦にしてようやく優勝を果たしたという苦労人、そのふくよかな体型に悩んでいた過去を持つとかなんとか。こちらでは全く放映されないから“American Idol”の凄さはそんな知りませんが、アメアイ出身者の実力はデビュー時からすでに折り紙付きである事は確か。
という訳で彼女の事はそんな知りませんが感想だけ・・・・・・まずは先行シングルとなった「Cried」がもう最強、制作をThe Underdogs(Co制作をAnt Taylor)が担当し、ソングライトにはJazmine Sullivanが参加という鉄壁のトラック。これがもうベッタリ過ぎな程の清廉ドリーミンバラードでたまらなくツボ(笑)、なにか映画の挿入歌かと思う程の壮大で奥深いピアノ美律は流石の出来映えで、それをふくよかに大らかに強く歌い上げるCandice Gloverもナイス。Rock City & The Co-Captainsが制作した「Die Without You」はBrandyなんかに通ずるクリアで瑞々しいアクアミッド、とても清冽なヴォーカルですーっと水を滑らすような歌声にウットリするウォータリークールな一曲。Rob Kleinerが制作したレトロでブルージーな「Same Kinda Man」なんかもCandice Gloverの女性らしいタフな歌声が活きる焦げ臭い一曲で、途中でLauryn Hill「Ex-Factor」の節回しが飛び出す辺りも聴いていて楽しくてグッド。ヒラヒラと花弁が舞い散るように鍵盤音がキラキラ鳴り降る「Damn」はRock City & The Co-Captainsが制作、ゴスペルっぽい旋律の中にもどこかKanye Westっぽいゴテゴテ音も裏で鳴らしていて、でもCandice Gloverの正統派な歌声でズッシリしっかり聴けてしまう一曲。ピアノ伴奏を軸にゆっくりと時が動き色めくのを感じさせる、とっても不思議で美しいスロウモーションチューン「Passenger」。これがまさかのMike Will Made-Itの制作(Co制作にP-Nasty)という事で彼の才能の振り幅に震えるばかり、静かにゆらゆらと深海へと沈んでゆくようなトロントロンとした感触のトラックに、深層水のように深く青く澄んだCandice Gloverの歌声がハートに沁み込みます(浸透)。「Forever That Man」はThe Jackie Boyzが制作を担当、これも極めて彼ららしいポップ寸前なR&Bチューンで、ヒリヒリ切なく痛いバラードで素敵なんです。どこかBee GeesとBrandyを掛け合わせたような(意味不明ではありますが直感的に)不思議な光の屈折で魅せるミッド「Kiss Me」は、Rock City & The Co-Captainsが制作。爪弾くギター弦に蜃気楼を混ぜ込んで妖しく揺らめくメロディ、まるで立ち昇るように香るCandice Gloverの妖艶なヴォーカル、どれをとっても巧く創られています。Shabba Ranks 「Ting-A-Ling」をばっちりサンプリングしたレゲエ風味な「In The Middle」はRob Kleiner制作(Vocal ProdにHarvey Mason, Jr.が関与)、こういうフレイヴァーをサックリ入れてしまう小憎らしい一面もあるんです(笑)。ギトギトな重厚スクリューを使いつつも、どこかポップでキュートなソウルチューンに仕立てた「Coulda Been Me」はRodney "Darkchild" Jerkinsが制作を担当(ソングライトにEstrer Dean)。Darkchildらしいかと言われれば否ですが、彼にしか出来ない怪物チックで奇天烈にエッヂのあるソウルチューンで愉快痛快。Dernst "D'Mile" Emile IIが制作した神々しく光り輝くゴスペル曲「Thank You」、The Jackie BoyzとAPEXが共同制作した儚く脆いSade的な悲哀バラード「Love Song」と、最後までじっくりとCandice Gloverの歌声を堪能出来ます。

良いですよー、新人のデビュー作ですがしっかりしていて聴き応えもある。ヴォーカルも勿論安定していますし、トラックもそんな偏りもばらつきも無く、すごくバランスに優れています(驚)。こんな見た目と経緯ですから、どこかゴスペルチックに力技で歌う壮大曲ばかりかと思いきや、かなり小技が効いたクールなR&B盤になっていて、それこそBrandy好きな方なんかにお薦めしたかったりする飛び道具な一枚です(誉)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment