RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ashanti「Braveheart」
ashanti-braveheart-official-cover.jpg

90年代を牽引したと言っても過言ではない歌姫の一人、Ashantiの通算五作目となる『Braveheart』を御紹介。その昔、Irv Gotti率いるMurder Inc.に所属、Ja Ruleとの二枚看板でガンガンとヒットを飛ばしていたのがAshanti。その親近感の湧くキュートなルックスと歌声で、Nellyをはじめとする(笑)男性陣を魅了しまくりました。しかし50 Centが台頭し、標的になったJa Ruleの人気が翳り始めたと同時にMurder Inc.も衰退。その余波は勿論Ashantiにも押し寄せた訳で、どんどん露出は少なくなってしまいました。それでも『Concrete Rose』『The Declaration』はきちんと上位&セールスを獲得、ただレーベル運営がままならず、本作は前作からおよそ六年ぶりでE1からの配給となりました。しかし本作も延期に次ぐ延期で、もう何年越しのリリースだからまさに前途多難です(苦笑)。
それではザックリと感想を書きますと・・・・・・まずはMista RajaとYusuf Sef Millzが共同制作した「Intro / Braveheart」でスタート、怪物チックにえぐみのある声フックにザザザザと細波立つシンセトラック、その上を小気味良く跳ねて滑るAshantiのフローラルなヴォーカル。Sharif "Reefa" Slaterが制作を担当した「Nowhere」は90年代っぽい流麗でちょっぴりレトロな雰囲気を醸し出すミッド、花吹雪みたいに香りと色彩豊かなピアノ鍵盤が舞うトラックには、花束みたいに色鮮やかで眩いAshantiのヴォーカルにもうピッタリで可愛い。こうやって聴くとAshantiもなかなかソウルフルな歌い回しの出来るシンガーで、Jazmine Sullivanなんかが歌っても良さそうな情感豊かでセピア色なトラックとの融合が印象的。同じくSharif "Reefa" Slaterが制作を担当した「Runaway」は、Hip HopとR&Bの融合時代を闊歩したAshantiらしいヘヴィーでソリッドでクールなミッド。ドスンドスンと深く蹴り込む鉄骨ビートに、鮮麗で斬れ味鋭いピアノメロディ、その空気の流れに沿って舞う蝶のようなAshantiの歌声が最高に艶っぽくて格好良いんです(痺)。「Count」はDetailが制作を担当したビキビキと眩く厳つい電光石火ミッド、エフェクト加工されたエレクトロニクスAshantiが閃光を放つも、彼女の魅力である柔らかさが損なわれている気がして惜しい気が。French Montanaが(元々彼も得意なのだろうが)完全にFuture化して周囲を漂う「Early In The Morning」は、まさかのDJ Clue(!)とE-Bass & Droneが共同制作を担当。これが朝靄の如きひんやりした冷たさと幻想感、そして潤い(というよりも滴りと濡れ)を帯びたメロディで、Ashantiの芳しい花の香りみたいなフワフワなヴォーカルにばっちりお似合いでグッド(昇天)。しかも、最近僕も聴き込んで再評価しているFrench Montanaが良いフロウで揺らめいてて、とってもドリーミーな演出に成功しています。「3 Words」では前作でも組んでいたL.T. Huttonが制作を担当、真夜中の暗夜と月光の対比に似た明暗シンセチューンに、Ashanti特有の透け透け感のあるシフォン声がトロトロと絡まる極上スロウです(骨抜)。Timothy Bullock制作の「Love Games」では、客演には僕が思うに潜在能力が半端ないであろうトリッキーシンガーJeremihが参加しております(興奮)。これがもう咽び上げるような熱帯夜な蒸し蒸しシンセがエコーするセクシー曲で、そんな熱気ムンムンの中でAshantiとJeremihがエロく甘美にトローリ絡み合うのが極上の美しさ(溜息)。こういうスロウダウンした粘度の高い艶美スロウはAshantiの十八番、蜜のように甘くネットリした歌声にもう中毒を起こしてしまいます。またもやL.T. Huttonが制作を担当した「Scars」も冷たく眩く瞬く鉱石チックな輝きシンセが美しいクールミッドで、そんな洩れる光に照らされたAshantiの艶やかなヴォーカルが描く曲線がまた麗しいんです。Mansur Zafrが制作した「Never Should Have」は純白系の壮大なバラードで、Leona Lewisなんかが歌いそうな純潔が際立つ眩くて神々しい一曲。同じくMansur Zafrが制作の「She Can't」は陽光のように暖かで鮮やかな電子音がフワフワと波打つサーモチューンでこれまたキュート。「Don't Tell Me No」もMansur Zafrが制作を担当、ここでは誰か男性ヴォーカルの声がフックで聴こえるですが正体不明。真っ直ぐと閃光が煌めくようなキラキラと眩いトラック、Ashantiのちょっと張ったようなヴォーカルも珍しくてジンジンとハートが温まる一曲。Rick Rossを客演に迎えたL.T.Hutton制作の「I Got It」は、ダークソリッドで霧っぽく漂うキラキラなシンセが冷たく響くクールな一曲。Rick Rossの客演も良いんだけど、いっそここはJa Ruleで聴きたかった気も(懐古)。最後はTeetimus制作でジギザガなBeenie Manを客演に招いた「First Real Love」、完全にレゲエ風味なトラックとミルクカフェオレな歌声のAshantiの相性は悪くないけれど、本作の流れで考えると蛇足な気もします(笑)。

あれ?何故にBusta Rhymesを客演に招いた「The Woman You Love」は省かれているのかな(笑)。まあ、この先行シングルが思うように振るわなかったから、アルバムも延期を重ねたかもしれないから仕方ないか(そして何よりそんな気に入ってはなかった)。しかし、待たされただけあって、結構しっかりとAshantiの旨味を考えて創られたアルバムで気に入っております。前作『The Declaration』に比べるとだいぶ派手さや洗練度は落ちますが、なかなか聴き易く纏まっています。でもやっぱりProducerの7 Aureliusとの絡みが欲しかったなーと思います、Ashantiの旨味を最も理解しているのはやはり彼だと思う。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment