RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

R. Kelly「Black Panties」
r-kelly-black-panties-deluxe.jpg

R&B界の帝王にしてエロの覇王こと、R. Kellyの通算十二作目となる『Black Panties』を御紹介。このタイトルで普通にリリースに漕ぎ着ける事が出来るのは変態にして天才のR. Kellyのみ(笑)、一部では本当に黒下着を付属して販売されたというから凄い徹底ぶりです。ここ最近の二作『Love Letter』と『Write Me Back』で大真面目にソウルを歌い過ぎて、さぞかし鬱憤が溜まっていた事でしょう。この酒池肉林の肉のみって感じのジャケットがもう素晴らし過ぎる(羨)、一度でいいからこの真ん中で寝てみたいなー(阿呆)。
とまあくだらぬ話をそれでよしておいて・・・・・・全曲の制作には勿論R. Kelly自身が関与しておりますが、外部からのProducerも多く招いて共同制作している様ですね。まずはLudacrisを客演に招いた「Legs Shakin'」で幕開け、制作はLamar "Mars" Edmondsとの共同制作。シャンパーニュの泡のようにキメ細やかなメロディはするすると溶けゆくお洒落なミッドで、しっとりねっとりとクネクネ曲線を描いてメロディラインを滑るR. Kellyの華麗なヴォーカルは見事。Ludacrisの溜めてから連射するフロウも健在、渋く男らしくセクシーに曲を締めています。「Cookie」はWin & T. Newsome、Rahk(Timbaland周辺の人物のよう)、Destinとの共同制作。女性のアレをオレオクッキーに喩えつつ自分はクッキーモンスターだと唱える馬鹿なR. Kelly、ローで底辺をジワジワ這うようなスモッギーなトラックと共に妖艶かつ変態チックに迫ります。Dennis-Manuel PetersにDaniel Coriglie、Mario Bakovicとの共同制作となる「Throw This Money On You」のトロトロと揺らめく白濁ミルキーなメロウ感は最高に官能的ですし、熱気と湿り気を帯びてムワっと鼓膜にへばりつくR. Kellyの情熱的なヴォーカルがたまらなく興奮させられる(目眩)。Beat Mechanixとの共同制作の「Marry The Pussy」は下世話過ぎる中身とは裏腹に、ピチョンピチョンと滴る様な潤いビートにエコーをかけ、とってもフルーティで甘美なR. Kellyのヴォコーダー使いのヘロヘロヴォーカルが甘酸っぱく鳴るナイスミッド。再びDennis-Manuel PetersにDaniel Coriglie、Mario Bakovicとの共同制作の「You Deserve Better」でも蜃気楼ばりのヘロヘロゆらゆらエフェクトは全開、ネットリ粘っこい愛液メロウなトラックがジワジワと聴いて腰を砕くイルな一曲。Bigg Makkとの共同制作である柔らかソウルフルな昇天系スロウ「Genius」、自身を“セックスの天才”と嘯きながらフェザータッチのファルセットを交えつつ優しくまろやかに包み込むソフトエロなミッド。「All The Way」では最近グングン色気を増しているKelly RowlandとのKelly共演が実現、制作はDavid AnthonyとRich Niceとの共同。Kelly Rowlandを相手に下心丸出しなR. Kellyも、Kelly Rowlandの移り香みたく色っぽくて可憐なヴォーカルの誘惑で骨抜き状態、とにかくKelly Rowlandの甘美なウィスパーヴォイスでギンギン必至。だいぶ以前に発表されていた為に毛色が違い過ぎる(豪華盤行きと思っていた)「My Story」は2 Chainzが客演、Nineteen85との共同制作で悪くないんですがやはり流れがおかしい気が(困惑)。Darrick "Devyne" StephensとChristopherClarkとの共同制作である「Right Back」でもヘロヘロの微振動を起こすヴォーカルエフェクトを使いつつ、そのメロディ底辺にR. Kellyらしいゴシックで重厚なクラシック要素を感じる一曲だったり。完全に客演のJeezyが活きるトラックで煽る「Spend That」は、いまノリにノッているDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作を担当。Cardoとの共同制作の「Crazy Sex」はスペイシーで浮遊感のある無重力チューンで、めくるめくR. Kellyの繊細で艶っぽいヴォーカルにどんどん溺れるばかり。これぞR. Kelly節な歌劇ソウルを存分に堪能できる「Shut Up」は、Bogg Makkとの共同制作で、“90年代から現在に産まれた子供達は俺の曲のおかげで誕生したんだ♪”と言い切るR. Kellyのベッドチューンキングを自負するスロウ。とここまでが通常盤の内容で、国内盤には豪華盤の楽曲4曲にプラス2曲も追加しております。まずは全編を通して影響を受けていそうなFutureを客演に迎えた「Tear It Up」、Dennis-Manuel PetersにDaniel Coriglie、Mario Bakovicとの共同制作。ホロホロと崩れる角砂糖みたいな甘美メロウに、ふんわりフローラルなR. Kellyのパフュームファルセット、まやかしフロウで煙に巻くFutureと全て完璧に組み立ってます。勢いに乗るトリオMigosとJuicy Jを客演に迎えた濃いギラギラバウンスチューン「Show Ya Pussy」はDonnie Lyteと共同制作、これはもう完全に彼ら援護射撃が主役になっている一曲で面白い。Chef ToneとJohn "SK" McGeeとの共同制作の「Physical」は、R. Kellyお得意のリフレインに堂々とした伸びやかなヴォーカルが心地良く、トラックの持つ密着感とエコー具合が素晴らしくアンビエントな一曲。またまたDennis-Manuel PetersにDaniel Coriglie、Mario Bakovicと共同制作の「Every Position」は、ピアノ鍵盤を基調とした静寂とピロピロサイバー音を器用にコラージュした宇宙グルーヴィなスロウでグッド。宇宙遊泳みたくスリリング且つドリーミーな「Best At It」はDrumma Boyとの共同制作、唯一R. Kelly単独で制作した「Circles」は(内容こそ下品であれ)アコースティックギターの華麗な爪弾きに乗せ、官能的で艶っぽくいやらしいR. Kellyの隆々としたヴォーカルを堪能出来る素晴らしい極上スロウ。

思えばR. Kellyの出現時もAaron Hallの影響を色濃く受け、Public Announcementを引き連れたアルバムはGuyさながらで。そんな中でもどこかIsleyマナーでいて、仰々しく大袈裟なR&Bを展開し、一気にR&B界を席巻しフォロワーを多く産み、Producerとして多くの楽曲を紡いで。はたまたシカゴステッパーズを復活させトレンドを創り出した後、またその時勢に沿ってトレンドを巧く吸収しHip Hop色を濃くしたり、T-Painばりにヴォコーダーで遊んだり、60〜80'sのソウル復刻がシーンで起こればガッツリそのセンスをフル稼働して他を圧倒してみたり。本作ではそれこそ、いま流行りの耽美R&Bといえる片鱗を借り入れ、Futureばりに蜃気楼っぽいヴォーカルを披露したり。本当に七変化の巧い起用なProducerだなーと、つくづく面白いですね(笑)。ただ、僕は本作はそんな気に入ってもおらず、まあまあといった感じかな。やはり『12 Play』の続編的立ち位置と臨んで聴いたので(これは僕だけの勝手な解釈だったろうか)、ちょっと肩透かしを喰らった気分。でもね、やっぱりここまでエロさをフルスロットルされると単純に面白い、やっぱりR. Kellyこそ性の伝道師ですね。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment