RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
35位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

B.o.B「Underground Luxury」
bob-underground-luxury.jpg

T.I.率いるGrand Hustleの実質二番手を現在は担っている、B.o.Bの通算三作目となる『Underground Luxury』を御紹介。ギター片手にその歌う様なメロディアスなラップで一躍人気者となったB.o.B、そんな彼のヒット曲「Airplanes」を揶揄したTyler, the Creatorに対し、闘志剥き出しのラップで応戦するなど血気盛んな一面もあります。そんな尖った一面を押し出した(ように感じた)二作目『Strange Clouds』は、あまり人気のなかった様に思えましたが、その前作からたった一年という短いスパンで本作が登場しましたね。僕はポップで弾けたデビュー作『B.o.B Presents: The Adventure Of Bobby Ray』が大好きだったので、こうやって彼が活躍を続けるのは嬉しい限りです。
とまあ四方山話はもう必要ありませんので感想に・・・・・・まずはRock CityとCam Wallaceが共同制作した「All I Want」でスタート、ストリングスを基調としたまろやかで麗しいメロディにギュルギュルと強く擦るスクラッチ音がアクセント、そしてB.o.Bの早口フロウとザクザクしたパンピンフックが耳に残ります。B.o.BとGeoffro Causeが共同制作し、それより肝はCo制作にDJ Toompが参画している「One Day」が最高に素晴らしい。ドゥーンドゥーンと低く唸るバス音と、ひらひら舞い上がる花弁のように淡く清らかな鍵盤音のメロディ、レトロでざらついたトラック(一昔前のKanye West趣味)とともに柔らかく疾走するB.o.Bはかなりの曲者。B.o.Bが単独で制作した「Paper Route」はUKグライムの影響を色濃く受けた鋭角サイバートラック、B.o.Bの低空飛行で圧迫感を与えるステルスラップがクールに仄暗く響くダークチューン。Detailが制作を担当した「Ready」では売れっ子のFutureが客演参加、これはもう完全にFuture寄りなバイーンバイーンと上下にバウンスするヘヴィーな一曲で、速度を落としたB.o.Bと粘度の高いFutureのフロウがネットリと並走する感触が結構イルで好き。B.o.B制作の「Throwback」ではChris Brownが客演参加、バックで聴こえる女性の囁きコーラスが砂嵐みたく聴こえるトラックに、バキバキとへし折るB.o.BとChris Brownのラップがシンクロ。騒々しさの中にもやはりストリングスが効いていて、こういう単語ブツ切りなラップが好きな方にはたまらない。B.o.Bが制作の「Back Me Up」は暗澹の闇の中でぼんやり怪しい光が明滅するダークチューン、不穏にジワジワと繰り出すB.o.Bのラップで低温火傷は必至。「Coastline」はSoFlyとNuisが共同制作したポップロック寄りな一曲で、ぐあっと閃光を放ち咆哮するようなB.o.Bの歌フックがシャキーンと冴え渡ります。Boom Clap Bachelors「Andres Haender」をサンプリングした、M.I.A.っぽい曼荼羅サイバーポップな「Wide Open」はArthur McArthurが制作。客演のEster Deanも完全にM.I.A.化していて旨味は消えていなくもないですが(笑)、こういう隙間スカスカなチープトリップなトラックでも上手く乗っています。「Flymuthafucka」もB.o.Bが制作、結構こういうシリアスで壮麗なトラックをすんなり創ってしまう彼に驚き。いま脂のノッているDJ Mustardが制作した、懐かしのJuelz Santana発祥(?)のホイッスルチューン「Headband」、客演に2 Chainzも参加して二人でスカスカ曲でモッサリとラップを吹かしてダラダラと進行する感じは嫌いじゃない(笑)。Geoffro Causeが制作で、女性シンガーのProscillaが客演参加した純白系の薄氷ポップチューン「Jane Doe」も、メロディを持ったラップで飄々と駆け抜けるB.o.Bの独壇場で鮮麗でナイス。男性シンガーMike Freshの甘酸っぱく結晶化された明度の高い歌フックが印象的な「Cranberry Moonwalk」もB.o.B制作、こういうベコボコと凹んだ電子音を単純にベチベチと繋げた安っぽいトラックも作るんです。Jim JonshinとFinatik & Zacが共同制作した、いかにもB.o.Bらしい壮大ポップ系「Nobody Told Me」も彼の歌うフックがキラキラと輝いて綺麗。B.o.B制作でPlayboy Treが客演参加した、滑らかスペイシーな惑星ブルーチューン「Forever」。最後は売れっ子Mike Will Made-Itが制作で、T.I.とJuicy Jの骨太MC二人が揃って強力参加の「We Still In This Bitch」。これに関してはもうT.I.とJuicy Jが完全に喰っていますが、Hip Hopトラックとしてこれ程にギラギラ厳つい曲もそうそう無いので要注意。

僕は好きだなー、柔と剛のバランスが(B.o.B的に)とてもよく均れていて、彼らしい演出が盛り沢山でなかなか面白い。でもHip Hop愛好家は結構B.o.Bに厳しいみたいで、僕の周囲でも彼の作品の話題は全く出ません(悲哀)。確かに物足らない部分も大いにありますが、それでも彼らしい持ち味を取り戻したメロディの活きた一枚かと思います。何度も何度も聴いていると味が滲み出す、異色といえば異色かもしれないです。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment