RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kid Ink「My Own Lane」
c0549e085b9f11e3befd1218355484ff_8.jpg

もはや御馴染みとなったXXL誌の新人企画で2012年に選出されていた、Kid Inkの記念すべきデビューアルバム『My Own Lane』を御紹介。Kid Inkといえば10 Freshman Classでの選出も有名ですが、かのDJ Ill Will主宰のTha Alumni Music Groupと契約して、MixTapeを出して精力的に活動していましたね。とは言っても僕はそこまでMixTapeを聴き込まないので(持っているCD聴くだけでいっぱいいっぱい)、殆どこれが初対面となります。
という訳で僕の聴いた感想を雑に書いちゃいますと・・・・・・まずはThe Futuristicsが制作を担当した「Hello World」でスタート、これはMichael Maller & Muriel Baroty「Sweet Melodies」をサンプリングしたそれこそ渋甘な一曲。シュガーテイストで華美なトラックに、Kid Inkの子供っぽく無邪気なフロウが滑空します。「The Movement」は久々に登場のDanjaが制作を担当、まさかのEarth, Wind & Fire「Let Your Feelings Show」からホーンを切り取って継ぎ接ぎした暴発アッパーで最高にクール。Timbaland直系の泥臭さと脂ギッシュなバウンスを兼ね備えたファンキーチューンで、Kid Inkも頑張って火を吹きます。続く「Show Me」は売れっ子Dijon ""DJ Mustard" McFarlaneが制作し、Chris Brownが客演参加という現在の鉄板チューン。洞窟系の密閉暗闇サウンドにポタポタと滴る潤いたっぷりなシンセ、スカスカさせる事で太いグルーヴを生む奇怪アッパーはDJ Mustardの巧さ。しかもこういうトリッキーなバウンスチューンでのChris Brownのトランスフォーム系のロボ甘いヴォーカルは最強、Kid Inkとの相性も確かに抜群か。DZL制作の「Iz U Down」はTygaが客演参加、鋼鉄系の硬いバンギンチューンが厳つく光ります。冒頭の漏れ息で判るThe Runnersが制作の「We Just Came To Party」では、期待の若手本格派シンガーAugust Alsinaが客演で参加。ドロドロにぬかるんだビート&ピッチにスルスルと閃くメロディ、August Alsinaのサグくて濁りのあるヴォーカルが香ります。再びChris Brownと組んだ「Main Chick」は、同じくDijon ""DJ Mustard" McFarlane制作の「Show Me」の裏面曲ってだけで特筆することは無いです。DZLがまたもや制作した「No Option」ではKing Losが客演参加、Lil Wayneなんかがやればかまいたち起こして鼓膜を斬ってしまいそうなトラックで、Kid Inkではちょいとアルミニウムチックに軽くて物足らないも、King Losが面白く散弾していてグッド。Sham "Sak Pase" Joseph制作の「Murda」はスプラッターな飛沫飛ぶ低温ダークチューンがスリリングでとても良く、そこに絡んでくるネッチリ鼻声のPusha Tがかなり映えております。またまたDijon ""DJ Mustard" McFarlane制作の「Rollin'」は、先述した二曲の思い切り地続きで代わり映えは皆無。Arthur McArthurが制作の「Tattoo Of My Name」はR&B曲にしても気付かない、ねっとりとウェットなアンビエント寄りの一曲で、Kid Inkのフロウがからっと乾いているのが残念。SoFly & Niusが共同制作したソウルフルで華やか絢爛な「No Miracles」では、客演のElle Varnerが芳醇で気品溢れる肉厚なヴォーカルで華を添えていてそれが強い(衝撃)。しかもその後ろから勢いたっぷりなMGKが飛び出してスパッスパッと真空状態を作り出すラップをかますんで卒倒。Cardiakが制作した切なく甘酸っぱいロゼ色ミッド「I Don't Care」ではKid Inkのライトで甘いフロウが活き活き、しかしそれを上回るフルーティでフレッシュ絞り汁なMaejor Aliのヴォーカルが美味いという(笑)。最後を飾るのはNed Cameron & The Optimistが制作の「More Than A King」、途中からオールドスクールな硬質ドラムパターンに突っ込んだ途端にKid Inkのアルミボディなラップがキレキレに感じて一番クールなんです。

Kid Inkはちょっと軽過ぎる、というのが正直な僕の感想。何度も聴いているんだけど、ハッとさせられた事がまだ無いんですよねー(不思議)。英語が分からない僕からしたら(だから語る資格など無いのですが)、声やフロウに特徴が無いとスルーしてしまいます、Big Seanとかもそんな感じかな(辛口)。どうだろう、僕が歳をとっただけなのだろうか、若い子にはガンガン受けているみたい、エアプレイも凄いし。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment