RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Algebra Blessett「Recovery」
algebra_blessett_cover.jpg

R&Bフリークならば必ず知っているAlgebra Blessettの通算ニ作目となる『Recovery』を御紹介。Algebra Blessettといえば、かつてあのKedar Massenburgに認められ、彼のレーベルからデビューした経験を持つ実力派。そのデビュー盤『Purpose』の頃はAlgebra名義でしたし、そこまでヒットせず、しかも今から約8年前というんだから奇跡の復活です(嬉)。とは言っても、その後もAnthony DavidやEsperanza Spaldingの楽曲に参加するなど、細々とは活躍していたので消えてはいなかった訳です。本作はそのKedar Mussenburgの元は離れ、新たにE1からの配給となっております。
ではでは感想をちょこっと書かせて欲しいです・・・・・・まずはLTMoeが制作した「Exordium To Recovery」でしとやか華麗にスタート、ホーンやらストリングスやらキラキラ音をあしらったディズニー映画のBGMみたいな御伽サウンド。そして継ぎ目も無く“音の科学者クワメ♪”という日本語のアナウンスと共に始まる「Recovery」は、なんとあのKwame Hollandが制作を担当しているのです(狂喜乱舞)。ヒリヒリするように打ちつける硬質なビートに、煌びやかに鼓舞して疾走するエレガントソウルな一曲で、Mary J. BligeやJazmine Sullivanにも負けないドラマチックで力強いAlgebra Blessettのヴォーカルがズンズン鼓膜に響きます。引き続きKwame Hollandが制作した「Right Next To You」も、水たまりに跳ねる雨粒みたいな凛とした潤いを含んだ鍵盤音の弾くメロディが綺麗で、その中をAlgebra Blessettの艶やかな歌声が柔らかに駆け抜ける感触がたまらなく快感に近い(昇天寸前)。これまたピアノ鍵盤の木漏れ日みたいに優しく温かく降り注ぐ鍵盤音が美しいミッド「Nobody But You」は、まさかのShannon Sandersが制作を担当。それこそAlgebra Blessettの小鳥がさえずるように軽やかに、そしてキュートに歌うヴォーカルがばっちり似合ったハーモニー溢れる一曲。Brett Bakerが制作を担当した「Struggle To Be」では、112のQ Parkerが参加するという嬉しいコンボ技が炸裂。ちょっぴりレトロで綻びのあるまろやかクリーミーなソウルチューンがもう極上で、その中でゆっくりじっくりと焙煎されるAlgebra BlessettとQ Parkerのビタースウィートな歌声の溶け合いがもう魔法のように美味で鼓膜が溶けます(浄土)。けっこう線が細めでシルキーなAlgebra Blessettの歌声に合わせ、筋骨隆々な部分を抑えめにココア色に仕立てたQ Parkerの甘美ヴォーカルが技アリで御座います。LTMoe制作の「Augment To Recovery (Give My Heart A Chance)」もまるで70年代ソウルのレコードを聴いている様な、そんな懐かしくて和める淡いフローラルサウンドが満開で、Interlude扱いなのが本当に勿体無い(涙)。続く「Forever」は再びShannon Sandersが制作を担当、どこか悲劇的で冷たい響きを持ったバスの効いたモノクロ調のミッドで、雨が降るように冷たく濡れたAlgebra Blessettの鉛色のヴォーカルが胸にチクチク刺さります。「Writer's Block」はLTMoeの制作(Co制作にはB. Howard)で、Algebra Blessettの甘美で柔らかなヴォーカルがふんわり漂い流れ、ハンドクラップと引っ掻くように鳴るアコースティックギターの音色が切なく淡く滲んでとても綺麗です。黄金色に眩く輝くホーンのネットリした音色がとろける「Paper Heart」はKwame Hollandが制作を担当、とってもジャジーで艶っぽく芳しいメロディは流石のソウル感覚で素晴らしいの一言に尽きます(脱帽)。ガラス張りと夜空を融合させたような滑らかでツルツルした感触の極上スロウ、吐息に近いAlgebra Blessettのファルセットで骨抜きにされます(悶絶)。「Danger Zone」はLTMoeの制作曲でシャンシャン鳴るハイハットとベース弦の漆黒グルーヴがド渋く、Hip Hopトラックに流用しても良さそうなヒリヒリするミッド。またもやKwame Hollandが制作を担当した「Mystery」もホーンを多用した小春日和な温もりあるソウルフルなミッド、新緑の中をゆったりのんびり散歩するような、リラックスしたAlgebra Blessettのマイナスイオンみたいな歌声に癒されます。ブルージーな「Another Heartache」はLTMoe制作曲、真っ青な空にちぎれ雲がゆっくり流れるような、そんな長閑なスロウソウルでほっこり(安息)。美曲ながらもどこか刺々しく尖った氷結シンセ&ビートが張り付く「Better For Me」はKwame Holland制作、王道R&Bマナーをカッコ良くクールに研ぎ澄ましたトラックは彼女のライトでシャープな歌声に神マッチング。最後を締め括るのはなんと、Bryan-Michael Coxが制作した(彼の十八番の)ピアノバラード「I'll Be OK」、こういう泣きのバラードを創らせたらいまだにBryan-Michael Coxの右に出る者はいませんね(失神)。

いまさら僕が言うのも変ですが、本作は昔ながらのR&B愛好家にはやはり垂涎の一枚に仕上がっていると思います(堪能)。凛とした歌声は今もまだ健在で、、滑らかで麗しいソウルフルなトラックとの融合は正に美しいの一言に尽きます(溜息)。通なProducer陣も本当に粋で、思わず涙を零しそうになりました(特にKwameとの再会が嬉しかった)。現時点で、2014年発表のR&B盤の中で最も過小評価されている一枚の気がしてなりません(危惧)。なんだかんだでこういう品のある上質R&Bが好きな僕は、立派な三十路なのかもしれませんね。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment