RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Toni Braxton & Babyface「Love, Marriage & Divorce」
Love,marriagedivorce

奇跡の再会を果たし途轍もないタッグが実現、Toni BraxtonとBabyfaceのデュエットアルバム『Love, Marriage & Divorce』を御紹介。BabyfaceとL.A. Reidによって設立されたレーベル“LaFace”、そこから華々しくデビューしたのがToni Braxton。つまりToni Braxtonの音楽人生にBabyfaceあり、な訳で御座います。その後は袂を分かつも双方とも良好な関係は保ちつつ、それぞれに音楽活動を維持してゆきます。しかし、Toni Braxtonは病気を発症し仕事をセーブせざるを得なくなり、それによりキャンセルとなったツアーで多額の借金を抱えます。様々な困難に見舞われ音楽への情熱を失ったToni Braxtonは引退を考えるようになり、それを引き止めたのがBabyfceだった訳です(他にもAnita BakerやMissy Elliottも止めたらしい)。そうして生まれたのが本作『Love, Marriage & Divorce』、直訳で"恋愛、結婚、離婚”という愛のすべてをさらっと包括したタイトルになっております。本作は二人が新たに契約したMotown Recordsからのリリース、これもちょっとしたトピックな気がしますね。
それでは内容について触れてゆきますと・・・・・・本作の全曲を手掛けているのは勿論、Kenny "Babyface" Edmondsが担当しております、これだけでも僕は胸が熱いんです。あとはソングライトにDaryl SimmonsやAntonio Dixonといった、いわゆるBabyface一派が関与しているのも嬉しい限り。まずはトロトロとした低温のメロディのマーブルに溶け合う感触がスリリングな「Roller Coaster」、劫々と更けゆく夜に煌々と瞬く星雲を見るような、しとやかで滑らかなトラック。その上でじっくりじりじりと摩擦するToni BraxtonとBabyfaceのヴォーカルが、ヒリヒリしてたまりません。Marvin GayeマナーなファルセットでBabyfaceが冒頭から男性フェロモンを迸らせる「Sweat」、晴れ晴れとしたトラック上で二人がゴロゴロイチャイチャしながら戯れるような微笑ましいラヴソングにウットリ。ゆったりとスウィングしてグルーヴするこのメロディは限りなくMotownマナーな気がしますね、とにかくBabyfaceのふんわり香るようなファルセットがお似合いです。これぞToni Braxton x Babyfaceだと思わせる、悲劇的で凍てついたドラマチックなミッド「Hurt You」も素晴らしい。優しく柔らかいBabyfaceの歌声に、もう本当の夫婦喧嘩みたく噛み付くように覆い被さるToni Braxtonの猛々しい歌声の掛け合いが絶妙です(突刺)。これまたBabyface御得意のアコースティックギターをさらさらと爪弾き零す(ギター演奏は勿論Babyface)清廉なスロウ「Where Did We Go Wrong?」も昇天モノ、どこまでも無垢に、春風が吹き抜けるような柔らかさで流れる美しいメロディ(溜息)。「I Hope That You're Okay」はBabyfaceのソロ曲、まるでアクアリウムのような紺碧のメロディが漂うスッキリ爽やかトラックで、Babyfaceのスッキリと透き通った甘酸っぱいヴォーカルにぴったりマッチングした最高の一曲でグッド(心底)。続いてはToni Braxtonが一人で書き上げたソロ曲「I Wish」、とっても繊細で綺麗なピアノ鍵盤のメロディに乗せてToni Braxtonの艶っぽいアルトヴォイスによる恨み節が展開されます(落差)。これがもう神懸かり的に神々しくて素晴らしい、Toni Braxtonの深くて凛々しいヴォーカルをじっくり堪能出来る一曲です(胸打)。どことなく陽光の持つ温かさを共存させるレイドバックしたスロウ「Take It Back」はBob Marley趣味かな、そしてちょっとSade的な雰囲気をも醸し出すこの曲(SadeとToni Braxtonの歌声には相通ずるものがある気もずっとしている)は、夕暮れ時に海岸沿いをドライブする時に何気なく聴きたい一曲。二人のヴォーカルがゆっくりとシンクロ振動しながら共鳴する澄み切ったバラード「Reunited」、とってもシャイニーで眩くて心が徐々に浄化されてくるハートフルな一曲にウットリ(涙)。再びToni Braxtonのソロ曲となる「I'd Rather Be Broke」は、キラキラなシンセを散りばめた流麗トラックに、Toni Braxtonの夕陽に照り輝く波間のような色彩のエコーフックが寄せては引いてで鮮やか。ちょっぴり懐かしめのディスコ風味で仕立てたトラック「Heart Attack」は、街で一瞬見かけた昔の彼女が颯爽と軽やかに視界を横切ってゆく感触とリンクしたスピード感で面白い。これまたBabyface流のSade解釈なミステリアスでドラマチックなトラックが魅力たっぷりな「The D Word」、マイナーコードで寂しげに枯れた優しい歌声で吹き抜けてゆくBabyfaceの歌声がとても印象的で切ない(涙)。とここまでが本編の内容で、国内盤には加えて2曲のボーナストラックが収録されていまして。トロピカルで柔らかくダンサブルな舞曲「Let's Do It」、これはまあ確かにオマケっぽい一曲かな(失礼)。しかし、残る「One」はとーてーもー素晴らしいラヴバラードでお気に入り、それこそレースで繊細に刺繍されたウェディングドレスのように、純白純潔でキラキラと眩くて鮮烈な、そんな清らかで透き通ったメロディにただただ惚れ惚れするばかりです(昇天)。

Toni Braxtonの引退を止める為の手段としてとられたデュエット作品、僕にとっては本当に美味でこの上ない幸運で御座います。結果、本作はBillboardのR&Bチャートで堂々の第一位を獲得(これはBabyfaceにとっては24年ぶりのこと)、やはり僕だけでなくみんなが本作に相当な期待をしていた現れですね(感動)。とにかく二人のヴォーカルの息もピッタリで(BabufaceとToni Braxtonの男女逆転した高低差がまたグッド)、僕のこよなく愛する古き良き90年代R&Bを堪能する事が出来ました。特に最後の「One」なんかは、自分の結婚式で流したかったなーと思える素敵な一曲で大好きです、なので国内盤を薦めます(笑)。


スポンサーサイト

Comments

このアルバムのエンディング曲「The D word」をmy Blogでとりあげたのですが、同じ様にSADEの空気感を感じている方がいてうれしかったので、コメントさせて頂きました。

いいアルバムですよね。

こういうのがちゃんと評価されるUSAの音楽シーンは健全ですよね。
日本においても(こちらも含め)たくさんのすばらしいレビューがあがっていて嬉しく思いました。
Amberさん、コメント有り難う御座います!
そうですか、同じくSadeの雰囲気を感じ取られたのですね!
嬉しいです、そんな空気感が漂っていましたよねー!
90年代が青春の真っ只中の僕としては、このLaFace感が本当に垂涎モノでした。。。
でもまさかグラミー賞まで獲るとは・・・本当に嬉しい限りですね!
これからも音楽談義して頂ければ、と思います!

Leave a Comment