RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Schoolboy Q「Oxymoron」
Schoolboy-Q-oxymoron-cover-daughter.jpg

Kendrick Lamarを擁するレーベル“Top Dawg Entertainment”の一員として活躍するSchoolboy Qの通算三作目「Oxymoron」を御紹介。Schoolboy QはKendrick Lamar、Ab-Soul、Jay Rockらと共にBlack Hippyという(もはやスーパーが付きそうな)グループも構成しておりますね。これまでにも『Setbaks』や『Habits & Contradictions』(いずれも配信のみ、後者はここ日本でも正規プレス)といったMixTapeを発表し、メキメキと人気を獲得していたSchoolboy Q。という訳でこのデビュー作にはかなり長い期間を要した気もしますね、ちなみにこの通常盤でジャケットに写っているのは、Schoolboy Qの愛娘なんだとか。僕もジャケットデザイン的にはスキーマスクを被った豪華盤の方が好きなんですが、お金を出して豪華盤を買うまでの気にならなかったのでこちらを購入。
それではザックリ適当な感想を書きますと・・・・・・まずはNez & Rioが共同制作した「Gangsta」でスタート、朧げに砕け散るピアノ鍵盤のフレーズをのろのろとループさせた戦々恐々なトラックに、Schoolboy Qのガブガブした怪物チックなラップが斬りかかる一曲。Pharrell Williamsがいかにも彼らしいチープな電子音の歪みでトラック構築した「Los Awesome」なんかは、良いか悪いかは抜きにしてもPharrell Williams「Happy」よりもよっぽど彼らしい仕上がり(笑)。とにかくブイブイ鳴る電子音をギュイギュイと捻り合わせながら展開、ここではSchoolboy Qの仲間のJay Rockの轟々と突っ切るラップが聴き所。THCが制作を担当した「Collard Greens」ではKendrick Lamarが客演参加、シャキシャキと葉野菜みたいな味わいのトラックにピコピコと明滅する電子音、ビートとエコーで進行するだけにエイリアンフロウなKendrick Lamarが全てかっさらってしまっている気のする一曲。まさかの2 Chainzの客演参加で(コアなファンからは批判を受けた)「What They Want」はMike Will Made-Itが制作(Co制作をMarzと!)、これに関しては宇宙交信するようなシャアのかかったミステリアスな音色の輪廻感がたまらなくツボ、こういう音数少なくてゆらゆら零れる様なメロディも創れるとは。TDEお抱えのProducer、Sounwaveが制作した「Hoover Street」は僕は本作で最もリピートしているかも。どこかMos Defっぽいくぐもったザラザラなサウンドを、硬質なドラムスで叩き打ちながら繋げてゆく変態曲で、こういう地味で連綿としたトラックこそSchoolboy Qの怪物感や旨味が際立つ気がします。Swiff Dが制作した「Studio」ではBJ The Chicago Kidが客演参加、じんわりと霧がかかるようにひんやりミスティ。そんな靄々したトラックに輪郭ボケたSchoolboy Qの変速の効いたラップが鬼火のように漂い、BJ The Chicago Kidの妖しい魔力を秘めた黒魔術な歌フックが響く一曲。「Prescription / Oxymoron」はまたもやSounwaveが制作を担当、このSounwaveが良い仕事をしていてKanye Westっぽいスイッチングと悪魔崇拝な電子トラックでなかなか曲者。警報サイレンがどんどん窄んで消えゆくようなヘンテコサウンドが毒っぽい「The Purge」は、Tyler, the Creatorが制作を担当という事で納得の奇怪さ。そのTyler, the CreatorとなんとKuruptが客演参加している面白い一曲で、Pharrellの影響を色濃く受けるTylerらしいミニマルでスカスカなトラックはその蝕み感が面白い。Lord QuestがtHe Gary Burton「Las Vegas Tango」をサンプリングして制作した「Blind Treats」はRaekwonが客演参加、しかしこういう荒んだ粗目調の燻し銀曲ではRaekwonに分が有り過ぎでは(苦笑)。DJ Dahiが制作した「Hell Of A Night」でSchoolboy Qが魅せる流麗さと軽やかさには驚き、Kid Cudiなんかが巧く調理しそうなミクスチャー感覚も色濃い夜霧系のクールチューン。一聴してハイセンスだと痛感するチクチク刺さる鍵盤音がループするシリアスな「Break The Bank」は、The Alchemist(僕は東海岸寄りのサウンドの持ち主だと思う)がMan「Something Is Happening」をサンプリングした鈍色に光る一曲でグッド。最後はNez & Rioが制作した「Man Of The Year」で幕切れ、Chromatics「Cherry」を下敷きにしたナイトメアな暈けチューン。

と色々と書きましたが、英語を理解できない僕としてはフロウでしか判断出来ない訳で。そういう意味では、僕はSchoolboy Qにはさほど惹かれず、結果あまり再生数も伸びていない一枚。僕はTDEの中ではJay Rock推しなんですよね(笑)、続く刺客であるAb-Soulにも期待したいですね。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment