RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Shakira「Shakira」
shakira-album-artwork.jpg

コロンビア生まれのラテンポップシンガー、Shakiraの通算十作目となる『Shakira』を御紹介。言わずと知れたラテン圏から全米までヒットを飛ばすシンガーソングライター、最近ではFCバルセロナのGerard Piquéとの間に第一子を授かるなど(結婚はまだのよう)公私共に順調なShakira。そんなShakiraが活動を再開するにあたり、新たにマネージメント契約を結んだのが、あのJay Zが仕切るRoc Nationというのも僕的に大きなトピックでした。一時期は子供を生んで肌がたるんでしまって、Shakiraが落胆しているなんて噂もどこかで聞いた気がしますが(出所不明)、こうやってジャケットや内装を見る限り美しいままで嬉しい限り。この黒ブラでギター一本抱えている姿、たまりません(鼻息)。
それでは簡単に内容がどんなか書いてしまうと・・・・・・Shakiraは全曲の制作に関与、Album Producedとしてクレジットもされています。まずはRoc Nationのコネをフルに活かしてRihannaを引っ張り出した先行シングル「Can't Remember To Forget You」でスタート、制作はJohn HillとKid Harpoonとの共同制作です。ギラギラ照り返す燦々なメロディがホット過ぎるダンサブルチューンで、華麗に翻るShakiraの艶っぽく情熱的なヴォーカルと、挑発的で刺激たっぷりに弾けるRihannaのヴォーカルの掛け合いは思った以上に熱帯マッチしていてグッド。ジワジワと鼓膜を灼いてくれます、UV対策が必要なほどに。Steve Macとの共同制作となる「Empire」はShakiraの新境地を拓いていて僕の目下お気に入り、サボンのようにふんわり優雅に響くShakiraのブリッジでの歌声、そこから急転して激しく燃え上がる烈火のようなフックに一気に鼓膜を灼き尽くされる快感がたまりません(昇天)。しかしこの曲の持つテイストって奔放で型が無くてジャンルが分からない、このすべてを巻き上げて吹き飛ばすような強靭なエレガントさが痛快です。Adam MessingerとNasriとの共同制作である「You Don't Care About Me」でのネットリと絡み付くShakiraの官能的で熱く迸るヴォーカルが刺激的で、Rihanna経由で取り込んだと思しき空間グラインド系のジリジリ焦がす亜熱帯トラックがカッコ良い。Jennifer Lopez辺りが好んでやりそうな(元はShakiraの方が真っ当に持ち場としてた気がするけれど)、ピコピコ上擦る蛇腹シンセに乗せてラテンっ気を散らして発破するダンスチューン「Dare (La La La)」。制作にDr. LukeとJ2、Cirkutというなるほどな布陣を招いた血気盛んなアッパーも、Pitbulを招かないという選択で差別化に成功か(笑)。Adam MessingerとNasriが再び共同制作に関わった「Cut Me Deep」では、そのNasriがヴォーカルを務めるレゲエバンドMAGIC!が客演参加。この曲で擦れっ枯らしのブルージー声で啼けなかったWyclef Jeanはさぞかし悔しい事でしょう、つまりそのお約束なブルージーなレゲエ部分を彼らがキッチリ請け負っています(安定)。柔らかな木漏れ日みたく暖かなギターの爪弾きが心地良い「23」はbusbeeとの共同制作、こういうスロウもばっちりですね。そのままギターをかき鳴らしてカントリーっぽいテイストも滲ませて、キュートで鮮やかなShakiraの歌声が舞い散る「The One Thing」はAdam MessingerとNasriとの共同制作。Blake Sheltonを客演に招いて甘酸っぱく切なく歌い上げるミント風味のデュエット「Medecine」がたまらない、busbeeと綴ったこのスッキリ爽やかなトラック上で風が絡み合うように滑らかな二人のハーモニーがグッド。Greg Kurstinと共同制作した「Spotlight」の、熱い陽射しのように弾けるShakiraのヴォーカルも、ちょっぴり尖ったロックテイストな感覚も好き。busbeeと共にShakiraらしい大らかでオーガニックなスロウを紡いだ「Broken Record」も素敵、ほんわか和むあったかい一曲です。あとは毎度と同じく、ラテン語で歌い直した「Nunca Me Acuerdo De Olvidarte」「Loca Por Ti」がオマケ的に収録されております。

ラテン風味を滲ませながらも、巧くポップ要素を消化している本作はかなり聴き易いですね(安堵)。僕としては前作『The Sun Comes Out』があまり面白くなかった為に、今回はかなりハードルを下げて臨みましたが良かった。そういう意味では前々作にあたる『She Wolf』がエレクトロやR&Bをふんだんに取り入れていてクールだったので、Roc Nationももっとそっち方面で仕掛けてくれたら余計に楽しかったんですが(欲張)。でも本作のポップ加減は絶妙だった気がします、陽射しもどんどん強まるこれからのシーズンにとってもお薦め。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment