RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

YG「My Krazy Life」
yg-my-krazy-life-artwork.jpg

多くのスターを輩出するCompton出身の若きスター、YGの記念すべきメジャーデビューアルバム『My Krazy Life』を御紹介。YGという名前はそのまま安直に(失礼)“Young Gangsta”を略したものだそう、これもComptonならではでしょうか(憶測)。YGはDef Jamと契約を交わしたことでも話題になりましたが、本作はそのDef Jamと、Jeezy率いるCTE World、DJ Mustard率いるPushaz Inkからのリリースという形態の様ですね(曖昧)。
それではちょっくら聴いて感じたことをつらつら打ちますと・・・・・・まず本作の大半の楽曲を制作しているのは御存知、YGの盟友であるDijon "DJ Mustrad" McFarlaneで御座いますね。という訳でいま脂がのりにのっているDJ Mustardの制作したトラックから、さらさら触れてゆきます。まずはスカスカを基本にしながら、Compton出自らしい西海岸な電子音の上擦った曲線が面白い「BPT」から中毒性高い。「I Just Wanna Party」ではSchoolboy QとJay Rockが客演参加、こちらもDJ Mustardらしいスカスカでゴツゴツした荒削りビートをお見舞い、どちらかというと無機質で淡白なYGとSchoolboy Qより、剛力でハードコアなJay Rockが面白い。DJ Mustard自身が客演参加した「Left, Right」もドバドバと脈打つように溢れるシンセに乗っかり突っ込む、単調なだけに一度捕まるとやけに耳に残ってしまう一曲。そのまま音の引き算を最大限に駆使し、スカスカで無機質で淡白過ぎる浮遊シンセビートで滑走する「Bicken Back Being Bool」も、トラックの毒素がかなり強くて余計にYGのエアリーでサグいラップが映えてしまう不思議曲。「My Nigga」はJeezyとRich Homie Quanという嬉しい客演陣が脇を固め、それこそ鉱物チックな淡い輝きを放つミステリアスな洞窟トラックがかなりクール。そこでまたYgとJeezyにRich Homie Quanという、混ざり様のない不純物が残留するラップの掛け合いが面白かったり。Tha Dogg Pound「Let's Play House」をサンプリングしたピアノ鍵盤の華麗な舞い散りがラグジュアリな艶麗ミッド「Do It To Ya」では、このしっとり洒落たメロウ物でも柔らかに乗りこなす、YGのエアリーソフトなフロウ巧者っぷりが窺えてグッド。しかも客演参加の男性シンガーTeeFLiiの甘酸っぱくてまだ青く熟れていないヴォーカルも良い、こういうメロウ曲に結局弱い(笑)。「Who Do You Love?」ではDrakeが客演参加、こういう音数が少なくて割とフラットなトラックはラップモードのDrakeが得意とするところ。とここまでがDJ Mustardの制作した楽曲で、それ以外は違うProducerが手掛けております。まずはMikely Adamが制作した浮ついたシンセや鬼スクラッチ、トークボックスが絡まる異空間を彷徨う感触なスペイシーな「Meet The Flockers」。ここではTee Ceeを客演に迎え、共にどこかOutKastっぽい空間遊泳を織りなしまろやかな世界をじんわり広げます(浮)。B Wheezyが制作した「Me & My Bitch」では男性シンガーのTory Lanezが客演参加、切なく湿っぽく響くアコースティックギターの弦音も相俟ってかなりR&Bチックな一曲に。しかし、こういう滑らか柔かなスロウにも厳ついYGは物憂げに、まるで秋風か木枯らしのようなメロウさでエアリーをかまします。Ty Dolla $ignとChordzが共同制作した「Really Be (Smokin N Drinkin)」ではKendrick Lamarが客演参加、トーンダウンさせて霞ませたような西海岸仕込みなチープサウンド上で、かなり妙味なフロウを得意とするKendrick Lamarとも競り負けないYGはかなりの曲者かと思います。「1AM」は要注目のMetro Boomin'が制作を担当、ドロドロと重たくピッチの遅めのトラックでも、きっちり聴き手の鼓膜をもたれさせずに聴かせる巧さのある微睡んだYGに拍手を。最後を飾るTerrace Martin制作の金色のシャンパーニュミッド 「Sorry Momma」では、Ty Dolla $ignが客演参加して酔いの回るJazzyな歌い回しでオシャレにキメていてそれが素敵、ちょっぴり涙滲ます潤んだYGのラップも艶やかなホーンと溶け合って、最高に心地良いのです(千鳥足)。

この作品に関してはまず、DJ Mustardの創る一辺倒過ぎるサウンドを好きになれるかが大きな鍵です(笑)。それぐらいにDJ Mustard色が前面に出ているとは思います、しかしそれでYGのラップ巧者ぶりは聴き逃すには惜しい(絶叫)。結構、柔らかく鼓膜に馴染んで癖になります、TDEの面々を抑えて今年の最優秀新人賞の最有力じゃないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment