RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Mastermind」
rick-ross-mastermind-1393974000.jpg

元看守という特殊な経歴を持ちながらも、今なお人気と勢力を拡大し続けている、Rick Rossの通算六作目となる『Mastermind』を御紹介。Young Jeezyの後にDef Jamから華々しくデビューした後(彼はあのSlip-N-Slide Recordsの所属でもある)、自身のレーベル“Maybach Music”も設立。そのMaybach MusicからはWaleとMeek Millの二人がデビューし活躍、ビジネスマンとしての側面も目立ちつつあるRick Rossで御座います。しかし一番の成功者は無論、彼自身な訳でして、デビュー作『Port Of Miami』から一、二年間隔で作品を連発しどれもヒットさせております。客演にも引っ張りダコ、本当に業界内にも彼のファンが多いイメージですね。本作には通常盤と豪華盤の二通りがありまして、なんだかんだでRick Rossが嫌いじゃない僕は、一応は豪華盤が欲しかったんです。しかし、当初からこの通常盤のジャケットをいたく気に入っており、それで仕方なく通常盤を買いました(金銭的問題もありますが)。しかし、世間様では頭からカラフルな何かが弾け飛沫をあげる豪華盤のジャケットの方が人気の様でしたね。
とまあ四方山話はよしておくとして率直な感想を・・・・・・まずはBlack Metaphorが制作した(Add制作にはなんとSean "Puff Daddy" Combs!)、The Average White Band「Soul Searching」をサンプリングした神ソウルフルな「Rich Is Gangsta」でしとやかにスタート。これがほんのり渋く甘い滑らかでメルティな音色で、柔らかく響くドラムスとホーンの溶け合いの中で、高級毛皮のようなしっとり優美な耳障りのRick Rossの太めのフロウがやけにスマート。続いてはJ. Manifestが制作したMMGテイストの濃い重厚な鉄屑ヘヴィートラック「Drug Dealers Dream」、こういうのも別に嫌いじゃない。Diddyの激しい語りが所々に挿入される、The Notorious B.I.G.「You're Nobody (Til Somebody Kills You)」をべったりネタ使いした「Nobody」はDJ Enuff & Jiv Posが制作を担当。暗闇でバクバクと心臓が鼓動を打つような、ヒリヒリする程に危険で鮮烈な暗澹メロディにRick Rossの芳醇で濃厚なフロウはバッチリお似合い。ここで煙たくのらりくらりするフックを担当しているのはFrench Montanaでかなり良い味を出していますし、Background Vocalsで参加しているTeedra Mosesもやはりナイス隠し味。Omar Walker制作(Co制作にLeShawn RogersとWillie McNeal)の「The Devil Is A Lie」では、王者のJay Zが客演返しで参加。Gene Williams「Don't Let Your Love Fade Away」からべったり金色のホーン音を醸造して抽出し延々ループ、これがもう悪魔的な魅惑で脳内を駆け巡る恐ろしく格好良い一曲なんです(卒倒)。少し悪魔じみた上擦り気味のRick Rossのフックも最高にクレイジーですし、独特のリズムと音程で聴き手の首を刈り取ってしまうJay Zのキレキレなデーモンさながらなラップも最高です(失禁)。Sizzla「Solid As A Rock」をまんまネタ使いしながら、その当のSizzlaとMavadoを召還してしまった「Mafia Music III」はあのB!nkが制作を担当。このレゲエの灼熱で炸裂な音色の発破音を巧く混ぜ込みながら、どこかソウルフルで燻し銀なテイストを醸し出すトラックはB!nkならではの賜物ですし、これをキッチリ料理してこの流れで繰り出すRick Rossの度量が凄過ぎる。「War Ready」では近頃ビーフを解消したJeezyとの共演が実現、Mike Will Made-It制作のシリアスでどこかギャラクティカルなスロウバウンスチューンで、焦げた硝煙臭い二人の掛け合いが絶妙過ぎてこれまでの諍いが嘘のよう(笑)。Wu-Tang Clan「Shame On A Nigga」のラインをバッチリ使った「What A Shame」はSharif "Reefa" SlaterとHector "Stats" Marinが共同制作し、Lyn Collins「It Takes Two」をネタ使いしております。バフンバフンと空気を含んでキックする発破ドラムスの破裂に乗せて、Rick Rossのツヤツヤ黒塗りのラップが失速する心地良さ。久々に名前を見たScott Storchが制作を担当した(Add ProduceにPuff Daddy)「Supreme」は、Rose Royceのフルーティで柑橘系な電子音をフレッシュに散りばめた甘酸っぱいアップ。しかもそこにしれーっとKeith SweatがAdd Vocalで参加していて、あの滑らかで渋い歌声で華を添えているのが更にグッド。「Blk & Wht」はD. Richが制作を担当、黒煙のように渦巻くヘヴィーなトラックが硬派。The WeekndとJason "DaHeala" Quennevilleが共同制作(Add ProduceにPuff Daddy)した「In Vein」は、客演でThe Weekndが関わるもまるで主役状態でほぼ独壇場。しかしそれが成立してしまうRick Rossの重厚さと存在感、The Weekndらしい朧月夜なシャアがかったメロディでもそつなく乗りこなしています。あのBetty Wrightのソウルフルで熱さ迸る歌声でブルージーに幕を開ける「Sanctified」は、Kanye Westが制作(Co制作にはあのDijon "DJ Mustard" McFarlaneとMike Deanの二人)しており、いかにもKanye Westらしいゴテゴテでいて荘厳で前衛的なソウルチューンを爆発させております。この二人と絡むとなおさら薄味に感じてしまうBig Seanはさておき、Rick RossとKanye Westは面白く乗りこなしています。再びD. Richが制作した「Walkin' On Air」ではMeek Millが客演参加、Meek Millもやはり厳つくてゴツい良いラップを放ちますね。最後はRick Rossの盟友ともいえるJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作した「Thug Cry」、客演には最近めっきりおとなしいLil Wayneが参加。Souls Of Mischief「93 Til Infinity」をサンプリングした浮遊感のあるメタリックでスターダストなメロウ曲で、Lil Wayneの小刻みに小気味良く駆け抜けるラップが冴えていて嬉しい。

これまでずっと言われてはいたのですが、本作で初めてRick RossにNotorious B.I.G.の影を見ましたね(鳥肌)。それは何もBiggieをネタ使いした「Nobody」があったからという訳でもなく、その太く曇って湿り気のある声質や、気品ある重厚な毛皮のような手触りのフロウ、そして恐ろしくお似合いなソウル嗜好といいますか。きっとドラマを物語るのも得意なMCでしょうし、その語り口なんかもBiggieに通ずるのでしょうか(独言)。でもやはり大きいのは、あちこちで裏方として顔を出しているSean "Puff Daddy" Combsの存在があるから(そしてAll Mixesとして彼はクレジットされている)、そのサウンドプロダクションにあの頃のBiggieと似たものを感じるのが大きいか。しっかし恐ろしく良く出来た一枚、Rick Rossが映画のサントラ(インスパイアでもいい)を本気で創ったら、とてつもなく良いものが出来そうな予感。ド派手にやらずにシックにキメて、でも実際はかなり豪華というのが凄い、嗜好品認定の一枚。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment