RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ledisi「The Truth [Deluxe Edition]」
CS2417589-02A-BIG.jpg

通なR&Bファンには根強い人気を誇る、Ledisiの通算六作目となる『The Truth』を御紹介。それこそ八歳の頃からミュージカルに出演したり、Anibadeなるグループを結成して音楽活動を行ったりしていたというかなりのキャリアの持ち主。前作『Pieces Of Me』はその年のグラミーで二部門にノミネートされるなど、やっとこさ正当な評価を得始めた感のあるLedisiで御座います。最近ではかのPrinceの客演に招かれ「Ain't Gonna Miss U When U're Gone」に参加、これがもう最高にファンキーで痺れる一曲で、もう僕は完全な虜になっておりました。今作ではガラッと印象の違う攻めたルックスのジャケットになって驚き、どうして急にこんな胸元バックリ開けたのでしょうか。
まあそんな事より感想を書きますね・・・・・・まずはChuck Harmonyが制作(ソングライトにClaude Kelly)の「I Blame You」でフローラル且つ優雅に幕開け、Ledisiはパワー系のシンガーと思わせて(その容姿からの勝手な邪推)実はけっこうしとやかで抑揚あるヴォーカルで和やかなんです。いかにもChuck Harmonyらしい美旋律で滑らかに流れるエレガントソウルなタッチで、とっても品があります。Jerry "Wonda" DuplessisとChristopher "Drumma Boy" Gholsonという面白い組み合わせが化学反応起こす「Rock With You」、ブルブルと鳴るベース弦の響きにゾクゾクさせられるし、どことなくヒリヒリ辛口でアルコール度数の高いソウルチューンは彼ららしいエッヂのある一曲で、Ledisiのグイグイとしなって打ち破るソウルフルな歌声にノックアウト寸前。「That Good Good」はJon Jonが制作(Claud Kelly関与)、バシンバシンと叩き跳ねる打ビートにちょっぴり電流を流した刺激的なアッパーで、途中でレゲエっぽい節回しになったりなど変則も面白い。こういうバンバンと飛ぶメロディだと、Ledisiの芯のあるヴォーカルが鮮烈に鼓膜に響きますね。Joe C Ryan IIIなる人物が制作の「Lose Control」は、ゆったりと膜を張ったような繭玉メロウチューンでこれは最高にドリーミー、Ledisiの熟れ切ったヴォーカルから甘い蜜が滴るとってもフルーティなスロウでたまりません(骨抜)。Rex Rideoutが制作したスクラッチも織り交ぜたサンプリング風味な極上R&B「Like This」がめちゃくちゃカッコイイ、ふかふかな羽毛メロディにザクザクと刺さるビート、舞い上がる様に艶やかなLedisiの歌声とどれをとっても完璧な仕上がり。再びJon Jonが制作した「Anything」は光の波動を纏ったLedisiの神々しいヴォーカルが鮮麗に響く癒しのミッドで、もう眩過ぎて目を開けていられないぐらいのキラキラなR&B良曲。久々のDarhyl "Hey DJ" Camperが制作した極上レトロチューン「The Truth」も素晴らしく、曇ったソウルメロディに少し埃をかぶったようにきめ細かな煌めきも放つトラックで、トークボックスも繰り出しつつLedisiの華やかで甘美なファルセットも冴える一曲です。LedisiのJazz嗜好を美味く咀嚼したドラムンビートがカチカチと鼓動にハマる「Missy Doubt」、制作はRex Rideoutが担当しております。「88 Boxes」はお待ちかね、Ivan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsの黄金タッグが制作を担当。ちょっぴり焦げ臭い燻し銀なトラックはどことなくレゲエ風味で、咆哮して枯れるLedisiの歌い回しも哀愁たっぷりにジンジンと胸に響きます。Jerry "Wonda" Duplessisが制作した「Can't Help Who You Love」の柔らかにレイドバックする感じがまた素敵で、彼らしいどことなくスパイシーな熱波が漂い香ってくるミッド。とここまでが本編の内容で、ここからは豪華盤のみのボーナス収録曲が三曲あります。まずはJoe Ryan III制作のネオン発色なディスコチューン「Mine」、このピカピカと発光しながらの疾走感が気持ち良いんです。再びIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsが共同制作した「I Swear」は王道なモータウンソウル踏襲のスロウで、先述の彼ら制作曲よりも優秀。まるで百合の花がほころぶようにマッタリと甘く香るメロディ、どこまでもシルキーに優しく包み込むLedisiの芳醇なヴォーカルともう絶頂に達します(昇天)。Jon Jon制作の「Quick Fix」は乾いたパーカッションがパスパスと鼓膜に振動するエスニックソウルチューンで、この泥臭くぬかるんだドープなソウルチューンとLedisiの相性も抜群なネオソウル的一曲でグッド。

Prince参加曲が無かったのは残念ですが、やはり抜群の安定感でバッチリ聴かせてくれております。ずば抜けた曲というのは有りませんが、どれもが高水準でナイスな出来映え。ボーナス曲も仕上がりも充分に良いので、僕は豪華盤をお薦めしたいんですが。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment