RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
35位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Black Knights「Medieval Chamber」
black_knights_medieval_chamber.jpg

かのWu-tang Clan宗派であるRugged MonkとCrisis Tha Sharpshoorterのタッグ、Black Knightsの『Medieval Chamber』を御紹介。Black Knightsと言ったら僕の中で初出は、RZA監修のサントラ盤『Ghost Dog: The Way Of The Samurai』にて「Zip Code」なる楽曲で参加した曲ぐらい。それこそ最初はBlack Knightsの新作と聞いても、なんだか聞いた事ある気がする程度で思い出すのに時間かかりました(失礼)。ただWu-Tang宗派のMCに生温い輩はいないで、即購入を決意した次第です(単純)。しかも本作で注目すべきは、制作をかのJohn Fruscianteが取り仕切っているという点(驚愕)。John FruscianteといえばあのRed Hot Chili Peppersのギタリストであり、最近ではインディに活動の場を移して意欲的にソロ作を創り上げていますね。John FruscianteはそれこそRZA(言わずと知れたWu-Tang Clanの総帥的存在)とタッグを組んでEP『Letur-Lefr』を発表してましたね、それこそこれまでのロックに囚われない雑多な音を吸収している奇才でもあります。
長々と講釈を垂れるのはこの辺でやめておいて・・・・・・という事で制作は全曲をJohn Fruscianteが担当、彼のサウンドをガッツリ聴くのは初めて。まずは銃の引き金を引いてはぶっ放す様な音のループでスタートする「Drawbridge」、このトラック自体が三部構成になっていて全く違った展開を見せ見せ、ジワジワと光彩を洩らす流麗なトラックに、鋲鉄を打ち込んだハードなトラック。これぞオールドスクールなロック部分を繋ぎ合わせた「The Joust」も、気付けば電子鍵盤と硬質ドラムスを綺麗に編み上げたどこかサイケなトラックに昇華、Black Knightsの二人の辻斬りに近いラップの掛け合いも絶妙にクール。ドロドロと垂れ流す暗澹ギトギトな「Medieval Times」でさえもどこか麗しいのは、電子音の使い方と聖歌チックなコーラスがそうさせえるのでしょう。これだけピッチを落としたビートではラップも難しいでしょうが、武術の演舞のように華麗かつ鍛錬されたラップで秘孔を突くBlack Knightsはかなりの手練。ズバズバと打ち込む硬質なドラムスに脊椎をへし折られてしまう百裂脚みたいな「Trickfingers Playhouse」も、途中で挿入されるピコポコと点滅する電子音が特異でなんだか耳に残ってしまうんです。ソウル曲のサンプリングを使ったような「Sword In Stone」でもビヨビヨと曇った輝きで閃光を放つシンセの連なりが不可解にして魅惑たっぷり、その近未来と桃源郷が混じったような奇天烈なトラックの中で緩やかに舞うBlack Knightsの無骨なラップが最高。「Knighthood」では硬質ドラムパターンとピコピコなエレクトロビープ音上で、完全に残像を魅せるエフェクトのかかったラップが空を裂く。ボウンボウンと膨れ上がる泥ビートがドープな「Deja Vu」や、墨汁で描いたかのような柔らかさと暈け具合でラップが疾走する「Roundtable」と武闘派なトラックが連続。そういう意味では本作中でも最もストリートっぽい殺伐さと疾走感が溢れる、ドタドタ痛快な「Keys To The Chastiny」は聴いていて新鮮だったり。ラストは悪魔めいた音階のズレが面白い「Camelot」で〆、最後までダークさが残りますね。

なかなかカッコイイ、時折痙攣してしまうぐらいには恰好良いのです(痺)。それこそJohn FruscianteとBlack Knightsの相性は抜群で、もうちょっと雑食なサウンドになっているかと思いきや、結構オールドスクールでWu-Tangノリなトラックの連続で安心したような肩透かしのような(複雑)。あと気になるのがこの隠った様な曇りエフェクト、きっと狙っての事なんでしょうが(アングラ効果?)ちょっと聞き難いかなーと思いました。でも素直にカッコイイし、Hip Hop好きならばスルー厳禁だと思います。でもやっぱり、RZAサウンドで聴きたいかな?


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment