RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Roots「...And Then You Shoot Your Cousin」
the-roots-and-then-you-shoot-your-cousin-cover-art.jpg

Hip Hop界にて唯我独尊的な存在感を放つ大所帯グループ、The Rootsの通算十一作目となる『...And Then You Shoot Your Cousin』を御紹介。このアルバムタイトルはKRS-Oneの「Step Into A World」のリリック“They wind up shootin’ they cousin”をモチーフにしているのだそう、そして作品的にはどうやら前作(であり傑作である)『Undun』の地続きとなっている作品の模様です。この顔(The Rootsの面々?)をコラージュして創られたジャケットは、Romare Beardenなる芸術家によるもので、このジャケットからしてもはやThe Rootsの独特の世界観にグイグイ引き込まれている僕がいます(笑)。
さてさてちょっと薄味な感想を書かせてください・・・・・・全曲の制作は勿論、The Rootsの面々が行っております。まずは、あのNina Simoneの歌声をあしらったスムースでしとやかな「Theme From Middle Of The Night (2004 Digital Remaster)」で幕開け。そのまま荘厳で冷たいピアノ旋律に乗って滑り込む「Never」はPatty Crashなる女性シンガーが客演参加、コケティッシュでメルヘンなヴォーカルをプーンと香らせます。空間を歪めてドローリと漂うBlack Thoughtのラップが暗澹として輝き、暗雲が立ちこめるようにじわじわと黒いサウンドが渦巻きます。Modesty LycanとGreg Pornが客演で参加した「When The People Cheer」は、どこかクラシックの古典“エリーゼのために”から欠片を集めてひらひらとまぶしたかのような、繊細でいて細く棘のあるメロディが美しい一曲。盟友であるDice Rawが客演で参加した「Black Rock」の曇ったサウンドなんか最高に渋く、急にドガスカとブルースロックに転調する骨太で油ぎったサウンドが最高にホット。Blackrock「Blackrock Yeah, Yeah」をガッツリとループさせた溜めの効いたトラックが黒光り、?uestloveの叩き乱れるドラムスの息遣いが激しくてこれまたイル。引き続きDaice RawとGreg Pornが揃って客演したパイプオルガンっぽい鍵盤音がギラギラと輝きを放つ無骨な「Understand」もモノクロ調で格好良く、思わず土埃に目を霞めながら前のめりになって縦でノッてしまうエネルギー溢れる一曲。なんだか人形チックなメルヘンヴォーカルを蔓延させる、女性シンガーMercedes Martinezが客演参加した「The Coming」、すべてを切り裂きつんざくような激しいピアノ鍵盤とストリングスの響きで鼓膜を突き刺す一曲。再びDice RawとGreg Pornの二人が客演参加した「The Dark (Trinity)」の持つホロホロ崩れるようなメロディの溶け方が美しく退廃的、ピッチを落として確実に焼きつけてゆく三者のラップもド渋くて残像を魅せてくれる程。「The Unraveling」ではあのRaheem DeVaughnが客演で参加、遠くの方で鳴る雷鳴のようなくすんだ轟が聴こえる氷雨トラックに、Raheem DeVaughnの哀しく湿った歌声がじっとりと鼓膜を包んでしまうサッドチューン。語りかけるようなBlack Thoughtのラップは確かに威風堂々で素晴らしいし、時間軸を逆回しにしたようなミステリアスな感触が鳥肌モノ。そのままRaheem DeVaughnがヴォーカル参加したラスト曲「Tomorrow」の朗らかさ、春風のような温もりがすーっと吹き抜けるメロウな一曲。

成程、たしかに前作『Undun』で感じた黒く焦げ付いたようなカーボンテイストなトラックの連続で、短編映画を観終えたかのような気分を味わえる濃厚な一枚。ただなんだろう、前作よりは散漫で薄く感じたのは、音楽から離れた生活を一時的に送っていた僕のせいだろうか(疑問)。コンセプトが強過ぎてThe Rootsが霞んでしまった様な気のする本作、映画のスコアだったらば濃密と感じたかもしれません(我侭)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment