RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelis「Food」
kelis-food.jpg

その昔“Thunder Bitch“なる異名で畏れられた(?)、Kelisの通算六作目となる『Food』を御紹介。The Neptunesと共にR&B界に台頭したKelis、その後はThe Neptunesと袂を分かつも独自の道を切り拓いている才女でもあります。個人的にはThe Neptunesとの別離は相当悲しかったのですが(Nasとの離婚も悲しかった)、それでもこうやって作品をドロップしているんだから嬉しい限りです。料理学校に通ったりして(自身で料理本も出版していたっけ)、そんな料理好きな一面が反映されたのか、本作のタイトルはそのまま『Food』。しかも本作で特筆すべきは製作陣、あのTV On The RadioのDave Andrew Sitekが全曲で指揮を執っているのだから驚き。
さてさて中身はいったいどんなものか・・・・・・まずはKelisの愛息(でありNasの愛息でもある)Knight君の“ママがご飯を作ってくれたの♪”という台詞で始まる「Breakfast」、なんというかとってもほのぼのと温かく眩い金色のトラックでスタートから朗らか。Kelisの歌声も以前より彫りが深くなってより濃厚でいて柔らかに、それこそ本当に真っ白なテーブルクロスに乗った朝食達や淹れ立て珈琲の芳しさが香ってきます。ベリベリと爪弾く弦音の低いループとバリバリと弾けるホーンの高鳴りが気持ち良い「Jerk Ribs」、Kelisのブラック珈琲みたいな濃密でコクのあるヴォーカルがソウルフルに響くミッドファンクチューンで超クール。小鳥の羽ばたきのように軽やかに繊細に鳴る鍵盤音が美しい「Forever Me」、ただそんなトラックをよそにKelisのヴォーカルは空を駆けるように高く飛ぶ大鳥のように穏やかで壮大、すべてを飲み込んで包み込む大らかでエアリアルなソウルチューンでナイス。「Floyd」は逆転してじっとりと生演奏を濾過しながら熱を放出するスロウな一曲で、ネトネトと鼓膜に絡み付いてどんどんと糖度を増してくるKelisのハニーテイストな歌声にどっぷり浸かるしかありません(夢想)。チタチタと打つドラムスがブルージーさを醸し出す「Runnin'」は、Kelisの灼けたようなヴォーカルがなんだか目に滲みて、鈍色の空が降ってくるようなコントラストで迫ってくるドープな一曲。バンド演奏ならではの息遣いがジワジワと振動を伝える「Hooch」、まるでクライムムーヴィーを観ているかの様なスリルと冷徹と、モノトーンならではの鮮烈を味わえるなんとも燻し銀なラヴソングでヒリヒリした感触に(妄想)。昔のThe Neptunesと組んでいた頃のようなアーシーさがたまらなく良い「Cobbler」は、躍動感たっぷりに組まれたポコポコなアフリカンパーカッションと、Kelisの(喘ぐような)吐息混じりのヴォーカルが興奮モノで躯がウズウズ疼いてくるのを感じます(踊立)。個人的にKelisの新境地であり最も好きでリピートしているのが、純朴で清らかなカントリー風味の「Bless The Telephone」。Patrick Baileyの弾くアコースティックギターに乗せてAlekasemと優美に歌うデュエットで、せせらぎのように清らかな音色で鼓膜を洗い流してくれます(潔)。スパイシーでホットな「Friday Fish Fry」は低温火傷に注意な一曲で、咆哮するでもなく鼓膜をグリルしてしまうKelisのファンキーさが繰り出される一曲。なんとも劇画調な「Change」はそんな好きでもないんですが、ゆっくり闊歩するように進行する「Rumble」の長閑ソウル感は結構好きでまったりトローリと浸ってしまいます。曇天模様なグレイミッド「Biscuits N' Gravy」での湿気を含んだKelisのヴォーカル、聴いているうちに霧雨の中を彷徨い歩く様なドラマチックな気分に陥ります。最後を飾るのはKelis解釈なゴスペル曲「Dreamer」、なんだか意識が遠のくようでいて鮮明に景色が移ろうような、そんな不思議な感触で聴き手をフワフワと舞い上げてゆく麻酔ミッド(昇天)。
国内盤にはこれに加えて、BreachがRemixを手掛けた「Rumble (Breach Remix)」と、ライブ音源の「Rumble (Live)」「Biscuits N' Gravy (Live)」「Bless The Telephone (Live)」三曲が収録されたCDが付属されています(初回限定?)。ただ、本盤自体が生演奏を録音した作りな為に、そんなLive盤に違いはない気もしますが(笑)、それでもやはりファンとしては押さえておきたい素敵過ぎるオマケ音源ですね。

前作『Flesh Tone』は時代を先取り過ぎていて、それこそあと何年か後だったらもっと売れていたかもしれない不遇の一枚でした(個人的見解)。しかしこの『Food』は完全にバンド生演奏のという、これまでのKelisとは完全に逆行したサウンドながらも、なぜだかKelisらしいソウル盤に仕上がった意欲作で御座います。すっごく好きかと言われたら、今の所まだそんなにガッツリでは無いんです。ただ、聴いているうちに深みが増しているのは確か、あと僕は「Bless The Telephone」が綺麗過ぎて愛おしいです。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment