RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Think Like A Man Too (Music from and Inspired by the Film)」
Think-Like-a-Man-Too-Music-from-and-Inspired-by-the-Film-2014.png

R&B界の大御所姉御、Mary J. Bligeの通算十二作目となる『Think Like A Man Too (Music from and Inspired by the Film)』を御紹介。そうなんです、Mary J. Blige(以降はMJBで表記)の新作は(とは言ってももうだいぶ経つが)、大ヒット映画“Think Like A Man”の続編のサントラ盤を単独で仕切るという初の試み。普通に前作のサントラ盤も好きだったので、続編のサントラも期待はしていたのですが、まさかMJB仕切りでやっちゃうとは驚きでした。
それでは単純な感想をつらつらと・・・・・・まずはあのRodney ""Darkchild" Jerkinsが制作した「A Night To Remember」で滑らかにスタート、金色で丸みを帯びたホーンとベシベシと唸るベース音を編み込んだ、なんだか昔のEW&Fを彷彿とさせる懐かしいサイケファンク風味でグッド。そのRodney Jerkinsと、C. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashのコンビが合体した「Vegas Nights」はThe-Dreamが久々に表舞台に登場し客演参加。電子音をシャラシャラシャラと光らせてミント風味の軽快ファンクで突き抜けるトラック、MJBのヴォーカルも軽やかですし、相変わらずのヘタレ声で優男を気取る(どれも賛辞)The-Dreamのヴォーカルとの掛け合いも面白く疾走します。引き続きC. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashが共同制作した「Moment Of Love」もバンド演奏で絢爛煌びやかにダンスするシャンパンゴールドなソウルチューンで、少し低めに構えて響くベース弦に乗せてMJBのヴォーカルもスウィング。Pharrell Williamsが制作&客演で参加した「See That Boy Again」もベース弦の緩やかに描くカーヴィーなグルーヴと、チタチタと打ち込む細やかなハイハットがエッヂーさを醸し出す、いかにもPharrellらしいオールディーズの趣を理解した漆黒でクールな一曲。@Flippa123と@PapWanselと@TheAceFace69が共同で制作した、人の口音“だぶんびーぶんぶん♪“なビートボックスが敷き詰められたヘンテコグルーヴが奇怪で愉しい「Wonderful」は本作のアクセント。続く「Kiss And Make Up」も@Flippa123と@PapWanselと@TheAceFace69が共同制作、ジュワジュワーと沁み出る果汁の様に甘く滴るメロディが潤いたっぷり、そんなフルーティなドープメロウにMJBのドラマチックな歌声がシンクロして波動を放ちます。「Cargo」はC. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashが共同制作、Little Feat「Fool Yourself」をサンプリングしたヴィンテージ感も燻り立つ激渋ミッドで、カチカチと鳴るドラムスと共にエッヂー且つソリッドに迫る一曲でクール。LaShawn "@Bigshiz" Danielsが制作したSFチックな光ファイバー構築なサイバーミッド「Suitcase」、ちょっぴりスカスカスケルトンにしてバチバチとクラップ音を混ぜたイマドキな一曲。「I Want You」ではあのJerry "Wonda" Duplessisが制作を担当、なんだけど彼らしいエキゾチックさも無いし煙たくもない、つかみ所の無い一曲で無念。その鬱憤を払拭してくれるのが、Darhyl "Hey DJ" Camper Jr.が制作した、とってもミストラルで壮麗なひんやり夢想ミッド「Self Love」(痛点)。パワフルで骨太なMJBだからこそ、こういう霧がかったような甘美で艶やかなトラックとの融合が異様に心地良かったりします(夢魔)。またもやC. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashが共同制作の「Power Back」も、鍾乳洞チックな湿り気と暗鬱さが美しく漂う流動チューンでツボ、妖しくも眩い鬼火なシンセの薄い明滅もかなり癖になります。ちょっぴりレゲエ風味な焦げ臭い溜めの効いたトラックが中毒性の高い「All Fun And Games」なんかも、かなりメロディに隙間が空いていて難解な一曲でつんのめりながら聴いてしまう。こういうのよりは、同じC. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashの共同制作でも「Better」のスカスカ感の方が素直に乗れてしまう。ただこのトラックは恐ろしく奥の空間に電子音が追いやられてて、この密閉感がどこかブードゥーめいた暗澹ソウルフルさを醸し出していて面白かったり。最後を締め括るのもC. "Tricky" StewartとTerius "The-Dream" Nashが共同制作のゴスペル風味な煌めき燦々スロウ「Propose」、真っ白なウェディングドレスみたいに無垢で透明感のあるトラック&ヴォーカルで思わずウットリ(浄化作用)。

うーん、MJBの新作としては物足らない感が強いなー。なんだろう、さらーっとなぞった様な楽曲が多くて、あまりにもスムーズにサラサラ聴けてしまうんですよねー(困惑)。やはりMJBにはゴリゴリに吠えたり揺さぶったりする曲も歌って欲しいのが本音、やはり女王様には多く求めてしまいますね(宿命)。そういう意味では、種々雑多にいろんなスパイスの混ざった前作の方が、サントラ盤らしい面白さがいっぱいでした(固定観念)。でもきちんと聴き所はあるし、R&B好きならば絶対に無視しては後悔する一枚なのは確かです(結局)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment