RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Freddie Gibbs & Madlib「Pinata」
freddie-gibbs-madlib-pinata.jpg

XXL誌の人気企画“10 Freshmen”に2010年に選出されていたハードコアなMC、Freddie GibbsとMadlibがコラボした『Pinata』を御紹介。Freddie Gibbsから知っている範囲で触れると、まずはMixTape『The Miseducation of Freddie Gibbs』で名を馳せて、その後はあのYoung Jeezy率いるCTE Worldと契約。互いに焦げ臭いJeezyとの合流に僕はかなり興奮していたんですが、それも束の間あっという間に関係は悪化してFreddie GibbsはCTEを離脱してしまいましたね(涙)。Madlibに関してはもはや説明不要のベテラン、LAに拠点を置くインディレーベル“Stones Throw”から作品を幾つか輩出しながら、様々なアーティストと合体し刺激的な作品を作っている天才であります。そんな二人の蜜月は長い間続いていたのですが、ようやくフルのスタジオアルバムが完成した訳です(待焦)。
てな訳で今更ながらの感想をちょこっと書くと・・・・・・先述した通り、全曲の制作をMadlibが担当しております、これだけで安心永年保証といったところ。アフリカンなビートをあしらって「Supplier」でドス黒くうねってスタートし、そのまま曇って唸るベース弦と硬質ドラムパターンに乗って発射する「Scarface」でもう準備万端。ザクザクと食い込むスクラッチとぶった切られたホーンを繋ぎ合わせる、Freddie Gibbsのマッチョでいてしなやかなラップが鼓膜をベチンベチンと鞭打ちます。The Ledgends「A Fool For You」をサンプリングした「Deeper」では、キリキリと絞め上げるような金属的な金切りストリングスが印象的。破片的に聴こえるソウルフルなヴォーカルが絡んで極上の美しさ、タフなくせしてどこか物憂げなFreddie Gibbsのラップにどこか故Tupacを重ねてみたり。「High」では若手の中でもかなり奇天烈な部類に入るDanny Brownが客演参加、Freda Payne「I Get High (On Your Memory)」をサンプリングしたメロウなトラックは湯気が立ちこもる様に艶っぽくて潤いたっぷり。鉄骨強靭なラップで機関銃みたく撃ちまくるFreddie Gibbsとは対照的に、悪戯っぽいフロウで爛漫に場を掻き回すファニーでイルなDanny Brownの援護射撃も面白い。極甘メロウなシナモンソウルチューンでトローリ鼓膜を掴んで離さない「Harold's」での、Freddie Gibbsの柔らかに淡々とビートに乗せてラップを繰り出すスキルはもはや、痛みを感じない真空切りに近い。「Bomb」ではあのRaekwonが客演参加、氷の結晶みたく冷たくも透き通った繊細なメロディだからこそ、どこか刺々しくエグイFreddie GibbsとRaekwonの氷点下ラップが活きますね(突)。黒煙のように重厚で灼熱なFreddie Gibbsの焦げ臭いラップが鼓膜に焼き付く「Shitsville」、アジアンテイストな琴っぽい音色が湿っぽく響くオリエンテッドなミッド「Thuggin'」も極めて雅。重低音がバッチリ効いたバズーカビートでズシンズシンとボディブローなラップをぶつけるハードな「Real」、万華鏡のように煌びやかなメロディが旋回するドリーミーな「Uno」。Domo GenesisとEarl Sweatshirtという若手の中でもかなり瞑想型なMCが揃って客演した「Robes」は、The Deele(BabyfaceとL.A. Reidが在籍したグループ)「Two Occasions」をサンプリングしたシュガーテイストな(甘い甘い白い粉)トラックが中毒性抜群でじわじわ体に回って麻痺してしまいます。この三者って合うのか心配でしたが無用、全員がネットリと蜜な催眠ラップでボワンボワンと意識を朦朧とさせてくれます(昏倒)。「Broken」ではあの南の首領ことScarfaceと夢の共演が実現、Isaac Hayes「Wherever You Are」を延々ループした螺旋系の酩酊メロウでは、Scarfaceの牡丹雪ラップが目に滲みて泣けてきますね(感動)。このちょっぴりくぐもったサウンドなんかが胸を震わす、なんだかズブズブと深海へと沈んでゆく感触。Deniece Williams「Waiting」をちょっぴり早く回した甘辛いサンプリング技は沁みる「Lakers」、客演にはAb-SoulとPolyester The Saintと勢いのある若手二人が揃い踏み。テロテロと艶っぽい光を放ちながら色彩を変えるセロハン仕様なメロウソウルチューンに、若いながらも淡く情緒のある三者のラップが柔らかく紡がれるナイス曲。The Ovations「I Care For You」をじっくり煮込んでくるくるかき混ぜた、サンプリングの妙がこれまた味わえる極渋で甘い「Knicks」も最高にメロウでもう骨抜き状態。The Manhattans「Wish That You Were Mine」を45回転でサンプリングした90年代を生きた僕にはたまらないフローラルな「Shame」、BJ The Chicago Kidを伴ってなんとも甘く芳しい霧雨ソウルで鼓膜を湿らせます。Domo Genesis、G-Wiz、Casey Veggies、Sulamian、Meechy Darko、それにMac Millerまでがマイクを回す次世代トランスフォームチューン「Pinata」は聴き応えアリ、これからまたどれだけのMCが盛り上げてくれるのか未来予想図状態。Freddie Gibbsのキレッキレなタントゥイスティングが鼓膜を微塵に切り刻む「Deep」も、鍵盤を蹴散らしながらすっ飛ばすようなスピード感が気持ち良い。最後を飾る「The Morning After」では後半に隠しトラック的に、Freddie Gibbsが喉を震わせて歌うJodeciの「Come & Talk To Me」カバーが収録されているのも面白い(一聴しただけでは気付かない)。

最高にして最強、本年度のRap部門では必ず上位に食い込むであろう珠玉の一枚で御座います(予告)。三分満たずの楽曲も数曲あるので、曲数は多いながらも巧くコンパクトで殺傷力抜群。とにかくMadlibの漆黒のファンクネスと、Freddie Gibbsの鍛錬重ねたしなやか筋肉質なラップとの掛け合いが絶妙、聴いた後はまるで激しい銃撃戦をくぐり抜けたような気分になります(刺激)。主役のFreddie Gibbsが素晴らしいのは当然ですが、それ以外に参加した新旧スターの活躍も本作の魅力になっています。それこそTupacやBiggieが好きな僕らオーバー30なリスナーは大歓迎なんじゃないかな、Madlib製の燻し銀なトラックと相俟って、鼓膜がパンプアップされてギュッと引き締まるのを感じました(畏怖)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment