RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

50 Cent「Animal Ambition」
animal_ambition1.jpg

Dr. DreとEminemが後見人となり送り出した怪物MC、50 Centの通算五作目となる『ANimal Ambition』を御紹介。Interscopeと(そしてその代表であるJimmy Iovineと)の確執がずっと囁かれていた50 Cent、そのせいなのか中々新作を聴けないままでいたんです(燻)。しかし、この度Intertcsopeを離脱し、新たにインディの“Caroline”へと移籍しての第一弾アルバムが本作で御座います。
さてさてどんな内容になっているのか・・・・・・まずはFrank DukesがMarvin Gaye「I Heard It Through The Grapevine」を下敷きに仕上げた「Hold On」で幕開け、ゆるゆると狼煙を上げるように煙たくジワジワと纏わりつくスモーキーなビートがなんとも燻し銀で格好良い。相変わらずの少し暈けたもったりした50 Centの霞んだラップもクールで、敢えて冷徹にフラットにこの声質に絞め上げられる感触を覚えます。Charil Brownが制作を担当した不穏なビートがおどろおどろしく鳴り響く「Don't Worry 'Bout It」、客演にはこれまた厳つくて物騒なYo Gottiが参加。鬼火が舞うように不穏に明滅するシンセが燻り、その中で自信たっぷりに不敵な笑みを見せながら吐き出す、50 CentとYo Gottiの底辺這う黒煙のようなフロウが鼓膜に残る一曲。猛獣達の雄叫びが谺する本物のジャングルビートが混線する愉快な「Animal Ambition」はSwiff Dが制作、50 Centって毎作とこういうアトラクション的な曲を入れてくる気がします。野太く厳つく乱暴なビートが聴き手を殴打し、その中でゴリラさながらな50 Centのドンキーフロウがバウンドして鼓膜を破壊してくる感触が痛快で面白い。Shamtraxが制作を担当した「Pilot」はCurtis Mayfield「Make Yours A Happy Home」をサンプリング、いかにも50 Centな(良い意味で)トボケたフックがスベスベと鼓膜に滑降する一曲で、単純なメロディ断片をループした作りN.Y.出身な50 Centらしい趣味。本作でも注目となっているのはやはり、後見人であるDr. Dreが制作(Co制作をDawaun Parker)した「Smoke」でしょうか。ベキベキに光沢をもって輝く鮮烈なレーザーシンセを閃かせたクールでサイバーなトラックに、独特の曇ったフロウでモクモクと煙を巻いて毒してゆく50 Centのラップがなかなかツボ。客演にはTrey Songzが参加しているのですが、どうもこういうRap曲に客演した時のTrey Songzにはしっくり来ないのが僕の性でしてね(悔涙)。Steve Alienが制作した「Everytime I Come Around」では、50 Centの肝煎りで正式なG-Unit加入も果たしているKidd Kiddが客演参加。ここでの50 Centのまったりと練り上げるフックがデビュー作を思い出させ、Kidd Kiddの息継ぎ無しでレロレロネトネトと絡み付いてくるラップといい、50 Centらしい毒なマーブルチューンで目が回りそうになります(酔)。G-Rocka & Mediが共同制作した「Irregular Heartbeat」ではそのKidd Kiddに加え、50 CentとはBeef状態にあった筈のJadakissが参加(驚)。今でこそもう50 Cent周辺の諍いなんて御伽話化していますが、あの頃を生きた僕としては物凄い違和感です(顎外)。それこそ凍てついた心臓が微弱に脈を打つ様なシリアスで仄暗いトラックに乗せて、ほぼ死神状態の三者三様の低温なラップがジリジリと迫ってくるサスペンスな一曲でクール(恐怖)。「Hustler」は要注意なJake Oneが制作を担当した合金仕様なギャングチューン、こういう黒光りでメタリックなステルス模様なトラックは50 Centの十八番、やんわりと甘噛みして弄ぶ様な50 Centのダークなトーンが鳥肌モノ。Kyle Justice & Just Hustleが制作した夜会メロウ系な「Twisted」は、シャンパンゴールドに光り輝くラグジュアリなピアノ鍵盤トラックを、シルキーで甘美なフロウで50 Centが滑る甘酸っぱいナイスミッド。こうなるとなかなか甘くてしとやかな50 Centのラップを、ちょっぴりダートで男臭いMr. Probzの灼けたヴォーカルでアルコール度数を上げていてナイス。Ky Millerが制作男性シンガーのGuordan Banksが客演参加した「Winners Circle」、優雅に(もはや)たおやかに舞う50 Centのラップが心地良い高揚感を覚えさせる一曲。Kidd Kiddに加えて、ProdigyとStyles PというN.Y.の古参を取り揃えた「Chase The Paper」なんか痙攣モノ、しかも制作はQueens出身のこれまた古参Ty Fyffeなんだからヤバいに決まっています(必殺)。これはもうこの四人に黙って燻されて真っ黒焦げになる他ありません、斬れ味抜群でピリピリと殺気立ったマイクリレーに八つ裂きにされましょう。ちょっぴりOFWGKTA的なサウンドアプローチも感じる「The Funeral」はJake One制作、チタチタ叩くドラムスに彷徨うシンセ、ホラーチックに冷たくのしかかる50 Centのラップ(腐敗)。Soul Professa制作の「You Know」のピコポコ鳴らし続ける恐ろしいチープさが、若かりし頃の(MixTape時代の)50 Centを思い出させて凄くツボ、こういう単純ビートがこれほど似合うMCも少ない気がします。最後を飾るのは、なんとSchoolboy Qが客演参加した「Flip On You」で御座います。Nascent & QBがFrita Payne「I Won't Last A Day Without You」を早回しサンプリングした、このソウルフルでいてなんともスカスカ骨組み見えまくりなトラック構築もツボですし、二人揃ってドリフト気味にスリップするフックも50 Centのフック巧者な一面が爆発した一曲でグッド。

ハッキリ言ってとっくに旬は過ぎているし、筋骨隆々で野心家なMCというのは流行らない現代。しかも50 Cent自身、そのハングリーさから捻出するエネルギーで下克上してゆく様にリスナーは興奮した訳で、もはや大物になってしまった50 Centは(米経済誌Forbesの企画“Hip Hop長者番付でも常にトップ10入り”)、過去の自分のスタイルに翻弄されている気もします。でも、元々50 Centはそのライムやフロウ自体にかなり癖のある巧者であり(特に彼の巧い部分は耳に残るフック作りかと)、その旨味に虜の僕はいまだにずっと彼が好きなんですよね。ただもうちょっとソウルフル寄りな曲も多くして良い筈、僕的にはサントラ『Get Rich Or Die Tryin'』なアプローチが最高にツボなんですが(我侭)。かえって大袈裟じゃなくなった分、素直に50 Centのボケたラップを聴いて高揚できてしまうタフな一枚。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment