RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Future「Honest [Deluxe Edition]」
Future-Honest-Deluxe-Cover-StraightFromTheA-1.jpg

開発者(というと語弊があるが)T-Painからオートチューンを完全に取り上げてしまった、Futureの通算ニ作目となる『Honest』を御紹介。冒頭の一文は正確な意味ではないので、あまり気にしないで頂きたいです(阿呆)。爆発的なセールスこそ記録しないものの、そのオートチューンを使った蜃気楼のようなフロウで一部のHip Hop愛好家に絶大な支持を誇るFuture(なぜだろう、ここ日本では特に一部のコアなファンのみ反応しまくっている気がする)。Futureといえば最近、あのCiaraと婚約し、息子Future君(父親のアーティスト名をそのまま名付けるとは!)も無事に産まれましたね(一時期は別居報道なんかもありましたが)。本国USでの客演量を考えればかなりの人気MCだと思います、そしてそれは本作に参加するゲストを見ても即分かる訳で。
という訳で四方山話は止めて本題に・・・・・・まずはアジアンテイスト剥き出しの抹香サウンドがなんとも刺激的に香り立つ「Look Ahead」で幕開け、制作はThe RunnersでサンプリングにAmado & Mariam「Dougou Badia」を使用。ジャガジャガと鳴るオリエンテッドな艶麗トラックに、バウバウと吠え気味なFutureの前のめりなラップがザクザクと鼓膜にカットインしてくる演舞武術チックな一曲。Nard & B.が制作を担当した「T-Shirt」はいかにもFutureなボウンボウンと低く深く響き墜ちる奈落ビートが印象的、その上を灼熱に灼かれて幻影を魅せるFutureのヘロヘロと変形するヴォーカルが鼓膜にへばり付きます。本作からジワジワとヒットしたのが、曲を以てして“ドープ”という言葉の持つ魅力をガッチリ体現してしまった「Move That Dope」で御座います。ドロドログルグルと渦巻くダークなマーブル模様トラックに、Pharrell WilliamsとPusha TとCasinoという癖のある手練が集結したあまりに毒々しい一曲。Futureの相棒とも言えるMike Will Made-Itが制作(Co制作にP-Nasty)した、ザックリとビートやシンセをぶった切って繋げた継ぎ接ぎトラックに、吐息ハアハアをパッチワークした変態チックで生々しいトラックが最上ドープ。ここでのマイクリレーではPharrellが久々にクールにスピットするラップを披露していて、それがまた新鮮で良いんですよ(鳥肌)。「My Momma」ではWiz Khalifaが客演参加、Mike Will Made-It制作(Co制作にJ-Bo)のバイーンバイーンと振動ふるわせて超音波を衝撃波に変えて飛ばすトラックが猛毒。もはや警報がおどろおどろしく鳴り響くようなFutureのフックで脳天イカレルし、Wiz Khalifaのいつもより輪郭ハッキリしたスモーキーなラップが煙巻いて最高。「Honest」はMetro BoominとDJ Spinzが共同で制作を担当、オーロラの様に妖しく艶やかなひだひだを魅せながら揺らめくFutureのヴォーカルがばっちりキマる、熱帯夜のようなムンムンの熱気と煌びやかさを鼓膜で感じることの出来る美曲。またもやMetro Boominが制作を担当したクラシックな香りのする優美なバラード「I Won」、ここでは客演も珍しくなった(傍若無人な)王様Kanye Westが参加しております。静寂とこだまを巧く融合させた侘び寂びの効いた流麗曲で、ヘロヘロと蜃気楼のように変形し幻影に近くなるFutureのフックにクラクラしてしまいます(目眩)。Mike Will Made-It制作(Co制作にP-Nasty)で、Drakeを迎えた「Never Satisfied」はおよそ二分と長めのインタールードといったところ、終盤で徐々にDrakeの催眠がスのようなヴォーカルを絞ってゆく演出(Drakeの使い方)が巧い。膜を張ったようなFutureの繭玉のようなラップが、鼓膜の上をコロコロと転がってゆく感触がたまらなく面白いんです(溺愛)。「I Be U」は久々登場なDetailとThe Orderが共同で制作、冷気に近いトラックの中でFutureの天然ガスのようなフワトロなヴォーカル(しかも多重)が沈んでゆく官能的な混濁ドリーミーなスロウ(墜)。「Covered N Money」はSonny Digitalが制作を担当、無機質な機関銃のように連射されるFutureのフロウもさることながら、これはストップダウンする部分のトラックメイクの面白さが肝。Future率いるFreebandzに属しているYoung Scooterが客演参加している「Special」、宇宙銀河にブルージーを混ぜ合わせたような不可思議な哀愁メロウなトラックは808 Mafiaが制作で、ドロドロと鼓膜に纏わりつくこの曲の粘着度はかなりキワどくてたまりません(酔)。本作の注目曲はやはり、Organized NoizeとMr. DJ(OutKastの全盛期を手掛けた!)が制作し、Andre 3000が客演参加(!)した「Benz Friendz (Whatchutola)」ですね(断言)。Billy Vaughn「Traci's Tracks」をサンプリングしたザクザクループなブリキチューンもナイスですし、相変わらずのラップ巧者で自由自在に泳ぎ回るAndre 3000の滑らかな感触もそのまま(失神)。Katalyst制作の「Blood, Sweat, Tears」の勇壮で奔放なトラックと、追い風に乗ってグングン上昇してゆくようなFutureのグライダーの様なフロウも最高に心地良い。
とここまでが本編の内容で、ここからは豪華盤のみ収録のボーナス曲達。まずはSoflyとNiusが共同制作した、宇宙遊泳のようなキラキラした浮遊感とエコー浸食が美しい「Side Effects」。続いてDetailとThe Orderが再び制作の「I'll Be Yours」も、ピコポコと瞬く電子音がギャラクティカルでファンタジーなナイスミッドでふわふわ遊泳してしまいます。またもやYoung Scooterを客演に招いた「How Can I Not」はMetro Boominが制作を担当、これはもうFutureの“はくなない♪はくなない♪はくなない♪”の呪文フックに呪われるしかありません(妖術)。Mike Will Made-It制作(Co制作にJ-Bo)の「Sh!t」は、バキバキした掛け声みたいなフックで濁流を泳ぎ切るような鍛錬ミッドで、雄臭く脂ギッシュな一曲で面白い。最後を締め括るのはMetro Boomin制作で、Lil Wayne(彼もまたオートチューンを多用していたっけ)が客演参加した「Karate Chop (Remix)」で、故意に単語をブツ切りにしてカクカク感をより増幅させたキュービックな一曲。

はい、僕はめちゃくちゃ好きです(宣言)。僕はまずFutureの大ファンであり、それは2012年のRapアルバムランキングを御覧頂ければ、一目瞭然かと思います。このどこまでも霞んだダークなオーロラみたいな霞フロウに、モワモワと抱かれて溺死する以外にないドープな一枚で御座います(昏倒)。これだけの面子を客演に入れつつも喰われないキャラ立ち、僕が思うに歌心もけっこう持ち合わせていると思うし、現状でDrakeに対抗できるのはFutureしかいない筈。僕的には2014年の重要盤であることは疑っておりません、かといってDrakeやKendrick Lamarみたく皆が口を揃えて賞賛しだしたら嫌だしな(我侭)。とにかく最高、Future大好き(単純)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment