RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelly Price「Sing Pray Love Vol.1: Sing」
sing-pray-love-crop.jpg

その昔はMariah Careyのバックヴォーカルを務めた事でも知られる本格派、Kelly Priceの通算六作目となる『Sing Pray Love Vol.1: Sing』を御紹介。ソウルからゴスペルまで幅広く分厚く網羅するベテランのKelly Price、もはやGrammy常連とも言える存在で御座います。前作『Kelly』も素晴らしかったKelly Price、しかしあれからもう三年程経っているのですね(驚)。最近は本国で放映中の『R&B Diva』なるドキュメンタリー番組にも出ているらしいですね、ここ日本でも放送して欲しいんだけどなー(無理)。
それではザックリで申し訳ないですが感想を・・・・・・まず本作で述べるべきは、かのShep Crawfordが全曲の制作を担当しております(拍手喝采)。Kelly Priceの濃厚で濃密な歌声で華麗にスタートを切る「Sing Pray Love Interlude」からそのまま、流星群のように眩くシャイニーな電子鍵盤音が瞬く滑らかな「It's My Time」への流れがもう最高(昇天)。ベースに電子ピアノのビヨンビヨンとしたメロディラインが綺麗ですし、Kelly Priceの恒星以上にギラギラ輝くヴォーカルもナイス。「Back 2 Love」ではまさかの(でもないけれど)Ruben Studdardとのデュエットが実現、濡れたアスファルトがシティライトに反射して輝くような都会的な潤いと煌めきがエレガント、どちらかというとパワー系なKelly PriceとRuben Studdardの二人が柔らかくシルキーな歌声を艶っぽく可憐に紡ぐ様は神懸かりとも言えます(失神)。ヒラヒラと陰影を巡らせながら、哀愁と情緒たっぷりに流れ落ちる「The 14th」はKelly Priceらしいドラマチックな一曲。90年代R&Bの旨味をギュッと濃縮してくれているShep節な「Think Again (Shep's Sermon)」が最高で、くっきりと鮮明なKelly Priceのヴォーカルが(ここ最近のR&Bは歌声にエフェクトを掛け過ぎる)月光のように静かに細く鼓膜に射し込む艶麗な一曲にウットリ。ほぼピアノ伴奏のみで進行する夜の帳のようにしとやかで美しいスロウ「Last Night」、中盤からだんだんと盛り上がりストリングスも絡まって、より熱っぽく火照ったヴォーカルで力強く拓いてゆくKelly Priceが圧巻。そしてここで、かのChaka Khanの名曲「Through The Fire」のカバーが飛び出すんだからもうズルい(垂涎)。しかもここではShep Crawfordが敢えてサウンドをあまり現代的にすることもなく、原曲とChaka Khanの持つあの靄っとシャアのかかった空気感を維持し、Kelly Priceも素直に深く優しく歌っていてジンジンと心に沁み入ります(慈)。そことのメリハリなのか、続く「Never Been Scared」ではどこかThe-DreamとTricky Stewartのコンビが作りそうなビカビカサイバーなリフレインミッドを創作、だから聴いているとMary J. Bligeっぽく感じる一曲だったり。「Conversations With Her」では、最近復活を果たしたAlgebra Blessettとの極上過ぎるデュエットが実現、チクチクと痛い薔薇の棘のような二人のヴォーカルの掛け合いがかえって美しいという。野太い電気なグルーヴをグネグネうねらせるファンキーな「Our Love」もディスコチックで超カッコ良い、冒頭で聴こえるチュカワチャみたな口音ビートにMJへの賛辞を感じたのは僕だけなんでしょうか(懐古)。最後を飾るのはATCQ的なサウンドでジャジーに舞う「Metamorphosis」、渋味のある甘酸っぱいヴォーカルがとっても気持ち良いんです(酔)。

11曲ととてもコンパクトに収めつつも、内容は思いのほか雑多だった気のする一枚。どちらかといえばいつも、一枚のトーンがきっちりまとめられている気のするKelly Priceだけにちょっと驚き。でも安定の出来映えはやはり流石の一言に尽きますね、Chaka Khanのカバーも聴けるし美味しい一枚で御座います。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment