RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「Beyonce」
beyonce-1386977438.jpg

音楽界最強の夫婦の称号を欲しいままにする女王、Beyonceの通算五作目となる『Beyonce』を御紹介。本作発売からはもうだいぶ時間が経っているのですが、その発表の形がかなり奇抜かつ大胆だった事でも話題を一気にかっさらった本作。なんの前触れもなく突如としてiTunes上で発売となった本作、Beyonce程の大物がここまで音源や情報を一切リークされずに(またその逆になんの宣伝もせずに)一枚の作品を発表出来るだなんて、本当に魔術の類じゃないかというぐらいに凄いこと(なのだそう)。しかも本作の発表時には、全収録曲のMVも作られていたというから驚き、どれだけ情報媒体をシャットアウト(口止め)させていたんだと(恐怖)。本作リリース後には、夫Jay Zとのタッグでまさかのジョイントツアー“On The Run Tour”を敢行し、大成功を収めている模様、どこまで商魂たくましいのだろう(拍手)。
てな訳で内容についてはもはや触れるまでもないでしょうケド・・・・・・まずは全曲の制作にBeyonceが関与しております、これはもう当然のこと。まずはAmmoが制作(ソングライトにはSIa Furler)した「Pretty Hurts」、花の蕾がほろほろと綻んで開花する様のような、静けさと華やかさが入り混じった美しいコントラストのミッド。Beyonceの痛みを含んだ熾烈なヴォーカルが胸に突き刺さる、美しさと痛みが比例して膨れる女性讃歌の一曲。「Haunted」は新たにRoc Nationと契約したシンガーソングライターのBootsが制作を担当、暗闇の中で悪魔が転がる様なダークな疾走感が鼓膜を貫くミステリアスなアッパー。トロトロと混濁とした暗澹メロディに、サイボーグチックだったりホラーチックだったりなBeyonceの、変幻自在なヴォーカルが薄気味悪くも美しく漂う一曲。本作からの先行シングル(と呼ぶべきか?)となったのが、夫であるJay Zを客演に迎えたDetail制作の「Drunk In Love」。題名通りにドロドロと深く泥酔したように、意識朦朧に近い感触でゆらゆらと揺れるメロディが妖しく官能的。アルコールを摂取してドクンドクンと脈動が速まるように、ドウンドウンと響くビート、身体が火照るようにジワジワと焰立つBeyonceの高揚したヴォーカルと全てがぴったりシンクロ(酩酊)。確実にJay Zが敷いたであろうラップ的なフロウで攻め込むブリッジも最高、Jay Zの下品な王様ラップも手伝って最高にドープなラヴソング(濃縮タイプ)に仕上がっています。「Blow」はPharrell Williamsが制作(ソングライトにJustin Timberlake、Co制作にTimbaland)のカラフルでポップなディスコ風味な軽快ナンバー。こういうソウルエッセンスを絶妙に入れた、軽妙でパチパチと小さく弾ける電子炭酸チューンを作らせたらPharrellに敵う者はそういない、どこまでも軽くフェザータッチにすり抜けるBeyonceのヴォーカルも最高に気持ち良い(踊)。Caroline Polachekなる人物が制作した「No Angel」は、Beyonceのファルセットと吐息をネットリ絡ませたヴォーカルが鼓膜にふわふわ降り掛かる魅惑のメープルスロウ(甘美)。思わず昇天しそうな程に鼓膜を愛撫するBeyonceの歌声、音数少なくしっとり優しく進行する純白のシーツのように柔らかなトラックも極上モノ。TimbalandにJerome Harmon、Justin Timberlakeが共同制作(ソングライトにTerius Nash)した「Partition」は、とにかく“よんせ♪”の単語がベッタリ耳にこびり付く呪文リフレイン曲。どろっと重たくオイリーなサウス流儀なトラックが、すかして鳴る指スナップやバウンバウンビートや捻じ曲がったシンセが合わさり、トリップ感を上げています(脱出不可能)。再びDetailが制作を担当した「Jealous」は、エコーを巧く多用したオーガニックな奔放スロウで、光の屈折が魅せる虹色の輝きのように艶やかなBeyonceの歌声にウットリ。これぞネオソウルとでも言うべき、官能的な曲線メロディが織りなす絶頂恍惚スロウ「Rocket」はTimbalandが制作を担当(Co制作にJerome Harmon、ソングライトにJustin Timberlake)。ゆっくりと呼吸を合わせて波立つ男女の身体のように、艶かしく波打ち抱き締めるような密着感あるトラックと歌声、蜜味なソウルでたまりません。Noah "40" Shebibが制作し、Drakeが客演参加した「Mine」は明暗くっきりした二部構成。ピアノ鍵盤に乗せて柔らかくはためく前半部分と対比し、後半は満天の星が瞬く夜空のような凛冽な空気感が美しく、BeyonceもDrakeの歌う様なフロウも氷の結晶のように透き通っていて美しい一曲。「XO」は久々のRyan TedderとThe-Dreamが共同制作、水の中を泳いではっと水面に顔を上げて息を大きく吸い込むような、そんな新鮮で澄んだ躍動感に満ち溢れたナチュラルでフリーなミッドで心地良い(解放)。Chimamanda Ngozi Adichieが客演スピーチした、女性を鼓舞する刺々しくパワフルな南部スクリュー仕様な「***Flawless」はHit-Boyが制作を担当(Co制作をRey Reel)。再びPharrell Williamsが制作を担当した「Superpower」はFrank Oceanが客演参加、荘厳なコーラスを敷いたスピリチュアルでソリッドなトラックがなんとも印象的。この曲ではFrank Ocean以外に適役は居ないという程にピッタリ、淡々と語りかけるようなBeyonceのヴォーカルはまるで説教のように神聖で後光が射して聴こえ、音数も音程幅も少ないのに恐ろしく分厚く感じる一曲(圧巻)。またもやBootsが制作を担当した「Heaven」はピアノ伴奏を主軸としたアコースティックな一曲で、凛としてタフなBeyonceの深みのある艶麗な歌声を堪能出来る無垢なバラードです(沁)。最後を飾るのは愛娘Blue Ivyを客演に迎えた「Blue」、制作はまたまたBootsが担当。木漏れ日のように柔らかく温かなトラックに、母となったBeyonceのふくよかで優しい歌声がすべてを包み込んでくれる極上スロウ。

Beyonceほどになれば、セールス面は勿論とやかく言われます。かといってあまりに売れた路線を踏襲すると安易だと叩かれるし、あまりに実験的に振り切ると“思ったのと違う“なんて揶揄される危険性も孕んでいて難しい。しかしそういった状況下にあってもBeyonceは臆する事なく挑戦を続け、毎作品で違った世界を呈示できているのだから凄い(平伏)。本作『Beyonce』もR&Bやソウルのマナーを踏まえつつも、他とは違ったサウンドアプローチが全編で成されていて、やはり面白いの一言に尽きるのです。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment