RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Common「Nobody's Smiling」
Nobodys-Smiling-2.jpg

その昔“Common Sense”の名でChicagoから登場したコンシャス代表MC、Commonの通算十作目となる『Nobody's Smiling』を御紹介。識者として巧みなリリックでシーンに登場し、当時の西海岸ラップを標的に「I Used To Love H.E.R.」なる傑作メロウを創り出し、Ice Cubeと熾烈なラップバトルも繰り広げた(しかし、当のCommonはIce Cubeのファンでもあったし、後にはPuff Daddyも痛烈にディスしていたっけ)強者でもあるCommon。音楽業以外にも最近は、映画に数本出演し俳優としても活躍していますね(これがまたCommonがスラリと長身&声が渋いのでキマっている)。プライベートではかのErykah Baduと交際したり、はたまたテニス選手のSerena Williamsと交際したりと、なかなかのモテっぷりを発揮しております(どれも破局しているので微妙だけれど)。そんなCommonが、旧友であるNo I.D.がDef Jam傘下に立ち上げたレーベル“ARTium Recordings”へ移籍しての第一弾。自身が設立したレーベルから発表した前作『The Dreamer/The Believer』も素晴らしかったけれど(その年のランキングでTop5に選出)、レーベルは封鎖したのかな。
まあ、うだうだと話すのはもう止しましょう・・・・・・当然全曲の制作をNe I.D.が担当しているのは言わずもがな、いつ聴いてもこの組み合わせは最強だと僕は強く思うのです。まずはLil HerbとCocaine 80sを客演に招いた「The Neighborhood」、サンプリングにはCurtis Mayfield「On The Other Side Of Town」を早回しで使用。重くのしかかり潰されそうになりながらも、強靭な張りでしなやかに鳴るストリングスが鼓膜に刺さるトラック。Commonの一発一発を止めて打つ的確なライミングもクールですし、Lil Herbのザラザラした荒削りなラップもゴリゴリで大迫力。バウンバウンと歪ませて沈む重厚なビートに鼓膜を引きずられる「No Fear」、細身長身のCommonが意外なハードパンチャーだと痛感させられる重くズシンと振動起こすラップが効果抜群。「Diamonds」では若手の中ではフック作りを得意とする(ような気がする)Big Seanが客演参加、叫喚に近い声がザクザクと刺さった解体寸前のメロディは退廃的でカオスを引き起こします。スマートに舞って喰らわす正統派なCommonをよそに、ヘンテコなラップで煽って迫る毒々しいBig Seanに思わずニヤリ(悔)。Jhene Aikoのもはや呪文か念仏な“ぶらっくまーじっく♪”の連呼に毒されてしまう「Blak Majik」も面白く、波紋のように崩れずに振動波のように押し寄せるダートなビートに乗せて、放射能級に熱くすべてを破壊するCommonのラップが圧倒的。The Notorious B.I.G.「Hypnotize」からワンフレーズを引っこ抜き、アルミ缶の中で振って弾ませ響かせたようなフックが反則技な「Speak My Piece」はもうホットとしか言い様がない。鉄屑をスクラップするようなクラッシュビートと無機質なピコポコ音の連打でもう目眩クラクラ、Commonの鋭くバウンスしてスラップするラップも軽妙かつ骨太でカッコイイったらない(昇天)。The Fabulous「Nightbird」を下敷きにした「Hustle Harder」ではSnoh AalegraとDreezyの二人が客演参加、不穏に影を纏って鳴るベース音と叩き砕くような硬質ビートの上を滑るCommonは、まるで深夜の真っ暗闇の道を高級車がヘッドライトを点けて走り抜ける様なゾクゾク感と疾走感が相俟って心地良い。途中でちょっと囁き声で繋げる辺りは、どこかPharrellっぽい仕様だなと感じたり。盟友であるMalik Yusefを客演に迎えた「Nobody's Smiling」はもう腐敗臭漂うホラーなトラック、スカスカなだけにCommonの沈殿気味のラップが深々と響き渡ります。Commonならではのメロウネスと渋さが共存する神曲「Real」は、The Gap Band「Yearning For Your Love」をサンプリングという神業に加え、注目株であるElijah Blakeがフックを歌う夢の二重構造です(発狂)。原曲の持つふわふわしたホイップ感をそのままに、ビタースウィートなCommonのラップと靄がかったElijah Blakeのドリーミーなヴォーカルがシンクロするナイスミッド(痺)。Kanye Westが聴いたら悔しがりそうな、荘厳で圧倒的なパワーを放つ「Kingdom」はVoices Of Conquest「O Yes My Lord」とTrevor Dandy「Is There Any Love」を両刀使いでサンプリング。チタチタと鋲ビートと共に壮麗かつ凍てついて尖ったクワイヤが降りかかるドラマチックで圧倒的な一曲で、客演のVince Staplesのネッチリと巧いラップを燻らせていてグッド。Eleanore「Telegram」をサンプリングし、J. Dillaのヴォーカルも散りばめた「Rewind」は、それこそ巻き戻すようにギュルギュル鳴る電子音が印象的。ホーンの漂うメロディもある意味、逆接的にパッチワークされて使われていて効果的で、Commonのすべてを吸い寄せ巻き上げる静かなハリケーンのようなフロウで止めを刺されます。

本作を支配する暗く殺伐としたトーンは、Commonの出身地であり全米屈指の犯罪都市となってしまったChicagoを背景にしているからだそう(ここで触れるべきChiraqについては、誰か有識者に解説はお任せしたい)。僕は通常盤を買ってしまったのですが、豪華盤ジャケットではCommonと共に、同じくChicago出身のKing LouieとLil Johnnyが写っていますし、ブックレットにも同郷のLil HerbやDreezyが写っています。夢を実現出来ると強く謳い、若手を起用することで故郷Chicagoへの恩返しをしようとするCommon。英語もアメリカの情勢も知らない僕はただ聴くばかりで申し訳ないですが、とにかくカッコ良いという事はわかります(阿呆)。Kanye West信者はCommonがG.O.O.D. Musicを離れた途端に、彼からも離れた気がするんですが、僕は今また絶好調に格好良くなっていると確信しています。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment