RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tank「Stronger」
tank_stronger_cover_crop.jpeg

その逞しい肉体を武器に多くの女性ファンを虜にするセックスマシーン型シンガー(失礼)、Tankの通算六作目となる『Stronger』を御紹介。昨年はR&Bファンが狂喜乱舞した夢のユニット、TGT(説明するまでもないがTank、Ginuwine、Tyreseの三つ巴)での作品もドロップしてくれたTank。それから約一年ぐらいのスパンで新作を届けてくれて嬉しい限り、Atlantic RecordsはきちんとTankに力を注いでくれているようですね(安心)。さてさて、これまでジャケットやブックレットでは、その鍛え上げられた肉体美を極限まで昇華した(濡れ濡れ加工されていたものが多かった気がする)アートワークが多かったTankですが、本作ではまさかのスーツ着用という暴挙(笑)。しかも襟もボタンを首元までキッチリ留めるという、まさかの筋肉封印を行っているのが印象深いです。
とまあ、Tankの筋肉話はこれぐらいに内容について・・・・・・まず本作で大半の曲のMixedをHarvey Mason, Jr.が行っているという事を明記しておきたい、彼が関わったとなると僕の鼓膜は疼くので。まずはTank自身が制作を担当した「You're My Star」でスタート、ここではAdditional VocalにあのKelly Rowlandが参加している事がかなり大きなトピック(贅沢)。ピカピカと艶かしい輝きを放つ流星群ホーンに乗って、Tankのクリーミーなヴォーカルが爽やかに疾走するナイスなミッド。電子鍵盤のギラギラとした音色が瞬くエッヂーなアッパー「Nobody Better」はDon CityとDerrick D. Beckが共同制作、踊らないTankがこんなガチガチな直角エレクトロ仕様のアッパーを歌うのも新鮮ですが、やはりTankの(良い意味で)もったりした熱気ムンムンなヴォーカルのおかげで、けばけばしくなくて聴き易い。あとは後半での粘度高まったぐったりスロウへの転調が素晴らしく、この部分のトラックで一曲聴きたかった気も(欲張)。まさかのJerry "Wonda" Duplessisが制作(Co制作にArden Keyz" Altino)した「Dance With Me」は、漆黒ベースのグルーヴィなサウンドが押し寄せるディスコブギー風味な一曲で、EW&Fっぽい(若しくは『Off The Wall』期のMichael Jackson)柔らかでスウィートなファルセットで滑らかに翻るTankのヴォーカルが素晴らしい。この曲でも後半はガッツリ転調し、ワウワウ感のある泥臭いビートでJB的なソウルフルなヴォーカルを飛ばすTankが粋で、このビートにどこかTimbalandを意識したと思わせなくもないチクリな一曲。同じくJerry "Wonda" Duplessisが制作(Co制作にArden Keyz" Altino)した「I Gotta Have It」も、昔のディスコサウンドマナーを踏襲したクラッピーな一曲で、幾重にも織ったフックの壮麗さが素晴らしい流星チューン。「Missing You」もJerry "Wonda" Duplessisが制作(Co制作にArden Keyz" Altinoと、Scott "Kasper" Gaddy)はレトロなソウル感の漂う煙たいミッドでこれまたド渋い、途中でまたくぐもったかと思ったらスペイシーな空間へと突如放り出されTankがラップを差し込むなんて演出も憎いですね(愉快)。冒頭でKanye West的な“えばえば♪えばえば♪”が入る浮遊サイバーチューン「Same Way」はJames "J-Doe" SmithとEric "Bluetooth" Griggsが共同制作、なんというか光の反射をメロディにしたような透明感と眩さの溢れるダイアモンドカットなクールミッドで、ひらひら舞うピアノ旋律とTankのリフレインするフックがとってもハートに降り積もります。朝霜の降りる冷たくて透き通った朝のような煌めきに溢れた、純白清潔なスロウバラード「Hope This Makes You Love Me」はYoung Fyreが制作を担当。ムキムキでドエロい曲をガッツリ歌い上げられるくせに、こういう氷晶のようにクリアで繊細なバラードも細く研ぎ澄まされたヴォーカルで丁寧に歌えてしまうTankの器用さ(失神)。最近のTank趣味であるピアノを軸にした壮大なオーガニックスロウ「Stronger」はInfinityが制作(Co制作をTario)、脈とリンクして振れるようなピコポコ音もTank趣味、伸びやかにしなやかに突き抜けるTankの歌声が胸にズシンと来ます。冒頭のチクチクした棘のようなピアノ鍵盤の流麗メロディが美しい、刹那系ミッドの「Thanking You」はJerry "Wonda" DuplessisとShama "Sak Pase" Josephが共同制作。途中からは温かく優しい陽光のようなアコースティックなメロディが舞い、Tankの祈る様な歌声が深々とハートに沁み入ります(涙零)。「If That's What It Takes」はDa Internzが制作を担当しており、しとしとと降る霧雨のようなほんのり冷たくダークなウェットなメロディに、Tankの雨で煙るような歌声がほんのりと香り立つドラマチックなバラード。

これまでのTank作品の中でも、明らかにダンスビートが多めに配分された新機軸のアルバムになっていますね(驚)。といっても前半部分にアップめ、後半部分にスロウを配置してバランスはとっても良いんです、全10曲というコンパクトさもそれを手伝っています。アップチューンに関して言っても、流行のEDMや単なる四つ打ちなんかではなく、ソウル系譜をきちんと辿ったサウンドなので違和感も全く無し。もうちょっといやらしくて官能的なビチョビチョスロウを聴きたかったというのも本音ですが(下心)、やっぱり僕はTankの兄貴が好きなんだなと再認識しました(惚)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment