RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Above The Rim Soundtrack」
above_the_rim_fron_original.jpg

あの2PacことTupac Shakurが出演した映画のサントラ盤、『Above The Rim』を御紹介。例に漏れずこの映画も観た事は無いのですが、やはりブラック出演の映画サントラは侮れないので、こちらもバッチリと購入しております。ここ日本では『ビート・オブ・ダンク』という邦題で紹介されているものの、Amazonで調べたらVHSしかないみたいで、残念なばかり(涙)。2Pac出演という事でサントラの中身にも俄然期待が高まる本作、この盤自体のExecutive Producerには悪名高きSuge Knight、Supervising ProducerとしてDr. Dreが名を連ねたDeath Rowからの配給なのも頷けます。
それではザックリと中身について触れてゆきます・・・・・・まずはBrian Alexander MorganがGrand Master Melle Mel & The Furious「Freedom」をべったりネタ使いした「Anything」、歌うのはSWVで御座います(デビュー盤収録の「Anything」とは別曲)。ベタベタのスネアとぴっかぴかのホーンが弾けるHip Hop流儀なトラックに、Cocoをはじめとするキュートでハイトーンなコーラスが冴えております。続いてはSweet Sableなる女性シンガーによる「Old Time's Sake」、Nikke Nikoleが制作のジャジーなトラックを低速融解させたような極めてオシャレな優雅トラックに、Sweet Sableの艶っぽく濡れたヴォーカルがふんわり香るナイスミッド。Devante Swingが制作を担当した「Part Time Lover」はH-Townが登場、これがもう90年代の甘蜜ネットリな極上スロウジャムでもう鳥肌モノの格好良さ。H-Townの面々のあの鼓膜が熱くて焦げそうな、男らしくフェロモンと飛沫たっぷりなヴォーカルが炸裂してもう股間がスプラッシュ状態に(大洪水)。Tha Dogg PoundとSnoop Doggy Dogg、そしてNate Doggによる「Big Pimpin'」はDat Nigga Daz(つまりはDaz Dillinger)が制作を担当。この面々だから西海岸丸出しなG-Funkサウンドかと思いきや、ピーヒャラは鳴るもののポコスカ乾いたパーカッションや軽やかささやかな鍵盤音などで、とってもライトでジャジーな仕上がりになっていて送風状態に。2nd II Noneなるラップデュオが制作(DJ Quikも共同制作)しパフォームした「Didn't Mean To Turn You On」は、いかにもG-Funkなカラッとした燦々な空気感が香るマッタリなレイドバックチューンで心地良い。軽くて滑らかなラップと甘ったるいフックが絶妙に聴いていて、夏場のドライブにきっと最適な一曲。D.J. Rogersなる男性シンガーが喉を震わせ歌う「Doggie Style」は、Suamana "Swoon" Brownが制作した濃厚R&Bチューンで、D.J. Rogersの男性ホルモンパンパンな甘く骨太なヴォーカルがエロく滴るセクシーミッド(垂涎)。Warren Gが制作し、Waren GとNate Doggがタッグを組んだ既出ヒット曲「Regulate」が本作の主題歌(贅沢)。Warren GらしいソウルフルでメロウなMichael McDonald「I Keep Forgetting」ネタ使いのフルーティなトラックが絶妙ですし、そのうえでまろやかクリーミーに転がるWarren GのラップもNate Doggの唯一無二なぺっとりヴォーカルも抜群にイル。Thug Lifeに2Pacが客演参加(とはなっているがほぼ2Pacのみ)した「Pour Out A Little Liquor」はJohnny Jが制作を担当、ブラウンシュガーな音色を、本当にとても淡白なループしたスルメ味なトラックがグッド。2Pacの筋肉質ながらもメロディアスに柔らかく練られたフロウが、心地良く穏やかに抜ける一曲でたまらなく良い。Paisleyなる人物が制作した「Gonna Give It To Ya」では女性シンガーのJewellと、御存知Aaron Hallがベッタリと濃密に絡み合う官能デュエットを披露。もう90年代のR&Bの旨味をすべて凝縮したような、エレガントでいてとろーりセクシーなスロウで、この二人の喘鳴のごとく張り上げる様な熱いヴォーカルが五臓六腑に染み渡ります(昇天必至)。Dr. DreとDat Nigga Dazが共同制作した生粋のG-Funkチューン「Afro Puffs」は、男勝りな(最近はこういうビッチ系の女性MCが居ない)ラップで捲し立てるThe Lady Of Rageがパフォーム。CPO-Boss Hogなるグループ(?)がパフォームする「Jus So Ya No」は、トラック骨子こそ西海岸風ながらも、気怠さというよりも殺伐と暗澹とした雰囲気や、毒々しくピリピリと張り付く低音の不穏なラップなんかは、Wu-Tang Clan的な空気感も感じるカッコイイ一曲。The Isley Brothers「Groove With You」をネタ使いした(つまり反則な)極上メロウソウル「Hoochies Need Love Too」はS. "Bright Eyes" Ripley & S. "Swoop" Brownが共同制作、Paradiseは女性MCと女性シンガーのデュオなのかなー(無知)。本作中でも全然違った空気を醸し出すAl B. Sure!が制作&パフォームの「I'm Still In Love With You」、春風のようにふんわりとソフトで温かなメロウネスを纏って、Al B. Sureがネオソウル的な歌い回しで舞い上がるのも印象的(鳥肌)。N.W.A.ばりにゴツゴツと無骨に攻める「Crack 'Em」はO.F.T.B.がパフォーム、制作も彼らとDJ Quikが担当しているのでかなりの手練と御見受けします。Sean "Barney" Thomasが制作した甘酸っぱ系の軽妙ファンクチューン「U Bring Da Dog Out」は、男女デュオのRhythm & Knowledgeがパフォームしているんですが、どこかOutKastっぽいノリも感じる優麗でファンシーな奴等で超ゴキゲンで好き。再びDeVante Swingが制作した「Blowed Away」は男性シンガーのB Razellがパフォーム、Prince的密着サウンド&ヴォーカルと西海岸なメロディが融合したアナログなミッドで、B Razellのヴォーカルもまた節回しが独特でやたらクールなんです(溺愛)。先述のJewellが今度は単独でパフォームする「It's Not Deep Enough」は、なんとMr. Dalvinが制作を担当(しかもソングライトにはK-Ci Haileyも)。最後はDogg Poundが「Dogg Pound 4 Life」でキナ臭くラップをかまして幕切れ、この感触は本当に久しぶりで心地良い。

なにこれ、物凄いボリュームかつ物凄い充実感。ほぼ無名な面子(僕が知らないだけか)でガッツリ西海岸サウンドを格好良く堪能できるので、新鮮に聴けてしまいます。映画の方もなかなか俳優達の演技が良いみたいですし、観てみたいんだけどなー。僕みたいにいまだに“ウェッサイ(死語)”とか言っているオーバー30には、是非ともお薦めしたい一枚で御座います。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment