RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Avery Sunshine「The Sun Room」
Avery-Sunshine-Sunroom-DOME-CD-323.jpg

SSWであり優れた鍵盤奏者でもある、Avery Sunshineの通算ニ作目となる『The Sun Room』を御紹介。Avery SunshineはTyler Perryのステージでキーボードを任されるところからキャリアをスタートさせ、その後はWill DowningやMusiq Soulchild、Ledisiらとコラボレートした経験を持つ実力派。とにかくこの坊主頭の横顔ジャケットからも、彼女の持つふくよかなソウルフルさが滲んでいて購入しました(しかし、国内盤のジャケットの方が実は好きだったりするが、金欠で手が出なかった)。
それでは稚拙で恥ずかしいのですが内容についてチラリ・・・・・・まず、本作の全曲の制作はDana "BigDane" Johnsonなる人物が担当し、ソングライトには彼に加えてAvery Sunshine自身も参画しております。ビッカビかに輝くホーンと曇ったギターの音色がブルージーなヴィンテージソウル感を醸し出す「Love (Won't You Try)」、昔のソウルレコードに針を落としているかのような感覚で、Avery Sunshineの溜めの効いたまろやかなヴォーカルが渋い(円熟)。水の中でゆらゆらと泳ぎ沈むような沈殿メロウネスがたまらなく心地良い「Call My Name」、水中から水面越しに見る空のようなヒラヒラした煌めきのような、そんな柔らかく儚げなAvery Sunshineの恍惚ファルセットにただウットリするばかり(沈没)。ほろほろと爪弾き零すアコースティックギターの音色に思わずウトウトと眠気が来る、昼下がり的な穏やかスムージーチューン「Nothing To Something」も、春の陽気に若草の匂いが混じったみたいにポカポカなAvery Sunshineのヴォーカルに癒されるばかりです。生バンドを従えた「I Do Love You」は小気味良く拳の効いたAvery Sunshineのラフな歌声が心地良く、思わずハミングしてしまう抜け感がたまらなく良い。そのまま雨上がりに架かる虹のような、潤いと輝きを携えた軽快なソウルフルトラック「Time To Shine」への流れも滑らかで心地良いばかり(胸踊)。ミルフィーユ状態に重なった甘美なAvery Sunshineのヴォーカルと、水中で聴くようにちょっぴり膜の張った気泡的なメロディが幻想的で美しい「Everything」、メロディというメロディが無く(骨組みが無く)ただただ流れに身を任せて形状&色彩を変えてゆく感覚はどこかErykah Badu的な匂い。サクサクとした食感のエッヂーなメロディがクールでオシャレな「One Foot Ahead」でも、意外とフィルターをかけてヴォーカルを変形させてサイバーなグルーヴをちょこっと足してたりする面白さがあったり。フワフワと天上へ誘う霞がかったメロディがドリーミー過ぎて心地良い「Sweet Afternoon」も優秀、そんな綿飴サウンドにネットリとメープルシロップめいたAvery Sunshineのスウィートでスロウな歌声が絡むのが素敵です(絶頂)。カフェオレみたいにほんのり甘さと苦さが混じったような音色が綺麗な「See You When I Get There」、風に吹かれ流れる雲のように長閑で穏やかなあったかソウルチューン。ラストは彼女のルーツを思わせるゴスペル曲「Safe In His Arms」、ポロポロと鳴るピアノ伴奏のみでAvery Sunshineの静寂の中にも躍動感のある深遠なヴォーカルが、聴き手の心を揺さぶり鎮める感動の〆曲となっております(圧倒)。

結局こういう純朴なネオソウル的なサウンドにこそ、三十路の僕は陶酔してしまうのですね(老)。なんだか勿体無い、確かに地味ではあるけれどしれーっと凝ったサウンドが散りばめられていて、現代のネオソウル(コレ自体がもう死語らしいけれど)といった趣でいとをかしで御座います(好)。という訳でもっとゴスペルめいた楽曲も多いかと思いきや、あまり無かったと言えますね。R&B好きがこれを聴き逃すのはちょっと勿体無いなー、ネオソウル系のシンガー達は活動がスローペースだから、Avery Sunshineのコレを聴き込みながら気長に待つのが良いでしょう(薦)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment