RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Leela James「Fall For You」
2000001069813_p1.jpg

その印象的なアフロヘアと可愛い顔立ちでデビューからコアなファンを獲得している、Leela Jamesの通算四作目となる『Fall For You』を御紹介。前作はEtta Jamesの名曲の数々のカバーアルバムだった為、それをカウントしたら通算五作目となる訳で、入れ替わりの激しいR&B界で考えたら本当に根強く頑張っている方。どことなーくLauryn Hillを彷彿とさせる顔と、豪快かつキュートなアフロヘアが本当にお似合いで、このアフロヘアで微笑む見返りLeela Jamesのジャケットだけで高得点確実な一枚で御座います。気付けばShanachieもStaxも離れて、本作はJ&T Recordsなるレーベルからのリリースとなっている模様。
でも肝心なのはジャケットでなく中身だという事で話を始めると・・・・・・まずはShannon SandersとDrew Ramseyが共同で制作をした「Who's Gonna Love You」から、ファンク地を滑らかにHip Hopで裁断し縫製したナイスなアッパーで痛快。メロディ軸こそ王道なソウルチューンながら、電気仕掛けな音色が明滅したり、Leela Jamesがうなって咆哮したりとかなりアグレッシヴ(終盤ではトークボックスまで漏れる始末)。Leela Jamesが制作(ArrangedにはRex Rideout)し、あのAnthony Hamiltonが客演で参加した「Say That」も勿論抜群にカッコイイ(痺)。バツバツと叩くドラムスにじっとりと濡れた美しいメロディが絡まる、モノクロカーボンチックな美ソウルミッドでたまらない(失禁)。ちょっぴりシャアのかかった艶っぽくも渋いLeela Jamesのヴォーカルは、それこそ水墨画のような侘び寂びを押さえたAnthony Hamiltonの温かなヴォーカルと強固にシンクロしていて胸を震わします(沁)。「Give It」は嬉しい事にMike Cityが制作を担当、Mike Cityらしい都会的で洗練されたソウルマナー踏襲のつやつやしたミッドに仕上がっていて、濡れたアスファルトの上を滑るような硬質感とウェッティーさを兼ね備えたLeela Jamesのヴォーカルにピッタリ。暗闇の中で強い閃光を放つようなフックが、鼓膜の中で次第に強くリフレインし出す「Do Me Right」はTim "Thaarkitec" Kelleyが制作を担当。MJBばりにドラマチックに震えて絞り出すLeela Jamesの濃縮された焙煎ヴォーカルがほろ苦くて旨い、サイフォンで淹れた珈琲みたく極めてブラックな艶麗さが滲み出る一曲。Leela James自身が制作の「Set Me Free」は、カップに注いで香りの立つカプチーノのように、ちょっぴり甘くてオシャレなモカブラウンなソウルミッドでキュート(溺愛)。Corneilo "Corn" Austinが制作を担当したアコースティックギターが効いた温かな「Everything」なんか、滑らかで温もりのある木目調の柔らかな流麗ソウルで、幾重にも織ったLeela Jamesのフォーキーで甘美なハーモニーがたまりません(骨抜)。Joe Ryanが制作した「So Good」は黒いグルーヴを電気配線で繋いだような一曲で面白いし、こういう漆黒の尖ったトラックにもLeela Jamesの渋くクールな歌声は映えるのです。水面の波紋のように潤いを振動させて広がる「Stay With Me」は、イマドキなJR Hutsonが制作を担当しております。様々な弦音とパーカッションを蚕糸で紡いだようたニットシルキーなソウルで、Leela Jamesの途中のふわふわなファルセットで抜けてゆく感触がとっても美味で心地良いんです(抱擁)。表題曲となる「Fall For You」はLeela Jamesが制作、深々と降る雪とその雪明かりのように澄んでいて美しいピアノ基調のバラードで、Leela Jamesの息遣いも聴こえるヴォーカルが雪解けに似た朗らかな優美さを滲ませる素敵過ぎる一曲です(溜息)。そしてラストはJoe Ryanが再び制作した、なんだか昔のStingを思わせる透明で脆く繊細なガラスミッド「Save Me」。ここではそのJoe Ryanが客演参加も果たしていて、これがまた日本人好みしそうなビタースウィートで柔らかなヴォーカルで、Leela Jamesと反比例しているからこそ絶妙な甘味を出しているナイスなミッドで御座います(完敗)。

はーーーーあ、成る程、良いですねー(快感)。Leela Jamesのダークモカなビターヴォーカルが香ばしく香る、素晴らしいソウル盤となっていて本当に素晴らしいです。新しいことは一つもない訳ですが、これで良いのです、Leela Jamesにはこのままキュートなソウルを歌い続けて欲しいのです(切願)。ブラウンシュガーとは正にLeela Jamesの歌声、カフェイン好きにはたまらない良盤で御座います(墨付)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment