RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Floacist「Rise Of Phoenix Mermaid」
Floacist.jpg

Floetryの片割れであるNatalie Stewart改め、The Floacistの通算三作目となる『Rise Of Phoenix Mermaid』を御紹介。ネオソウル括りで語られコアなファンも多かった実力派デュオFloetry、どういう訳か分解してしまって残園ですが、双方ともソロ活動をしているのでまだ許せています(何様)。ヴォーカルを担当したMarsha Ambrosiusに対し、スポークンワードという詩の朗読に近いものを担当していたNatalie StewartことFloacist。まさかの彼女の方が一枚多くアルバムを出しているこの状態に驚き、そしてなんだかんだで彼女の作品は気になって買ってしまう自分。本作に関しては“不死鳥(Phoenix)”を模したであろう真っ赤なドレスと、背景に写る青い海“人魚(Mermaid)”の構図が素晴らしくて素晴らしくて(感動)。
それでは大した事が書けないのですがチラっと書くと・・・・・・本作ではShanachie関連では馴染みの深いChris "Big Dog" Davisが、単独ですべてを手掛けているのも大きなポイント。まずはほんわかと柔らかく溶ける淡雪のようなFloacistのヴォーカルが綺麗な「Feel Good」、鍵盤音がふわりと舞って清風がそれをさらって抜けてゆくような、とっても軽くて淡いミッド。「Try Something New (I Do)」はお洒落で上品なピアノ鍵盤音にFloacistの吐息混じりのヴォーカルがふわふわと舞い降りて、ゆっくりじっくりとメロディに鼓膜に浸透して溢れてしまう浸透圧の高いスロウ。澄んだ水の中を自由奔放に泳ぎ回るような滑らかな感触がたまらない「Doing This」、こうなるとFloacistの息漏れ音もダイバー的な呼吸に聴こえて、どこまでも深く深く潜って鼓膜が潤ってしまう一曲。「If You Really Wanna Know」のトロトロと熱をはらんで溶けてゆくような、微熱感触がアンビエントなR&Bそのままで心地良く、そんな熱が蜃気楼のようにヴォーカルを霞ませ屈曲させるのが美しいのです(溜息)。アフリカンな息吹を感じるオーガニックなミッド「Heat It Up」も、ベースの鳴りと低く低く地中から聴こえそうな低音のFloacistのヴォーカルがエナジーに溢れていて、聴いていて力が沸々と湧いてきます。サラサラと爪弾き鳴らすアコースティックギターの音色が切なくてドラマチックな流麗曲「On It」が最高、昔のSting曲を聴いているかのような美しくも憂いを帯びて潤んだフォーキーチューンで、サクサクとラップで進行するドライなFloacistとの対比がまた素敵。ワウワウ音とパーカッションでほぼ構成された「Grandma」なんかも南国風味全開で、トロピカルなんだけど甘味の強いミッドスムージーで心地良いんです。本作中でも最も強くFloacistの歌声がエコーしリフレインする甘酸っぱい「Good Music」、電子鍵盤の音色の隙間(ここではあえてスリットと言おうか)が異様にセクシーで鼓膜がビンビン膨張しまくり。シャラシャラと流れるキラ星のようなメロディにウットリしてしまう「Wisest Thing」、なんだか星空に願いをかけているみたいでとってもロマンティックでドリーミーなんです(癒)。「Broken Heart」は重厚なウッドベースと硬質なドラムスが交錯するHip Hopマナーなトラックで燻し銀(Nas「N.Y. State Of Mind」的なアプローチと言えば伝わるだろうか)、前半はそんな硬派なトラックなのに中盤ではフローラルで芳しい柔らかなメロディを差し込み、聴き手の感覚を麻痺させる計算高さもアリ。冒頭にDemi Mselekuの語りが入る「Omi O!」なんかも土着的なトラックで、優しくて深みのあるギターや笛の旋律が瑞々しくて凛と美しい自然素材曲。驚く程にファンキーなトラックで格好良くグルーヴして魅せる「Womyn」なんかもツボ、EW&F的なノリでクールでとってもカッコ良いのです。最後は可憐なJazz風のしとやか曲「Mami Loves You」で幕切れ、こういう静寂を逆手に取った音楽にはFloacistは滅法強くて、美しい高級な絨毯の上でステップ踏んで踊る様な静かなメロウを演出。

夜中に電気を消してどっぷり聴くのも良し、昼下がりに何も考えず窓を開放して寝転がって聴くのも良し。とにかくBGMとしては極上でして、R&B好きであれば必ずに耳を奪われる一枚で御座います。国内盤を買ったのに対訳が無いので内容が分からないのが残念ですが(悲)、音楽として単純に楽しんで満たされる事の出来るアルバムですよね。あまり小難しく考えずに、R&Bの延長線上の作品として是非とも購入を薦めたいです(太鼓判)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment