RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jeezy「Seen It All: The Autobiography [Deluxe]」
jeezy-seen-it-all-white.jpg

“俺はもう若くないから”という理由で名前からYoungを取り、Young Jeezy改めJeezyの通算五作目となる『Seen It All: The Autobiography』を御紹介。Def Jamの新たなスターとしてAtlantaから登場したJeezy、その頃はT.I.が一人勝ち状態だったのに歯止めをかける程の勢いだったJeezyですが、後に同じくDef Jamから登場したRick Rossに押され気味になってしまった感じがあります(個人的見解)。Rick Rossほどの多作ではないにしろ、Jeezyの熱狂的ファンは勿論多くて、やはり彼の硝煙臭いギャングスタなラップは唯一無二で格好良いので御座います(あの雪だるまを模したロゴは全く頂けないが)。
そんな訳でようやく本作の感想をここに書き記したいなと・・・・・・始めに断っておくと、僕が持っているのは豪華盤で御座いまして、通常盤とは収録曲数も順序も違いますので悪しからず。まずは氷柱のように冷たく尖ったジグザギーなトラックがJeezyらしくて格好良いChildish Major制作の「1/4 Block」でスタート、Jeezyの例の焦げ臭いのに氷点下なラップがスベスベとトラック上を滑ってあちこちに突き刺さるのが快感。同じくChildish Majorが制作を担当した「What You Say」は、キリキリと上擦る金切り音とホラーチックに辺りをウロウロする電子音の明滅が怪しくてクール、構わずに火を吹いて聴き手の鼓膜を焼け野原にする放射能的なJeezyのラップもイル。Cardo & Johnny Julianoが共同制作した「Black Eskimo」の鋼鉄チックなトラック構築も重厚感抜群で、Jeezyの放射能フロウと相俟ってゴツンゴツンとカラダに衝撃波を与えて痙攣させる一曲。Kenoeが制作した「Enough」はどこか2000年代のサウス節を彷彿とさせる、単調に左右に揺れて尖ったシンセを突き立てる鋭利バウンスが効いた一曲。凍てつくように冷たく漂い降りる霜のようなトラックが幽玄と美しい「Holy Ghost」は、Don CannonとLyfe Leduffが共同制作。朧げにブルブルと細やかな振幅と共に空気を冷たく支配する零下トラックと、あまりにも鋭利でいて静かに破壊してゆく吹雪くようなJeezyのラップが凄い。Christopher "Drumma Boy" Gholsonが制作した「Me OK」は、氷の結晶みたく規則正しい鍵盤音の冷たい鳴りにJeezyの呪文のようにリフレインするフックが耳に残る中毒曲。「4 Zones」は売れっ子Mike Will Made-Itが制作を担当(Co制作をP-Nasty)、たっぷりと間を取った鋲打ちのようなビートがチタチタと鼓動を速める一曲。またもやChildish Majorが制作し、久々のAkonが客演に登場した「Been Getting Money」はメランコリックなギター弦を震わせて、その編み目の中でJeezyがフラットにノンブレスなラップで掘削しつつ、Akonのネットリと飴色なヴォーカルがコーティングする面白い一曲。「Fuck The World」はなんとNo IDとTrakmatikが共同制作で、これがAugust Alsinaが客演参加しているんですよ(裏技)。アンビエントなトロトロした微睡んだ艶っぽいメロディに、バグバイプみたいな音色を接骨した奇妙なトラック(でも違和感は無し)に、Jeezyの黒煙のように充満するラップとAugust Alsinaのセクシーな青息ヴォーカルが絡まるナイスミッド。帝王Jay Zを召還しての「Seen It All」はCardo制作、そして驚くのはネタ元が豊島たづみ「とまどいトワイライト」(作曲:宇崎竜童 作詞:阿木燿子)が使われているという飛び道具ですよ(発狂)。しかし、これが良い意味でネオンチックな艶っぽさを滲ませていてソウルフルで哀愁抜群、JeezyとJay Zの掛け合いも抜群ですんなりと耳に馴染みます。反響を軸にしたような超音波チューン「Win Is A Win」、制作はBlack Metaphor。同じくBlack Metaphor制作の「Beautiful」ではThe GameとRick Rossという焦げ臭過ぎる共演、Cortex「Chanson D' Un Jour D' Hiver」を下敷きにしたスピリチュアルで繊細な流麗トラックに、三者三様でどれも火薬混じりな発破ラップが破裂しまくる好相性な一曲でグッド。Will-A-Foolが制作した「Beez Like」はもう反則ってぐらいにJeezyが歌っている、良い意味でライトでゆるーい南部のグルーヴが活きた清涼感あるスムースR&B曲。果汁を10%ぐらいにリキュールを90%足したようなハイでスウィートなトラックで、劫火を吐きながらグルーヴするJeezyも良いし、客演のBoosie Badazzの鼻にかかったビープ音みたいなラップもめっちゃ良い。Mike Will Made-It制作(Co制作にP-Nasty)にFuture客演という鉄板の布陣で臨む「No Tears」は、ピアノとドラムスで柔和に進行する奔放メロウが翻る壮麗なミッドで恐ろしく心地良いんです(和)。最後を締めるのはBlack Metaphorが制作のドラマチックでシルキーな「How I Did It (Perfection)」、Submotion Orchestra「Perfection」をサンプリングした芳醇で滑らかなトラックの上で、上質なコニャックのように琥珀色の輝きを放つJeezyの燻し銀なラップに酔い痴れるばかりです(昇天寸前)。

やっぱりカッコ良いなーJeezyは、と唸らされる充実の一枚で御座います。これまでの作品に比べると、ちょっと起伏に乏しい(メリハリの弱い)気がするんですが、それでも充分に聴かせる力量で突破してくれています。Rick Rossも良いけれどJeezyも良い、この二人のビーフもスカッシュしたみたいですし、これからもこの二人から目を離せませんね(警戒)。煤だらけになりながら、鼓膜をJeezyに焦がされましょう。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment