RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

August Alsina「Testimony」
august-alsina-testimony.jpg

弱冠19歳でDef Jamと契約を勝ち取った新星、August Alsinaの記念すべきデビューアルバム『Testimony』を御紹介。こうやってDef Jamと契約し若くしてデビューした、とだけ聞けば順風満帆に思えます。しかしAugust Alsinaは友人を殺害されてからはストリートでドラッグの売人をやっていて、そんな中で同じくドラッグディーラーだった兄を殺され、そこで改心し音楽の道を目指したというハードな経歴の持ち主。という訳で最近また居なかったような、ゲットー出身が色濃く残っているシンガーといった立ち位置でしょうか。しかし、そんな経歴抜きに実力は折り紙付きで、MixTapeで話題になり今の状況へと運んでいます。
さて内容はどうなっているのでしょうか・・・・・・Knuckleheadが制作を担当した脆いピアノ鍵盤音がホロホロと崩れる「Testify」でスタート、ダーク暗澹とテロテロと艶めき滑降するトラックにヒリヒリと低刺激なAugust Alsinaのヴォーカルが浮遊します。The Featherstonesが制作を担当した「Make It Home」ではJeezyが客演参加、遠くを歪める蜃気楼のように熱気を帯びて微睡むスロウなトラックに、とろ火で聴き手をじんわり焦がすAugust Alsinaの歌声と、Jeezyの例の放射能のような熱波ラップがズルズルと鼓膜を溶かす感覚もナイス。またまたKnuckleheadが制作を担当した「Right Down」は光芒がザクザクと交錯するようなシンセの鳴りと、華やかに翻るAugust Alsinaのファルセットが心地良く聴き手を軽量化してしまう羽毛ミッド。L.T.D. 「Love Ballad」を45回転早回しサンプリングした「You Deserve」は、The BeatFreqzが制作を担当。それこそ昔のKanye WestやJust Blazeが好みそうな(といっても彼ら程にソウルフル且つマニアックではない)キュルキュルと音が上がって甘酸っぱいスムーズなトラックで、程よく渋味もあってスウィートなAugust Alsinaの歌声とぴったりマッチング。オーロラのように色彩を微妙にズラしながら眩く幻想的に閃く、エフェクト駆使したリフレインフックが万華鏡みたいに美しい「No Love」はChristopher "Drumma Boy" Gholsonが制作を担当。「Porno Star」はDJ SpinzとJohn "$K" McGeeが制作を担当、じっとりウェットな人肌みたいな熱気がムンムンとして蒸せ返るセクシースロウジャムで、昇天気味に反り立つAugust Alsinaのヴォーカルもナイス。Christopher "Drumma Boy" Gholsonが制作した「FML」ではPusha Tが客演参加、冷たく吹き荒ぶようなメロディとヒリヒリ痛む歌声が胸の隙間にヒューヒューと入るシリアスな一曲。トークボックスを用いたエレクトロ粘液な前半をJasper "Big Love" Cameron、とても切なくて線の細い後半をDJ SpinzとDunDealが制作した二曲繋ぎの「Grind & Play / Get Ya Money」は、繋げる必要があったのか謎。しかし後者はAugust Alsinaの甘酸っぱくてエモーショナル(影のある)な歌声がジンジン響く良曲で、こういうメロウで柔なトラックに抜群のFabolousが客演参加でより強化。Knuckleheadが制作を担当した「Ghetto」では冒頭からYo Gottiが煙たくてプスプス燃えるラップをかましていて、そんな熱気をAugusta Alsinaの果汁に近いヴォーカルが鎮火にかかるナイス化学反応。再びJasper "Big Love" Cameronが制作を担当した「Kissin' On My Tattoos」はもう2000年代の王道過ぎてたまらなく胸キュン、スプラッシュするような飛沫系のヴォーカルながらも、とてもフルーティで甘酸っぱい余韻を残すAugust Alsinaの歌声が憎いのなんの(没頭)。D. Claxなる人物が制作した鍵盤と時計の秒針をシンクロさせた繊細なミッド「Ah Yeah」も抜群に美味で、仰け反ったり猫背に丸まったりする抑揚の深いヴォーカルに引き込まれます。R&Bでは欠かせない母親讃歌「Mama」はThe ExclusivesとAugusta Alsinaが共同制作、静かにそっと寄り沿うような清廉としたバラードにウットリ。Eric Hudsonが制作した「Benediction」は彼らしいオーソドックスで朗らかなソウル回帰のトラックで良いんですが、どうもこの和やかな雰囲気には客演のRick Rossが余計に感じてなりません(失礼)。だるんだるんになったホーン音がひんやりした宙でブランブランするKnucklehead制作の「I Love This Shit」では、勢いのある若手Trinidad Jamesが参加。ノリノリのDijion "DJ Mustard" McFarlaneが制作した「Numb」ではB.o.BとYo Gottiの分厚い三つ巴が炸裂、もはやDJ Mustardのビートも単調過ぎて飽きてしまいましたが、この個性が集結するとかえってそのシンプルさが白キャンパスになっていてグッド。

驚く程に正統派なR&Bで聴き易さ抜群、それこそ三十路の僕なんかはゆっくり落ち着いて聴けちゃう一枚でした(拍手)。派手さはないけれどじっくりしっかりと聴かせるトラックばかりで、EDMやアンビエントなんか全て無視した作りで素敵です。なんてゆうか、昔にJ. Holidayが登場した時に感じたのを僕は思い出したんですよねー、糖度の高いサグR&Bといった感触で(意味不明)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment