RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Prince「Art Official Age」
37979.jpg

現代音楽屈指の天才と歌われる完璧主義者、Princeの通算三十三作目(!)となる『Art Official Age』を御紹介。まさか、Princeの新作がどこぞのデジタル配信だとか新聞のオマケだとかでなく、きちんとしたCDという形で、しかも古巣のWarner Bros.から配給されようとは(世紀末)。Princeのその才能を買って、デビュー作『For You』からずっと一蓮托生状態で面倒を見ていたWarner Bros.(Princeは『For You』制作時、全くの新人ながらも、誰の指図も受けず自身のコントロールの下で完成させる事をワーナーに約束させそう)。しかし時代の波と共に人気が翳り出した(らしい)Princeと、首脳陣もリフレッシュされていたWarner Bros.は折り合いが合わず、Princeは『Chaos And Disorder』のジャケットで痛烈にWarner Bros.批判を繰り広げてたっけ(焼かれた薔薇の花束や瞳に浮かぶ涙、その涙に描かれた逆さのワーナーロゴ)。そんな困難苦難を乗り越えての古巣復帰、そして二枚同時リリース、本当に何をしでかすかわからないのが殿下ことPrince様。
さてさていよいよ感想を書きますと(震)・・・・・・まず本作はPrinceとJoshua Weltonが共同で制作、作曲、アレンジを行っております。まずはPrinceがまさかの四つ打ちビートでEDMに迎合している「Art Official Age」で派手にスタート、のっぺりとしたツルツルなダンスチューンにPrinceが奏でる弦音が絡まる事で一応はPrince風味なのか。ただ電気仕掛けなEDMっぽく見せかけつつ、ラップやロックやオペラを混ぜ込んだ混沌チューンになっている辺りは、Princeらしいゴテゴテ絢爛趣味が爆発。Princeらしい官能的でサイケなトリップ感が空間を浸食するファンクチューン「Clouds」、音と音の間に異空間が生まれそれが途端に黒いグルーヴを弾けさせるクールなトラックで、一気にぶっ飛んで宇宙空間を突き抜けるPrinceのステルスチックな滑らかヴォーカルと、彼が寵愛するLianne La Havasが登場して艶やかでフォーキーな温もりある歌声をさえずる演出もたまらなく良い(骨抜)。「Breakdown」はPrince流儀なささやかで透明度の抜群に高いミネラルウォーターミッドでただただ美しい(溜息)、ストリングスをするすると解いてゆくメロディに時折つんざめく光線音、幾重にも織った天女の羽衣的なPrinceのクリーミーで柔らかなハイトーンヴォーカルが(後半では喘いで絶叫するあの激情ヴォーカルも炸裂し昇天)、乾いたハートにグングンと潤いをもたらす一曲。NPGを従えてゴツゴツな骨太ファンクを御見舞いする、あの第二の黄金時代のPrinceが茶目っ気たっぷりに暴れてくれる「The Gold Standard」はもうただノれ(命令形)。ザックザクにカットするギターに眩く点滅するホーン音とベース、ちょっぴりアップデートされたPrince奥義のミネアポリスサウンドを存分に堪能することが出来ます(発奮)。まさかのMila J「Blinded」をベタベタにサンプリングしてR&Bフリークを驚かせた「U Know」は、原曲のビートの持つ吸引力のあるピアノ鍵盤音の崩れるメロディをそのままにしつつ、Princeらしいどこか変態チックで粘液性のあるマッタリしたヴォーカル(フックでの息遣いスレスレなほつれるファルセットも素晴らしい)でなぞってくる辺りがたまらなくセクシー(愛撫)。そして先行シングルとしての機能を充分に果たした話題曲「Breakfast Can Wait」がやっと登場、この曲でまた完全にPrince熱を再燃させたというリスナーもかなり多い筈(かく言う僕もその一人だった)。珈琲をドリップするように芳醇な香りを漂わす渋いベース弦のグルーヴに、低音と高音をキレイにシンクロさせて耳元で囁きかけるような密着感のあるヴォーカル、思わずクスクスと笑い合う恋人同士にだけ分かる親密感や静かな高揚がこの曲にはある(溺愛)。いつも唐突にPrinceが繰り出すクラシックな、ソウルリメイク作法が炸裂した極楽浄土なドリーミースロウ「This Could Be Us」も、フワフワと浮かんで舞い上がるような幽体離脱的なファルセットにつられて思わず聴き手も意識が朦朧としてハイになりますね。またもやPrinceの寵愛する才色兼備なAndy Alloとの濃密なデュエットとなった「What It Feel Like」は、爪弾くギターがなんともセンチメンタルにさせる艶やかなグルーヴが溶け合うスロウジャム。やはりAndy Alloを信頼しきっている様でほぼ彼女が歌っていて、それでも物憂げに角砂糖のようにホロホロと崩れるスウィートなPrinceのファルセットが一番際立っているという。荒涼として凛としたPrinceらしい壮大なバラードロックが展開される「Way Back Home」も素晴らしく、硬質なビートがリフレインして跳ね返ってくる静寂と鼓動を繋いだトラックで、Princeの嗄れたようなブルージーなヴォーカルもじわじわと五臓六腑に滲みて効く孤高の一曲。何故こちらの盤に入ったのか分からない「Funkroll」は、冒頭のハードロック部分のみを残して、ケロケロと奇怪に鳴る泥臭いビートとピチョピチョ滴る音を合成した変態ファンク。終始エフェクトかかってヘリウムガス吸ったみたいな変声で吠えるPrince、うーんトラックこそ面白いけれど難しいなー。電話越しに歌っているようなフィルターがなんとも淫美さを掻き立てる、艶麗でネットリと優しくグラインドする極上スロウ「Time」も生々しくて美しい。まるでPrinceと会話するようなギター弦の悩ましい音色に聴き手も仰け反ってしまうし、肉感的なPrinceの執拗でいて開放的なヴォーカルもたまりません(屈服)。途中と最後に挿入される「Affirmation I & II」「Affirmation III」はInterlude的な曲なんですが、Princeらしい壮麗なメロディとリーディングが華を添えます。蛇足になりますが、あと本作を聴いていて感じたのが、曲と曲との空白ギャップが極端に狭いこと。やはりアルバム一枚としての連綿とした繋がりと結晶化を臨んだゆえの、Princeらしいこだわりなのではないでしょうか(いや、この点に関してはPrinceは毎作だと思うんですが敢えて)。と言いつつもアートワークでは、6曲目と7曲目の間に改行があるので、レコードみたいな作りだなと思ったりも(四方山話)。

Princeならばもっと革新的なことを仕掛けて来そうだったから、ちょっとその部分では物足らない気もしたかな。でもそれはPrinceがあまりに崇高だからであって、それこそ元来のPrinceのスマートでリッチなR&Bを聴く事が出来て(しかもきちんとプレスされてリリースされるなんて)、それだけで私は幸せです。それこそ同時リリースされたPrince & 3RDEYEGIRL『Plectrumelectrum』のおかげで、PrinceにしてはかなりR&Bに集中した純度の高い一枚となっております。あとはこのヘンテコ過ぎるアフロヘアをどうにかするのみ(笑)、それを差し引いても神懸ってカッコイイですがね(痺)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment