RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jhene Aiko「Souled Out [Target exclusive]」
Souledout.png

Chris Stokesが率いたTUG EntertainmentにB2KやIMxなどと共に在籍していた過去もある、Jhene Aikoの記念すべきデビューアルバム『Souled Out』を御紹介。そうは言われても僕はJhene Aikoの名前は全く覚えていませんでした、よくよく考えるとB2K主演の映画『You Got Served』のサントラに収録された「Happy」で、Jheneとクレジットされていたのが彼女だったのです。そんな彼女との正式な出逢いはそれこそ、彼女の発表した傑作ミックステープの呼び声高い『sailing soul(s)』ですね。それこそ今でこそ主流なアンビエントな作風を、R&B界でほぼ初めてというぐらいにガッツリ取り組んだ作品として名高いですね。この作品が発表されたのが2011年、Frank Ocean『Channel Orange』やMiguel『Kaleidoscope Dream』が2012年発表で、Drakeの『Take Care』が2011年、Kid Cudiの『Man On The Moon II』が2010年、この時系列で考えてもJhene Aikoのこのミックステープは時流を先取っていた訳で。それから紆余曲折しながら、EP『Sail Out』も経由しての本作、本当に下積みが長過ぎます(不憫)。
とまあ長い前置きはこれでやめておいて・・・・・・まずはDot da Geniousが制作した「Limbo Limbo Limbo」でそっと静かに幕開け、コスミックな遊泳スロウにJhene Aikoの澄んだコケティッシュな歌声が浮遊する一曲。爪弾くギターにパスーンと響く空虚なビートがなんとも陰影あって美しい「W.A.Y.S.」はFisticuffsが制作(Co制作にはThundercatとClams Casino)。真っ白な空間を漂うような漂白感のあるメロウトラックに、沸々と浮き上がる様な淡いJhene Aikoのヴォーカルが見事にマッチング。50 Cent「Many Men (Wish Death)」のフックを引用した「To Love & Die」はFisticuffsが制作を担当し、客演にはCocaine 80sが参加。暗夜の遥か彼方で虚ろに響く雷鳴のようなビートやシンセの呻きに、しとしとと悲しげに降る雨のようなJhene Aikoの湿ったヴォーカルと、彫刻のように美しく切り立ったCocaine 80sのヴォーカルもグッド。彼女の現親玉であるNo IDが制作を担当した「Spotless Mind」のウッディーでフォーキーで細やかな音のリフレインが素晴らしく、マイナスイオンが放出されているJhene Aikoの麗しい歌声が鼓膜をキレイに浄化してくれる純白ミッド。「It's Cool」もNo IDが制作をしたささやかなダンスビートを軸に仕上げた優麗なアップで、柔らかくてダーティなビートと戯れるJhene Aikoがなんとも美しい。Fisticuffsが制作を担当した「Lyin King」はエコーのかかったハンドクラップと共に沈鬱で激しいビートが起伏する、真夜中の海原のようにダークでビューティな壮麗ミッド。Dot da Geniusが再び制作した「Wading」は、ピアノ鍵盤のポロポロと零れる音が繊細なオルゴールを思わせる輪廻チューン。琥珀色の膨れて振動するビートと艶やかな弦音の曲線が美しく絡み合う「The Pressure」はFisticuffsが制作、艶っぽくてソウルフルなトラックにマイクロ波のように微振動で鼓膜を揺らすJhene Aikoの媚薬なヴォーカル。「Brave」はまたまたNo IDが制作したフォークロックをもっとトロトロに煮込んだような一曲で、まろやかに溶け込む金色のホーンも相俟ってロマンチックでミステリアス。Key Waneが制作した「Eternal Sunshine」はピアノ鍵盤の朗らかで温かな陽射しのようなメロディがとってもスウィートで、むしろこういう甘くて眩いシースルーなトラックでこそJhene Aikoの歌声は美しく輝くと思います(最高)。愛娘Namikoと亡き兄Miyagiを客演に迎えた儚げな綿雪スロウ「Promises」はNo ID制作、Namikoとの掛け合いが可愛くて微笑ましく、バフバフと空気を含んで響くビートがレトロチックで優美な印象を強くします。Jhene Aikoの詩人としての力量が爆発しているのが(彼女はDrakeと同じく両刀使いである)「Pretty Bird (Freestyle)」、No ID制作のJazzyな雰囲気も織り交ぜたド渋いループトラック(正に90年代)に、レーベルメイトであるCommonまでが参加しより厳かでシリアスな作風に昇華させています。とここまでが本編の内容で、ここからは豪華盤及びTarget盤のみのボーナス曲がありまして。まずはFisticuffsが制作した、曇天の雲の切れ目から一筋の陽光が射し込むような冷たさと温かさが奇妙に入り混じった「Remember」。水の中で静かに沈んでゆくような沈没スロウに意識がだんだん薄らぐ、No ID制作の「Blue Dream」。爪弾くアコースティックギターの音色がメランコリックで寒々しい「You Vs. Them」も、フォークロックなテイストの透明度の高い瑞々しいミッド「Beautiful Ruin」も、No IDが制作するという力の入れ様が凄いですね。

それこそミックステープをこまめにチェックしている早耳な方、はたまたJhene Aikoの『sailing soul(s)』から彼女を応援している方にはたまらないであろう力作。ただあまりに遅過ぎるタイミングだった気がします、この手のサウンドが一周してもうあちこちで完成されている中での完成で、Jhene Aikoにはあまりに不遇過ぎると思います(可哀想)。特に僕なんかはもうアンビエント的なR&Bに飽きちゃっているから、ちょっとダレてしまった感は否めないかも。でもねー、いかんせんJhene Aikoが可愛くてセクシーなので、それだけで点数上乗せにはなります(阿呆)。でもそんな事を書きつつもとても端麗な美しいアルバムであることには変わりないし、年末に年間Top10を書く時には評価もっと上がってそうな(期待)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment